虎に翼 PR

「虎に翼」裁判官・桂場等一郎は「松山ケンイチ」が演じる、モデルは「石田和外」

「虎に翼」裁判官・桂場等一郎は「松山ケンイチ」が演じる、モデルは「石田和外」

2024年4月1日(月)放送スタートの、第110作となるNHK連続テレビ小説「虎に翼」

ヒロイン・猪爪寅子は、「伊藤沙莉(いとう・さいり)」さんが演じます。「虎に翼」のあらすじは、以下の通りです。

日本初の女性弁護士で、後に裁判官となったヒロイン・猪爪寅子(いのつめ・ともこ)の物語。

寅子は戦前に日本初の女性弁護士となり、日本中から注目され憧れの的に。ところが、戦争へと突き進んでいく日本では法学を使える場は急速に消えてしまう。

戦後、寅子は裁判官になることを決意。寅子は困難な時代に道なき道を切り開き、弱者を救っていくリーガルエンターテインメント。

 

寅子に対して厳しく接する裁判官・桂場等一郎は、「松山ケンイチ(まつやま・けんいち)」さんが演じています。

「松山ケンイチ」さんのインタビュー記事や、担当する裁判などから、桂場等一郎の実在モデルは「石田和外」と推測しています。

 

気鋭の裁判官・桂場等一郎(かつらば・とういちろう)

猪爪寅子(伊藤沙莉)が出会う、気鋭の裁判官が「桂場等一郎(かつらば・とういちろう)」です。役どころは以下の通りです。

司法の独立を重んじる気鋭の裁判官。堅物で腹の内を決して見せないため、周囲の人々も彼をつかみきれない。寅子に対して、女性が法律を学ぶことに疑問を呈し、厳しく接する。「法の世界」の手ごわい先輩。見かけによらず実は甘党。

 

寅子は明律大学で「桂場等一郎」の授業中に、「婚姻状態にある女性は無能力者」という言葉を聞き、法律に興味を持ちます。

寅子の恩師となる明律大学教授の「穂高重親(小林薫)」は、寅子に「明律大学女子部法科」へ進学することを勧めます。

戦前の日本において、「女性は結婚すると無能力者になる」という法律上の事実については、以下で解説しています。

虎に翼「婚姻状態にある女性は無能力者」とは?寅子が法律家を目指すキッカケ
虎に翼「婚姻状態にある女性は無能力者」とは?寅子が法律家を目指すキッカケNHK朝ドラ「虎に翼」ヒロイン寅子が法律の道を志すキッカケとなった、戦前の「女性は結婚すると無能力者になる」という法律上の事実を紹介します。...

 

「虎に翼」桂場等一郎の実在モデルは「石田和外」と推測される

「虎に翼」桂場等一郎の実在モデルは「石田和外」と推測される

「桂場等一郎」の実在モデルは、第5代最高裁判所長官などを歴任した「石田和外(いしだ・かずと)」さんと推測されます。

「虎に翼」で気鋭の裁判官・桂場等一郎を演じる「松山ケンイチ」さんのNHKドラマ・ガイド「虎に翼 Part1」P53のインタビュー記事によると、「モチーフとなった方は剣道家でもあった」と答えています。

「石田和外」さんは、「第2代全日本剣道連盟会長」を務めるほどの剣道家でした。

 

また、「虎に翼」では【第4週】から「共亜事件」が描かれます。「共亜事件」のモチーフは「帝人事件」です。

ドラマ内で「共亜事件」の裁判官は松山ケンイチさん演じる「桂場等一郎」が担当します。実際の「共亜事件」では「石田和外」さんが裁判官を担当しました。

「帝人事件」は、戦前の日本の司法史における重要な事件の一つで、政治的な圧力に屈しない司法の姿勢を示した事例です。

 

「石田和外」さんは剣道家でもあり、上記の事件の裁判官の一致から「桂場等一郎」の実在モデルは「石田和外」さんで間違いないかと思います。

実在モデルと推測される「石田和外(いしだ・かずと)」さんの略歴は、以下の通りです。

石田和外(1903-1979)は福井県出身の裁判官、「第5代最高裁判所長官」を務める。

福井中学から上京、東京帝国大学法学部卒後、司法省入省。1934年4月「帝人事件」の裁判官を担当、「司法界に石田あり」と称される。最高裁長官としては裁判官の独立性を重視し、多くの判例を残した。

剣道家としても有名で、全日本剣道連盟の第2代会長、一刀正伝無刀流第5代宗家を務めた。

 

また、ヒロイン・猪爪寅子のモデルは、女性法律家の先駆者「三淵嘉子」さんです。実在モデル「三淵嘉子」さんについては、以下でまとめています。

「虎に翼」原作/元ネタは?ヒロイン寅子のモデル「三淵嘉子」女性法曹の先駆け
「虎に翼」原作/元ネタは?ヒロイン寅子のモデル「三淵嘉子」女性法曹の先駆けNHK朝ドラ「虎に翼」ヒロイン・猪爪寅子のモデルは日本初の女性裁判官「三淵嘉子(みぶち・よしこ)」さんです。「虎に翼」に原作はなく、脚本家・吉田恵里香さんのオリジナルストーリーです。...

※「虎に翼」は実話をエピソードにしている場合もありますが、フィクションとして制作されたオリジナル作品です。

 

「松山ケンイチ」プロフィール、朝ドラ初出演

 

桂場等一郎を演じるのは「松山ケンイチ(まつやま・けんいち)」さんです。松山ケンイチさんの妻は、女優の「小雪」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1985年3月5日
出身 青森県

2001年、ホリプロ男性オーディションでグランプリを受賞。2002年ドラマ「ごくせん 第1シリーズ」で俳優デビュー。主な出演ドラマに「セクシーボイスアンドロボ」「ゼニゲバ」、映画「デスノート」「聖の青春」など。

2023年のNHK大河ドラマは「どうする家康」では、徳川家康(松本潤)の側近「本多正信」を好演していました。

「どうする家康」松山ケンイチは何役?「本多正信」を演じる、家臣団から煙たがれる
「どうする家康」松山ケンイチは何役?「本多正信」を演じる、家臣団から煙たがれるNHK大河ドラマ「どうする家康」徳川家康の家臣・本多正信(ほんだまさのぶ)を演じるのは、「松山ケンイチ」さんです。本多正信の史実、演じる松山ケンイチさんのプロフィールを紹介します。...

 

意外ですが、松山ケンイチにとって「虎に翼」が、朝ドラ初出演になります。

松山ケンイチさんのインタビュー記事によると、「15年前から朝ドラに出演する事を目標に俳優活動を続けてきた」と語っています。

また、妻で女優の「小雪」さんは、「虎に翼」の前作「ブギウギ」では女社長・村山トミを演じていて夫婦で2作連続出演になります。

「ブギウギ」小雪は「村山トミ」を演じる、モデルは「吉本興業」創業者・吉本せい
「ブギウギ」小雪は「村山トミ」を演じる、モデルは「吉本興業」創業者・吉本せいNHK朝ドラ「ブギウギ」村山愛助の母親で「村山興業」の社長・村山トミを演じるのは「小雪(こゆき)」さんです。村山トミの役どころ、実在モデル「吉本せい」、演じる「小雪」さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「虎に翼」ヒロイン寅子に厳しい気鋭の裁判官・桂場等一郎を演じるのは「松山ケンイチ」さんです。

桂場等一郎の実在モデルは、「第5代最高裁判所長官」を務めた「石田和外さんと推測されます。

他にも「虎に翼」の登場人物・キャスト・スタッフ一覧は、以下でまとめています。

「虎に翼」キャスト・子役一覧、登場人物【相関図】、スタッフまとめ
「虎に翼」キャスト・子役一覧、登場人物【相関図】、スタッフまとめNHK朝ドラ「虎に翼」に出演するキャスト、登場人物、スタッフ一覧を紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「虎に翼」から過去作「ブギウギ」「らんまん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/04/03時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。