ちむどんどん

「ちむどんどん」ジローラモは何役?イタリア人シェフを演じる

「ちむどんどん」ジローラモは何役?イタリア人シェフを演じる

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

ヒロイン比嘉暢子は高校卒業後に、料理人を目指し上京します。上京後に再会するのが幼少期に沖縄へ転校してきた少年・青柳和彦です。

成長した「青柳和彦(宮沢氷魚)」は新聞記者となり、イタリア人シェフにインタビューします。

イタリア人シェフを演じるのが「パンツェッタ・ジローラモ」さんです。

 

イタリア人シェフ「アレッサンドロ・タルデッリ」の役どころ

パンツェッタ・ジローラモさんが演じるのは、新聞記者・青柳和彦がインタビューするイタリア人シェフ「アレッサンドロ・タルデッリ」です。

ジローラモさんが登場する第8週(2022/05/30~)のサブタイトルは、「再会のマルゲリータ」となっており、暢子と青柳和彦の再会、そしてマルゲリータが登場します。

 

また、インタビューする新聞記者・青柳和彦を演じるのは宮沢氷魚さんです。

「ちむどんどん」新聞記者/青柳和彦を演じる宮沢氷魚、子役は田中奏生
「ちむどんどん」新聞記者/青柳和彦を演じる宮沢氷魚、子役は田中奏生NHK朝ドラ「ちむどんどん」幼少期に暢子の村に滞在する、東京から転校してきた少年が青柳和彦(あおやぎかずひこ)です。少年時代は子役「田中奏生(たなかかなう)」さん、成長すると「宮沢氷魚(みやざわひお)」さんが演じます。青柳和彦の役どころ、演じる役者のプロフィールを紹介します。...

 

ジローラモ初回登場は第38話(2022年6月1日)

基本的にはジローラモさんは1回、もしくは数回程度登場する、ゲスト出演キャラかと思います。

ジローラモさんが初登場するのは、第38話(2022年6月1日)です。

暢子は、新聞記者・和彦がインタビューするイタリア人シェフ「アレッサンドロ・タルデッリ」の仕事を手伝います。

 

パンツェッタ・ジローラモ【プロフィール】朝ドラ初出演!

 

イタリア人シェフを演じるのは、「パンツェッタ・ジローラモ」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1962年9月6日
出身イタリア ナポリ

建築一家の三男としてイタリア・ナポリに生まれる。1988年から日本在住。以降、多数雑誌のモデル、テレビ番組などに出演。

パンツェッタ・ジローラモさんは、ちょい悪といったイメージで、雑誌のモデルなどで活躍するタレントです。

 

「ちむどんどん」出演に関して、以下のコメントを出しています。

朝ドラ初出演すごくうれしいです。ありがとうございます。私は俳優のプロじゃないので、プロフェッショナルなドラマのスタッフさん方に細かく教えてもらいながら演技をする機会があったことが、本当にうれしかったし、とても楽しかったです。だから、またチャンスがあれば呼んでください(笑)。よろしくお願いします

 

ジローラモさんは、「ちむどんどん」が朝ドラ初出演になります。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」新聞記者・青柳和彦(宮沢氷魚)がインタビューするイタリア人シェフ「アレッサンドロ・タルデッリ」を演じるのは「パンツェッタ・ジローラモ」さんです。

他にも、暢子が上京後の【東京編】で出会うキャスト、演じる役者さんの一覧は以下でまとめています。

ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧
ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子は、料理人を目指し上京します。【東京編】に登場するキャスト、出演役者をまとめました。東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」、暢子が住む街・鶴見、沖縄から暢子と同様に上京するキャストを紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。