ちむどんどん

ちむどんどん原田美枝子は何役?オーナー/大城房子、若き日は「桜井ユキ」が演じる

ちむどんどん原田美枝子は何役?オーナー/大城房子、若き日は「桜井ユキ」が演じる

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

ヒロイン暢子が料理人を目指し、上京後に働くレストランが、東京・銀座のイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」です

「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子を演じるのは「原田美枝子(はらだみえこ)」さんです。

回想シーンで度々登場する、若き日の房子を演じるのは「桜井ユキ」さんです。

 

アッラ・フォンターナのオーナー「大城房子」の役どころ

原田美枝子さんが演じるのが、アッラ・フォンターナのオーナー「大城房子(おおしろふさこ)」です。役どころは以下の通りです。

暢子が勤める東京のイタリアン料理店「アッラ・フォンターナ」のオーナー。料理、食文化などについて圧倒的な知識を誇り、独裁的に店に君臨。暢子の前に立ちはだかる。たたき上げの料理人で、過去には謎が多い。

出典:NHKドラマガイド「ちむどんどん Part1」P50

大城房子は横浜で生まれた沖縄二世です。料理人を目指すヒロイン暢子に、多くの試練を与える役です。

戦後の闇市から身を起こし一膳飯屋から、和食や中華、洋食と、さまざまな料理を勉強した大城房子は本場イタリアで料理修行、女手一つで銀座に「アッラ・フォンターナ」をオープンさせています。料理の知識と腕は、かなりのものです。

 

沖縄二世ということもあり、暢子の家族とは、深い因縁があります。

また、上京した暢子の世話をする沖縄県人会会長・平良三郎(片岡鶴太郎)とは、過去に結婚の約束をしていた関係でもあります。

ちむどんどん片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」、若き日は田中偉登が演じる
ちむどんどん片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」、若き日は田中偉登が演じるNHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に住む横浜市鶴見区の沖縄県人会会長・平良三郎(たいらさぶろう) を演じるのは「片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)」さんです。平良三郎の役どころ、片岡鶴太郎さんのプロフィールを紹介します。...

 

(※追記※)
第42話(2022/06/07)、大城房子が賢三の叔母で、暢子を引き取ろうとしていた東京の親戚ということが判明しました。暢子にとっては大叔母にあたります。

「ちむどんどん」大城房子は暢子の大叔母?賢三(大森南朋)比嘉家との関係は?
「ちむどんどん」大城房子は暢子の大叔母?賢三(大森南朋)比嘉家との関係は?NHK朝ドラ「ちむどんどん」アッラ・フォンターナのオーナー大城房子と暢子の比嘉家とは何かしら因縁があります。房子は賢三が亡くなった時、「東京に比嘉家の子供を一人、引き取っても良い」と手紙をくれた暢子の大叔母なのでは?と考えています。...

 

「アッラ・フォンターナ」は実在するのか?店名の意味などは以下でまとめています。

「ちむどんどん」アッラ・フォンターナの意味/店名の由来は?実在モデルはどこ?
「ちむどんどん」アッラ・フォンターナの意味/店名の由来は?実在モデルはどこ?NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に働く料理店「アッラ・フォンターナ」の店名の意味は、日本語で「噴水へ」「泉にて」です。「ちむどんどん」はオリジナルストーリーのため、イタリア料理店「アッラ・フォンターナ」の実在モデルもないと思われます。...

 

若き日の大城房子を演じる「桜井ユキ」、賢三の包丁の秘密

 

回想シーンでたびたび登場する、若き日の大城房子を演じるのは「桜井ユキ」さんです。

大城房子は戦後、復員した賢三(桜田通)と鶴見で一緒に働きます。その時に、名前入りの包丁をプレゼントしたが、大城房子でした。

その後、賢三は沖縄に戻り優子と再会、そのまま結婚して沖縄山原村で、暮らすことなります。

 

原田美枝子(はらだみえこ)プロフィール

 

暢子が働くイタリア料理店のオーナー・大城房子を演じるのは、「原田美枝子(はらだみえこ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1958年12月26日
出身東京都
特技英会話、乗馬

1974年、映画「恋は緑の風の中」でヒロインとしてデビュー。1976年、「大地の子守唄」では、キネマ旬報主演女優賞、第ブルーリボン賞新人賞などの賞に輝く。1980年「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」では、製作・原案・脚本・主演を務めた。その後も、演技派女優として多くの作品に出演。

 

NHK朝ドラは「水色の時(1975年)」に続く、「ちむどんどん」が47年ぶり2回目の出演になります。

夫は俳優の石橋凌さん。次女は女優の石橋静河さんです。石橋静河さんは、同時期の2022年、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の源義経の妾・静御前を演じています。

「鎌倉殿の13人」源義経の妾/静御前は「石橋静河」が演じる、寵愛された白拍子
「鎌倉殿の13人」源義経の妾/静御前は「石橋静河」が演じる、寵愛された白拍子NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源義経(菅田将暉)の妾・静御前(しずかごぜん)を演じるのは「石橋静河(いしばししずか)」さんです。義経に寵愛された白拍子・静御前の役どころ、石橋静河さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に働くイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子を演じるのは「原田美枝子」さんです。

若き日の房子は「桜井ユキ」さんが演じます。大城房子はヒロイン暢子に厳しく接し、多くの試練を与える役です。

また「アッラ・フォンターナ」で働く料理人、従業員、ホールスタッフは以下でまとめています。

「ちむどんどん」アッラ・フォンターナ従業員/レストラン店員のキャスト一覧
「ちむどんどん」アッラ・フォンターナ従業員/レストラン店員のキャスト一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に働く料理店「アッラ・フォンターナ」には料理人、従業員、ホールスタッフが登場します。メインキャスト以外の「アッラ・フォンターナ」の出演役者を【まとめ】ました。...

 

他にも、暢子が上京後の【東京編】で出会うキャスト、演じる役者さんの一覧は以下でまとめています。

ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧
ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子は、料理人を目指し上京します。【東京編】に登場するキャスト、出演役者をまとめました。東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」、暢子が住む街・鶴見、沖縄から暢子と同様に上京するキャストを紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。