虎に翼 PR

「虎に翼」ロケ地・撮影場所一覧【明律大学/裁判所/司法省など】

「虎に翼」ロケ地・撮影場所一覧【明律大学/裁判所/司法省など】

2024年4月1日(月)放送スタートの、第110作となるNHK連続テレビ小説「虎に翼」

ヒロイン・猪爪寅子は、「伊藤沙莉(いとう・さいり)」さんが演じます。「虎に翼」のあらすじは、以下の通りです。

日本初の女性弁護士で、後に裁判官となったヒロイン・猪爪寅子(いのつめ・ともこ)の物語。

寅子は戦前に日本初の女性弁護士となり、日本中から注目され憧れの的に。ところが、戦争へと突き進んでいく日本では法学を使える場は急速に消えてしまう。

戦後、寅子は裁判官になることを決意。寅子は困難な時代に道なき道を切り開き、弱者を救っていくリーガルエンターテインメント。

 

「虎に翼」のドラマ内に登場するロケ地・撮影場所を紹介していきます。

撮影された外観はCGなどで処理されて、昭和初期など時代設定の雰囲気に合わせて加工される場合があります。

基本的に建物内部のシーンに関しては、渋谷・NHK放送センターのスタジオセットで撮影されることが多いです。(※ロケ場所の建物内で撮影されることもあり)

「虎に翼」に関しては、チーフ演出・梛川善郎さんの意向により、ロケが多いようです。

以下より、「虎に翼」のロケ場所を紹介していきます。

 

【第1話】寅子が川原で座るシーンのロケ地は東京狛江市「多摩川」河川敷か?

虎に翼【第1話】寅子が川原で座るシーンのロケ地は東京狛江市「多摩川」河川敷か?

「虎に翼」【第1話】オープニング、川原に座るヒロイン寅子(伊藤沙莉)が「日本国憲法」と書かれた新聞を読んでいるシーンから始まります。

このシーンのロケ地は、東京狛江市にある「多摩川」河川敷と推測されます。【第1話】オープニングのクレジットに、撮影協力として「狛江市」が表記されていました。

※あくまで推測なのでご了承ください。

 

司法省の外観ロケ地は愛知県「名古屋市公会堂」鶴舞公園内

【第1話】上記の川原のシーン後、寅子が司法省・人事課長を務める桂場等一郎(松山ケンイチ)を訪れるシーンになります。

司法省の外観ロケ地は、愛知県名古屋市の鶴舞公園内にある「名古屋市公会堂」です。鶴間公園内にある噴水も利用されています。(空襲で壊れた感じはCGかと)

住所:〒466-0064 愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番3号

「名古屋市公会堂」は、昭和天皇の成婚を記念して、昭和5年に開館。建物は地下1階・地上4階で構成され、緑豊かな鶴舞公園に位置。令和2年に国の有形文化財に登録。

 

【第1話】親友・花江の会話シーンは東京八王子「長池見附」、奥に「ニコライ堂」

【第1話】寅子と親友・米谷花江(森田望智)が会話している橋のシーンのロケ地は、東京都八王子にある「長池見附橋」です。橋のシーンは「虎に翼」で何度も登場します。

住所:〒192-0363 東京都八王子市別所2丁目58

 

また、橋の奥に見えるのは東京都千代田区神田駿河台にある「ニコライ堂」です。ロケ場所が違いますが、合成していると思います。

住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目1−3

 

猪爪家、明律大学、甘味処「竹もと」の外観と表通りは茨城県「ワープステーション江戸」

家族で東京に住む猪爪家ですが、実在モデルの「三淵嘉子(旧姓:武藤)」さんの武藤家は渋谷に住んでました。

猪爪家、明律大学、甘味処「竹もと」の外観と表通りのロケ地は、茨城県にある「ワープステーション江戸」のオープンセットで撮影されています。

ソースはNHKドラマ・ガイド「虎に翼 Part1」P64に、「茨城県のオープンセット」記載がありました。

 

東京放送局制作(AK)の前期・朝ドラではよく利用される野外型ロケ施設で、「ちむどんどん」「らんまん」なども「ワープステーション江戸」で撮影されています。

 

寅子が通う「明律大学」は、「ワープステーション江戸」のセットに、CGで合成された外観のようです。

住所:〒300-2306 茨城県つくばみらい市南太田1176

「ワープステーション江戸」はNHKエンタープライズが運営する、時代劇から明治・大正までの時代劇用のオープンセット施設。現在は一般公開されていない。

 

また、ドラマに出てくる甘味処「竹もと」の実在モデルは、神田にある老舗「竹むら」です。

「虎に翼」竹もとの団子・あんみつ、泉屋のクッキーがSNS上で話題
「虎に翼」竹もとの団子・あんみつ、泉屋のクッキーがSNS上で話題NHK朝ドラ「虎に翼」ドラマ内に出てきた、神田・竹もとの「団子」の実在モデル「竹むら」と、泉屋っぽい「クッキー」について紹介します。...

 

帝都銀行の外観は愛知県犬山市「博物館明治村」内閣文庫、奥は「横浜情報文化センター」

【第2話】猪爪直言(岡部たかし)と、佐田優三(仲野太賀)が務める「帝都銀行」の外観が映し出されます。

「帝都銀行」の外観ロケ地は、愛知県犬山市になる博物館明治村内にある「内閣文庫」です。

 

住所:〒484-0000 愛知県犬山市内山1番地

「博物館明治村」は、昭和40年に開村された野外博物館。明治時代の建造物等を移築して公開している歴史的なテーマパーク。

「内閣文庫」は明治6年、赤坂離宮内に「太政官文庫」という名で開設された明治政府の図書館。ルネッサンス様式を基調とした石と煉瓦で造られた建築物で「登録有形文化財」。平成2年に「博物館明治村」に移築。

 

また、「帝都銀行」の後ろにある建物は、「横浜情報文化センター(旧横浜商工奨励館)」の建物です。

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区日本大通11

ロケ場所が違いますが、合成されているようです。

 

【第2話】「明律大学」廊下のロケ地は愛知県「名古屋市役所」北側廊下

【第2話】「明律大学」夜間部に通う下宿人・佐田優三(仲野太賀)の弁当を忘れていた寅子は急いで作り、大学へ届けに行きます。

寅子が歩く「明律大学」の高い天井の廊下のロケ地は、愛知県にある「名古屋市役所」内部で撮影されています。【第2話】に出てくる廊下は「名古屋市役所」北側廊下です。

寅子が「明律大学」に入学した後も、たびたび登場します。

「名古屋市役所」は、昭和8年(1933年)に竣工した名古屋市の行政機関。政令指定都市の中で京都市役所に次ぐ歴史を持つ。和風の瓦屋根を載せた近代的なビルの外観が特徴。2014年12月には国の重要文化財に指定。

住所:〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

 

【第3話】寅子と花江が通う「女学校」は「博物館明治村」北里研究所本館・医学館

【第3話】寅子の兄・直道(上川周作)の一目惚れでなく、米谷花江(森田望智)の一目惚れということが明かされます。

寅子と花江が通う「女学校」で、水をかけられるシーンのロケ地は、前述の愛知県犬山市にある「博物館明治村」の「北里研究所本館・医学館」です。

「北里研究所本館・医学館」は、細菌学者北里柴三郎博士が伝染病研究のために大正4年に建設された施設。ドイツ・バロック風の瀟洒な建物で現在は「登録有形文化財」として認定。昭和55年に「博物館明治村」に移築。

 

【第6話】「明律大学女子部」外観や入学式のホールは「宇都宮大学峰ヶ丘講堂」

【第6話】寅子は法律家への道を志し、「明律大学女子部」に入学します。

「明律大学女子部」外観や、入学式を行ったホールは国立宇都宮大学にある「峰ヶ丘講堂(みねがおかこうどう)」です。

外観には「明律大学女子部」の看板がかけられ、女子部の外観が撮影されています。また講堂の内部では、入学式を行ったホールかと思います。

1924年、宇都宮高等農林学校の講堂として建造。装飾的な柱や窓、照明、漆喰壁など随所に大正時代の面影を残す美しい建物。2009年に改修され、現在は宇都宮大学の「登録有形文化財」。

住所:〒321-0943 栃木県宇都宮市峰町350

 

【第7話】「東京地方裁判所」外観や中央階段は「名古屋市市政資料館」

【第7話】寅子は男装の同級生・山田よね(土居志央梨)を尾行して、「東京地方裁判所」で初めて裁判を傍聴することに。

「東京地方裁判所」の外観や中央階段は、愛知県にある「名古屋市市政資料館」です。もともとは、裁判所として建築されています。

「東京地方裁判所」の外観と、ステンドグラスの中央階段室はドラマ内でたびたび登場します。裁判が行われる部屋(法廷内)は、NHKのスタジオセットです。

 

住所:〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁1丁目3

1922年「名古屋控訴院地方裁判所庁舎」として建築、1989年より「名古屋市市政資料館」として開館、名古屋市の行政に関する重要な公文書や歴史資料を保存・公開している。

煉瓦造及び鉄筋コンクリート3階建の洋風建築で、ステンドグラスの中央階段室などが公開。建物は重要文化財に指定。

外部サイト名古屋市市政資料館

 

【第9話】華族・桜川家の外観は東京都文京区「鳩山会館」

【第9話】寅子の同級生、華族のお嬢さま・桜川涼子(桜井ユキ)が住む、大きな屋敷が映ります。

桜川家の外観のロケ地は、東京都文京区にある「鳩山会館(はとやまかいかん)」です。鳩山会館(旧鳩山邸)は、内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の私邸として建築されました。

 

住所:〒112-0013 東京都文京区音羽1-7-1

鳩山会館(旧鳩山邸)は、内閣総理大臣を務めた鳩山一郎が1924年に建設した私邸。当時としては珍しい鉄筋コンクリート造で、アダムスタイルの応接室やイギリスの邸宅を思わせる外観が特徴。現在(2024/04/12時点)、入館料を払えば見学も可能です。

 

建物内部は渋谷・NHK放送センターのスタジオセットで撮影

「虎に翼」建物内部は渋谷・NHK放送センターのスタジオセットで撮影

基本的に外のシーン以外の建物内部は、渋谷・NHK放送センター内のスタジオセットでの撮影になります。

過去には渋谷・NHK放送センターで、「朝ドラ」の収録スタジオの見学も可能でした。

新型コロナウイルスの影響で見学不可となり、現在(2024/04/01時点)ではNHK放送センターの建替えのため見学はできません。

 

まとめ

NHK朝ドラ「虎に翼」のロケ地・撮影場所を紹介しました。

※物語が進み次第、順次更新中です!

基本的には建物外観や外のシーンでロケ地が使用されますが、建物内部は渋谷・NHK放送センター内の「スタジオセット」でドラマ撮影が行われます。

他にも「虎に翼」の登場人物・キャスト・スタッフ一覧は、以下でまとめています。

「虎に翼」キャスト・子役一覧、登場人物【相関図】、スタッフまとめ
「虎に翼」キャスト・子役一覧、登場人物【相関図】、スタッフまとめNHK朝ドラ「虎に翼」に出演するキャスト、登場人物、スタッフ一覧を紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「虎に翼」から過去作「ブギウギ」「らんまん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/04/03時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。