ちむどんどん

ちむどんどん片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」、若き日は田中偉登が演じる

ちむどんどん片岡鶴太郎は何役?沖縄県人会会長「平良三郎」、若き日は田中偉登が演じる

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

ヒロイン暢子が料理人を目指し、上京後に住む街が神奈川県横浜市の「鶴見」です。

鶴見の沖縄県人会会長・平良三郎を演じるのは「片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)」さんです。

また、若き日の平良三郎を演じるのは「田中偉登(たなかたけと)」さんです。

 

沖縄県人会会長「平良三郎(たいらさぶろう)」の役どころ

お笑い芸人、そして現在は俳優として活動する片岡鶴太郎さんが演じる「平良三郎(たいらさぶろう)」の、役どころは以下の通りです。

神奈川県横浜市鶴見の、沖縄県人会会長。沖縄から鶴見に出てきた親のもとで生まれた沖縄二世。いくつかの会社を持つ、地域の顔。上京して途方にくれていた暢子を救い、働き口のレストランも紹介する。

出典:NHKドラマガイド「ちむどんどん Part1」P45

 

平良三郎は、鶴見で暮らす沖縄出身者のコミュニティ・沖縄県人会の会長です。料理人を目指して上京してきた暢子を助ける、情に厚い人物です。

鶴見生まれの鶴見育ちの沖縄二世なので、沖縄弁はしゃべれません。コンプレックスからなのか、三線を弾いたり沖縄のものを多く見に付けています。

穏やかで優しい妻・平良多江(長野里美)と一緒に、ヒロイン暢子を支えていく人物です。

「ちむどんどん」三郎の妻/平良多江は「長野里美」、若き日は「和内璃乃」が演じる
「ちむどんどん」三郎の妻/平良多江は「長野里美」、若き日は「和内璃乃」が演じるNHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子が鶴見で出会う平良三郎(片岡鶴太郎)の妻が「平良多江(たいらたえ)」です。演じるのは「長野里美(ながのさとみ)」さんです。平良多江の役どころや、長野里美さんのプロフィールを紹介します。...

 

また、実際に横浜市鶴見区は「リトル沖縄」と呼ばれるほど、現在も沖縄県出身の「ウチナンチュー(沖縄の人)」や沖縄二世が、多く住む街です。

鶴見にウチナンチューが多く住む理由は、以下をチェックしてください。

「ちむどんどん」暢子の下宿先が横浜市鶴見区なのは?関東のリトル沖縄
「ちむどんどん」暢子の下宿先が横浜市鶴見区なのは?関東のリトル沖縄NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・比嘉暢子は高校を卒業後、上京してレストランで修行します。移り住むのは現在も沖縄県出身の「ウチナンチュー(沖縄の人)」が、多く住む街・神奈川県横浜市鶴見区です。「リトル沖縄」と呼ばれる鶴見区、そして沖縄出身者が集まった背景を紹介します。...

 

片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)プロフィール

 

沖縄県人会会長「平良三郎」を演じるのは、「片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1954年12月21日
出身東京都
特技無特技
趣味無趣味

高校卒業後、片岡鶴八に弟子入りし、東方名人会、浅草演芸場に出演。1981年、バラエティー番組「オレたちひょうきん族」にレギュラー出演し、ものまねタレントとして人気を得る。1988年にボクシングラインセンスを取得、その後は俳優として活動。

 

お笑いタレントのイメージもありますが、1988年、映画「異人たちとの夏(監督・大林宣彦)」の主人公の父親役に起用され、多くの映画賞を受賞。その後、俳優としての活動を本格化させています。

NHK朝ドラは、「チョッちゃん」「春よ、来い」「梅ちゃん先生」「とと姉ちゃん」に続き、「ちむどんどん」が5回目の出演です。

俳優だけでなく、ヨガ、そして芸術家としても活躍しています。

 

田中偉登(たなかたけと)プロフィール

 

第73話(2022/07/20)の回想シーンでは、若き日の賢三(桜田通)が登場。鶴見に上京していた賢三に、三味線を教わる若き日の平良三郎の姿も。

田中偉登さんが演じる、若き日の三郎は大城房子(大城ユキ)と結婚を約束しますが・・・若き日の三郎と房子の回想シーンでも、再び登場します。

 

若き日の平良三郎を演じるのは「田中偉登(たなかたけと)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日2000年1月24日
出身地大阪府
特技ボルダリング、キックボクシング
趣味絵を描く(スプレーアート)、写真、料理

 

「田中偉登」さんは朝ドラ「エール」で、主人公・古山裕一(窪田正孝)の実家、呉服屋・喜多一の店員、及川志津雄を演じていました。

「エール」裕一の実家の呉服店”喜多一”の店員を演じる俳優・役者【まとめ】
「エール」呉服店”喜多一”の店員を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「エール」。裕一の実家の呉服店「喜多一(きたいち)」の店員を演じる役者・俳優をまとめました。「エール」は音楽家・古山裕一のストーリー、福島の呉服店「喜多一」の跡取り息子として生まれます。「喜多一」には3人の店員さんがいます。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に住む、横浜市鶴見区の沖縄県人会会長・平良三郎を演じるのは「片岡鶴太郎」さんです。

回想シーンで登場する、若き日の平良三郎は「田中偉登」さんが演じています。平良三郎は、上京して来たばかりの暢子を助ける、情に厚い人物です。

また、暢子が上京後の【東京編】で出会うキャスト、演じる役者さんの一覧は以下でまとめています。

ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧
ちむどんどん【東京編】暢子が上京後に出会うキャスト・出演役者一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子は、料理人を目指し上京します。【東京編】に登場するキャスト、出演役者をまとめました。東京銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」、暢子が住む街・鶴見、沖縄から暢子と同様に上京するキャストを紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。