ちむどんどん

ちむどんどん青柳家の家政婦・お手伝いさん/岩内波子は「円城寺あや」が演じる

ちむどんどん青柳家の家政婦・お手伝いさん/岩内波子は「円城寺あや」が演じる

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

沖縄の懐かしい場所で再会した、ヒロイン比嘉暢子(黒島結菜)と青柳和彦(宮沢氷魚)が、ついに結婚を決意します。

そして第16週(2022/07/25~)、和彦の母親が登場します。和彦の母親・青柳重子を演じるのは「鈴木保奈美」さんです。

「ちむどんどん」鈴木保奈美は何役?青柳和彦の母親/重子を演じる、嫁姑問題に?
「ちむどんどん」鈴木保奈美は何役?青柳和彦の母親/重子を演じる、嫁姑問題に?NHK朝ドラ「ちむどんどん」第16週に登場、青柳和彦(宮沢氷魚)の母親・青柳重子(あおやぎしげこ)は「鈴木保奈美」さんが演じます。青柳重子の役どころ、鈴木保奈美さんのプロフィールを紹介します。...

 

重子が住む豪邸の家政婦・岩内波子(いわないなみこ)を演じるのは「円城寺あや(えんじょうじあや)」さんです。

 

青柳重子のお手伝いさん岩内波子(いわないなみこ)役どころ

ヒロイン暢子にとって、結婚相手の和彦の母・青柳重子(鈴木保奈美)はラスボス的な存在です。

重子の家に、暢子と和彦が初めて挨拶に行くと・・・重子はニッコリとほほ笑みながら「結婚は許しません」と答えます。

 

そんな重子が住む豪邸のお手伝いさんが、岩内波子です。初登場は第76話(2022/07/25)です。

まだまだ役どころは分かりませんが、高圧的な重子のお手伝いさんなので、何もかも完ぺきにこなすスーパー家政婦なのかもしれません。

暢子が和彦の母・重子のために作ってきた弁当(岩内波子の分もあり)を受け取り、「うんめぇ!」と食べるシーンもあります。

重子が食べないため、岩内波子が2食分の弁当を食べています。

 

最初のお弁当、第78話(2022/07/27)に登場したのが、「彩り野菜とぶりの照り焼き弁当」です。ドラマ内で登場する料理は、以下でまとめています。

「ちむどんどん」レシピ/沖縄料理/イタリアンまとめ【ちむどんめし】
「ちむどんどん」レシピ/沖縄料理/イタリアンまとめ【ちむどんめし】NHK朝ドラ「ちむどんどん」料理に夢を懸けるヒロイン比嘉暢子の物語のため、ドラマ内では沖縄料理からイタリアンまで、さまざまな料理が登場します。「ちむどんどん」のドラマ内に登場した料理、レシピを紹介します。...

 

円城寺あや(えんじょうじあや)プロフィール、劇団「夢の遊眠社」で活躍

青柳重子の家政婦・岩内波子を演じるのは、「円城寺あや(えんじょうじあや)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1960年8月22日
出身東京都
特技水泳、ウクレレ

1979年に劇団「夢の遊眠社」に入団、看板女優として活躍。1992年の劇団解散後は舞台、映画、ドラマで活躍。主な出演作は「GTO」小谷宏子役、NHKBSプレミアム「かすてぃら」岡崎満喜子役、NHK大河ドラマ「真田丸」わくさ役など。

 

朝ドラ「エール」では、ヒロイン音(二階堂ふみ)が志願した、音楽挺身隊の顧問・神林康子を演じていました。

「ちむどんどん」が、朝ドラ2作目の出演となります。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳重子(鈴木保奈美)が住む豪邸の家政婦・岩内波子を演じるのは「円城寺あや」さんです。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。