ちむどんどん

「ちむどんどん」沖縄料理まとめ・レシピ紹介【ちむどんめし/郷土料理】

「ちむどんどん」沖縄料理まとめ・レシピ紹介【ちむどんめし/郷土料理】

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

小さい頃から、おいしいものを食べること、料理をするのが大好きなヒロイン暢子。沖縄が本土復帰となる1972年に高校を卒業後、上京してレストランで修行することになります。

沖縄料理に夢を懸けるヒロインの物語のため、ドラマ内ではさまざまな沖縄料理が登場します。

今回は「ちむどんどん」にドラマ内に登場した沖縄料理を【まとめ】ました。NHK公式ツイッターよりレシピの紹介があれば、一緒に掲載します。

※「ちむどんどん」の公式レシピ本は2022年5月末に発売予定です。

 

沖縄料理監修は吉岡秀治・吉岡知子夫妻(オカズデザイン)

「ちむどんどん」でフードコーディネートと料理監修をしているのは、オカズデザインの吉岡秀治さんと、吉岡知子さん夫妻です。

2000年に、吉岡秀治さん、吉岡知子さんが結成したのがオカズデザインです。

オカズデザインは料理レシピ制作のほか、器の開発、映画やドラマの料理監修などを手がけています。朝ドラでは「てっぱん」「半分、青い。」に続く、3作目の担当となります。

 

NHKドラマ・ガイド「ちむどんどん Part1」に、インタビュー記事があります。

ドラマで再現している沖縄料理の特徴は、非常にシンプルで、素材を生かす味つけになっていることです。日々の労働の中で、作る人、食べる人の負担にならない、奇をてらわない王道の料理ですね。

NHKドラマ・ガイド「ちむどんどん Part1」P72

 

昭和40年代の沖縄のやんばる地方の料理を再現するために、シンプルな味付けの料理を心がけているようです。

※「ちむどんどん」の公式レシピ本は2022年5月末に発売予定です。

 

ちむどんどんレシピブック【掲載レシピ】

<沖縄料理>

  • 沖縄そば
  • ゴーヤーチャンプルー
  • フーチャンプルー
  • ソーミンチャンプルー
  • イカスミジューシー
  • 芋ごはん
  • ラフテー
  • 足てびち入り沖縄おでん
  • ゆし豆腐
  • 沖縄天ぷら
  • ポーク卵
  • にんじんしりしりの白和え
  • あんだんすー
  • クーブイリチー
  • アーサ汁
  • やんばるそば
  • やんばるナポリタン
  • パンチェッタ沖縄そば

<イタリア料理>

  • タコとセロリとオリーブの冷製サラダ
  • 焦がしはちみつのカルパッチョ
  • 暢子のペペロンチーノ
  • 房子のまるごとニンニクのペペロンチーノ
  • ボロネーゼビアンコ
  • パンナコッタ
  • モンテビアンコ

 

「ゴーヤチャンプルー」第1話4月11日放送

 

「ちむどんどん」第1話(2022/04/11放送)、比嘉家の食卓に並んだのは定番の「ゴーヤチャンプルー」です。

ゴーヤー(ニガウリ)と野菜、豚肉、そして木綿豆腐(島豆腐)を炒めて、最後に溶き卵を混ぜ合わせる料理です。

チャンプルーとは、沖縄の言葉で「混ぜこぜにしたもの」です。沖縄料理といえば、最初に出てくる1品です。

第30話(2022/05/20)、上京した暢子が移り住む居酒屋「あまゆ」でも、「ゴーヤチャンプルー」を披露しています。

 

車麩「フーチャンプルー」第1話、暢子のおいしいものノート

 

「ちむどんどん」第1話(2022/04/11放送)、暢子が授業中に持っていたのが「おいしいものノート」です。

そのノートには「お母ちゃんのフーチャンプルーはフーに味がしみこんで、でーじあまい」と書かれています。

「フーチャンプルー」はあまり聞き慣れないですが、お麩のチャンプルー料理です。

沖縄では「お麩」の一種である「車麩(沖縄麩)」をチャンプルーにします。車麩を水で戻し野菜と炒め、卵とだし汁でとじる料理です。

 


第1話は「おいしいものノート」のみでしたが、第23話(2022/05/11)では、比嘉家の夕食に暢子の得意料理「フーチャンプルー」が並びます。

第23話、第5週のサブタイトルも「フーチャンプルーの涙」となっていて、印象的な料理となっています。

「ちむどんどん」タイトルの意味/由来は?サブタイトルは沖縄料理・名産が入る
「ちむどんどん」タイトルの意味/由来は?サブタイトルは沖縄料理・名産が入るNHK朝ドラ「ちむどんどん」のタイトルは、沖縄の方言で「胸がわくわくする」という意味、そして、ヒロインがわくわく・ドキドキを重ねながら、成長していくといったストーリーに由来しています。...

 

また、朝ドラ第104作「おかえりモネ」でも、宮城県のお麩を使った郷土料理「はっと汁」や「油麩丼」などがありました。

「おかえりモネ」はっと汁(はっとじる)とは?宮城県登米の郷土料理
「おかえりモネ」はっと汁・油麩丼(あぶらふどん)宮城県登米の郷土料理朝ドラ「おかえりモネ」には、たびたび宮城県登米の郷土料理「はっと汁(はっとじる)」が登場します。「はっと汁」は茨城県・福島県・岩手県・宮城県などに伝わる小麦粉を練ってつくる郷土料理です。登米では名産の「油麩(あぶらふ)」をはっと汁に入れるのが特徴です。...

 

「ゆし豆腐」第2話4月11日放送、島豆腐との違いは?

ヒロイン暢子(稲垣来泉)が、幼なじみ・砂川智(宮下柚百)の実家の砂川豆腐店で、「ゆし豆腐」を食べるシーンがあります。

砂川智を演じる子役「宮下柚百」さんについては、以下でまとめています。

「ちむどんどん」豆腐屋の幼馴染/砂川智を演じる前田公輝、子役は宮下柚百
「ちむどんどん」豆腐屋の幼馴染/砂川智を演じる前田公輝、子役は宮下柚百NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の近所に住む、砂川豆腐店の幼なじみは「砂川智(すながわさとる)」です。「砂川智」の少年時代を演じる子役は「宮下柚百(みやしたゆずと)」さん、成長すると「前田公輝(まえだごうき)」さんが演じています。...

ゆし豆腐とは、にがりを入れて固まりはじめた、型に入れる前のおぼろ豆腐のことです。ドラマ内の砂川豆腐店は「にがり」ではなく、昔の製法「海水」で作っている設定です。

沖縄の豆腐として良く耳にするのが「島豆腐」です。「島豆腐」との違いは「ゆし豆腐」を型に入れて固めたものが「島豆腐」です。

※「島豆腐」は、ドラマ内では第4話(2022/04/14)に登場します。

「島豆腐」は「沖縄豆腐」と呼ばれ、一般的な豆腐とは製造方法が異なります。大きく異なるのは投入に熱を入れるタイミングです。

熱を入れるタイミングが違うため、一般的な豆腐と違い、たんぱく質が多いのも特徴です。大豆本来の旨味が味わえ、チャンプルー料理にピッタリの硬い豆腐です。

 

手打ちの「沖縄そば」第3話4月13日放送、第29話5月19日

 

第3話(2022/04/13)、暢子と一緒に父・比嘉賢三(大森南朋)が、青柳和彦親子を迎えるために作ったのが「沖縄そば」です。(※幼少期の暢子が、東京へ旅立つ予定の前日にも登場)

本土復帰前の暢子が住む村では、まだ手に入りづらかったので、手打ちで「沖縄そば」を作っています。そば粉ではなく、小麦粉で作った麺です。賢三の話では、豚とカツオで出汁を取っています。

 

「沖縄そば」と「ソーキそば」の違いは、「沖縄そば」は豚肉の三枚肉、「ソーキそば」は豚の骨付きスペアリブがトッピングされたものです。

NHK公式サイトに、「沖縄そば」のレシピ紹介があります>>NHK公式サイト

 

 

暢子が上京して、レストラン「アッラ・フォンターナ」で働くための再試験で出したのが、父・賢三に教わった手打ちの「沖縄そば」です。

イタリアンレストランなので、豚肉の三枚肉はパンチェッタで代用しています。暢子が作った「沖縄そば」が認められ、無事にレストランで働けることになります。

 

ラフチー(三枚肉)豚足(足テビチ)ジーマミー豆腐・第4話4月14日放送、賢秀の豚アババ

兄・比嘉賢秀(浅川大治)が大事に育てていた豚「アババ」が、青柳和彦親子を迎える食卓に並びます。

登場した料理は豚の「ラフテー(三枚肉)」「豚足(足テビチ)」です。

沖縄では昔から養豚が盛んに行われています。本土復帰前(1960年代)の暢子が住む村では、豚料理は1年に1回食べられかどうかのご馳走でした。

 

食卓には豚料理以外にも「ジーマミー豆腐」が並んでいました。

落花生(ピーナッツ)を使った沖縄県の郷土料理です。ピーナッツの風味とヤワヤワの食感がたまらない料理です。

 

レストランの西洋コース料理、第5話4月15日放送

青柳史彦(戸次重幸)にレストランに招待された比嘉家が食べたコース料理は以下の通りです。※沖縄料理ではありませんが、紹介します。

  • あさりのクリームスープ
  • 自家製のバケット(暢子のおいしいものノートに記載)
  • 海の幸のサラダ
  • デミグラスソースのハンバーグステーキ
  • プリン(デザート)

 

レストランの外観ロケ地は、沖縄ではなく埼玉県与野にあるフレンチ&レストラン「ジャルダン ド ヨノ」と思われます。

ちむどんどんロケ地一覧・撮影場所まとめ【沖縄/鶴見/東京銀座】聖地巡礼
ちむどんどんロケ地一覧・撮影場所まとめ【沖縄/鶴見/東京銀座】聖地巡礼NHK朝ドラ「ちむどんどん」のロケ地/収録場所の一覧をまとめました。ロケ場所はヒロイン暢子の実家「沖縄山原村」移り住む「鶴見」働く「銀座」の3箇所です。聖地巡礼にオススメするのは、沖縄県北部の「やんばる地域」、都内なら横浜市鶴見区の観光です。...

 

「イカスミジューシー」第8話4月20日放送

山原小・中学校の運動会の後、和彦親子・砂川家と一緒に食事を囲みます。比嘉家の食卓に出たのは「イカスミジューシー(イカ墨ジューシー)」です。

「ジューシー」とは、沖縄の炊き込みご飯のこと。「イカスミジューシー」はイカ墨の炊き込みご飯です。

真っ黒な見た目から、東京から来た和彦(田中奏生)は、最初食べるのを躊躇います。

 

「フーチバージューシー」第8話4月20日放送

熱を出した歌子のために、母・優子と暢子が作っていたのが、「フーチバージューシー」です。

「ジューシー」とは、沖縄の炊き込みご飯のこと、フーチバーとは「ヨモギ」のことです。豚の出汁と、ヨモギの炊き込みご飯が「フーチバージューシー」です。

ヨモギは、熱冷ましに良いとされる薬草です。

NHK公式サイトに、「フーチバージューシー」のレシピ紹介があります>>NHK公式サイト

 

沖縄菓子「サーターアンダギー」第11話4月25日放送

第11話のオープニング、暢子が山原高校の同級生で陸上部キャプテン・新城正男(秋元龍太朗)と、徒競走するシーンがあります。

徒競走に買った暢子は、正男から勝利の品「サーターアンダギー」を受け取ります。

全国でも広く知られる沖縄郷土菓子が「サーターアンダギー」です。サーターは「砂糖」、アンダギーは「揚げ物」で、沖縄の揚げ菓子・ドーナッツです。

 

沖縄菓子「タンナファクルー」第12話4月26日放送、唾液がなくなる

第12話の終盤、暢子と親友・早苗(高田夏帆)が共同売店で食べていたお菓子は、「タンナファクルー」です。

「タンナファクルー」は黒糖で作られた、沖縄の郷土菓子です。

第12話放送直後の「あさイチ」には、沖縄出身の満島真之介さんがゲストで、「美味しいんですが、唾液を全部持っていかれる」と話していました。

 

「ソーミンチャンプルー」第16話5月2日放送

第16話のオープニング、比嘉家の朝の食卓に「ソーミンチャンプルー」が並びます。

ソーミンは「素麺(そうめん)」のことです。いろんな具材で素麺を、チャンプルー(混ぜこぜに炒める)した、沖縄の家庭料理です。

 

「やんばるそば」第18話5月4日放送

暢子の山原高校で開催されるのが、北部産業まつりの「ヤング大会」の料理大会です。

暢子は幼なじみの料理部部長・前田早苗(高田夏帆)にお願いされ、料理大会に出場する料理部の助っ人を頼まれます。

 

暢子のアイデアにより、料理大会では「やんばるそば(沖縄そば)」で勝負します。第18話、暢子は5つの具材を練り込んだ麺を用意しまます。

  • フーチバー(ニシヨモギ)
  • イカ墨
  • うっちん(ウコン)
  • もずく
  • シークワーサー

 

暢子にとって「沖縄そば」は、父親・賢三(大森南朋)と、小さい時に一緒に作った思いでの料理です。

 

「北部産業まつり」ヤング大会の各高校の料理、第19話5月5日放送

「北部産業まつり」ヤング大会で開催された、料理大会に参加した高校の料理は以下の通りです。

  • 南山原高校「さんぴん茶の蒸しケーキ」
  • 山原高校「やんばるそば」
  • 辺古名農林高校「じゅーしぃおむすぎ」
  • 名護中央高校「紅イモポーポー」
  • 今帰仁商工高校「海の幸のひらやーちー」

 

暢子の山原高校は「やんばるそば」、ライバル高校の南山原高校は「さんぴん茶の蒸しケーキ」です。

ちむどんどん「北部産業まつり」ヤング大会とは?沖縄で実際に開催される祭NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子の地元で開催されるお祭りが「北部産業まつり」です。幼なじみの料理部部長・前田早苗にお願いされ、「ヤング大会」として開催される料理大会に参加します。ちむどんどん「北部産業まつり」について、そして沖縄で実際に開催されている「沖縄の産業まつり」について紹介します。 ...

 

「やんばるナポリタン」第20話5月6日放送

暢子のアイデアにより、料理大会では「やんばるそば(沖縄そば)」で勝負します。

お客さんからも人気でしたが、メガネの料理部員・宮城珠子(井上向日葵)が、「やんばるそば」のスープが入った寸胴を倒してしまいます。

暢子の機転でスープがなくてもできる、麺と具材をケチャップでチャンプルーした「やんばるナポリタン」を作ります。

暢子達の「やんばるナポリタン」が見事、料理大会で一等賞を取ることになります。

この料理大会をキッカケに、暢子は料理人の夢に”ちむどんどん”して、上京することになります。

 

「フレンチトースト」第21話5月9日放送

料理人を目指して上京することを決めた、ヒロイン暢子。第21話のオープニング、比嘉家の朝食には「フレンチトースト」が並びました。

 

「ボロボロジューシー」第23話5月11日放送

投資詐欺にあった賢秀は比嘉家から失踪、上京できなくなり悩む暢子。お金がないからなのか、比嘉家の夕食に並んだのは「ボロボロジューシー」です。

「ボロボロ」は沖縄の方言で「やわらかい」を表します。ジューシーは前述しましたが、「炊き込みご飯」の意味です。

 

「ボロボロジューシー」とは、いろんな食材を入れた沖縄風の「雑炊」のことです。フーチバー(ヨモギ)を入れることが多いようです。

 

暢子上京後の「アッラ・フォンターナ」のランチ第26話5月16日放送

暢子が料理人を目指して、上京します。親友・早苗と東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」でランチを食べることに。ドラマ内で登場したメニューは以下の通りです。

  • タコとセロリとオリーブの冷製サラダ
  • タリアテッレのボロネーゼ

 

暢子は後に、「アッラ・フォンターナ」で働くことになります。ちむどんどん【東京編】に登場する役者は、以下にまとめています。

ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧
ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子は、料理人を目指し上京します。【東京編】に登場するキャスト、出演役者をまとめました。東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」、暢子が住む街・鶴見、沖縄から暢子と同様に上京するキャストを紹介します。...

 

「ざるそば」第27話5月17日放送

暢子は上京後、兄・賢秀が失踪していて途方にくれます。その時に、沖縄県人会の会長・平良三郎に助けられ、ご飯を振る舞われます。

お腹が空いていた暢子が食べたのが「ざるそば」です。「沖縄そば」ではない、本土の「ざるそば」を食べた暢子は「まーさん(美味しい)」と感動します。

沖縄県人会の会長・平良三郎を演じるのは「片岡鶴太郎」さんです。

「ちむどんどん」片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」を演じる
「ちむどんどん」片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」を演じるNHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に住む横浜市鶴見区の沖縄県人会会長・平良三郎(たいらさぶろう) を演じるのは「片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)」さんです。平良三郎の役どころ、片岡鶴太郎さんのプロフィールを紹介します。...

 

「アッラ・フォンターナ」で働くテストで作った料理・第28話5月18日放送

東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」で働くためのテストが出題された暢子。

  • 1品目「オリーブオイルのサラダ」
  • 2品目「ナポリタン」

 

「オリーブオイルのサラダ」は合格でしたが、「ナポリタン」はイタリア料理ではなく、味付けや料理工程も不合格になりました。

その後、料理長・二ツ橋光二(髙嶋政伸)の提案により、再試験を受けることなります。

 

【まとめ】レシピ本は2022年5月発売、掲載レシピは?

「ちむどんどん」は沖縄料理に夢を懸けるヒロイン比嘉暢子の物語のため、ドラマ内ではさまざまな沖縄料理が登場します。

「ちむどんどん」の料理監修をしているオカズデザインの「ちむどんどんレシピ本」は2022年5月末に発売予定です。

※情報が入り次第、更新します!

 

ちむどんどんレシピブック【掲載レシピ】

<沖縄料理>

  • 沖縄そば
  • ゴーヤーチャンプルー
  • フーチャンプルー
  • ソーミンチャンプルー
  • イカスミジューシー
  • 芋ごはん
  • ラフテー
  • 足てびち入り沖縄おでん
  • ゆし豆腐
  • 沖縄天ぷら
  • ポーク卵
  • にんじんしりしりの白和え
  • あんだんすー
  • クーブイリチー
  • アーサ汁
  • やんばるそば
  • やんばるナポリタン
  • パンチェッタ沖縄そば

<イタリア料理>

  • タコとセロリとオリーブの冷製サラダ
  • 焦がしはちみつのカルパッチョ
  • 暢子のペペロンチーノ
  • 房子のまるごとニンニクのペペロンチーノ
  • ボロネーゼビアンコ
  • パンナコッタ
  • モンテビアンコ
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。