鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」4代目鎌倉殿は誰?藤原頼経、頼仁親王(よりひとしんのう)とは?

「鎌倉殿の13人」4代目鎌倉殿は誰?藤原頼経、頼仁親王(よりひとしんのう)とは?

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

3代目鎌倉殿・源実朝は、頼家の子供である公暁(こうぎょう)により暗殺されます。実朝の死後、4代目鎌倉殿となるのは摂関家の藤原頼経(ふじわらのよりつね)です。

4代目鎌倉殿(征夷大将軍)の候補となった人物は、狙った人物について紹介していきます。

 

4代目鎌倉殿「藤原頼経(ふじはわらのよりつね)」史実の紹介

子供がいない源実朝は鎌倉殿を辞し大御所となり、4代目鎌倉殿を朝廷から迎え入れる計画を立てます。

大御所とは隠居した将軍のことで、裏で大きな権力を持っている人のことです。

 

実朝は後鳥羽上皇の子供である頼仁親王(よりひとしんのう)を鎌倉に迎え、後継者にする予定でした。

ところが、建保7年(1219年)1月27日、源実朝は頼家の子供・公暁に暗殺されます。

「鎌倉殿の13人」実朝暗殺の黒幕は誰?キッカケ・原因は何?
「鎌倉殿の13人」実朝暗殺の黒幕は誰?キッカケ・原因は何?NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」公暁が源実朝を暗殺しようと計画したキッカケ、黒幕は誰なのか?3人の人物に焦点を当て、どのようにドラマ内で描かれるか紹介します。...

 

突然の暗殺事件により、頼仁親王を鎌倉殿に計画はなくなります。(後鳥羽上皇が頼仁親王を、鎌倉に下向させるのを断ったため)

次に朝廷と交渉した結果、摂関家の幼児・三寅(のちの藤原頼経)が選ばれます。4代目鎌倉殿となったのは「藤原頼経(ふじはわらのよりつね)」です。

藤原頼経は、摂政関白を歴任した九条道家の三男で、源頼朝とは遠縁にあたります。九条頼経とも呼ばれます。

 

鎌倉に来た時は物心もついていない幼児であり、成長するまでは北条政子が政治を行い、執権の義時が政子を支えることになります。

※以下よりネタバレがありますので、ご注意ください。

 

4代目鎌倉殿(征夷大将軍)の候補は?狙った人物は誰?

4代目鎌倉殿の候補は?狙った人物は誰?前述の通り、4代目鎌倉殿(征夷大将軍)となったのは「藤原頼経」です。

ここからは4代目鎌倉殿の候補になった、鎌倉殿を狙った以下の人物を紹介していきます。

  • 頼仁親王
  • 公暁
  • 阿野時元

 

頼仁親王(よりひとしんのう)

源実朝(柿澤勇人)の時代は後鳥羽上皇(尾上松也)との信頼によって、朝幕関係は良好でした。

実朝が鎌倉殿を辞す時に、鎌倉殿に迎え入れる予定だったのが、後鳥羽上皇の子供・頼仁親王(よりひとしんのう)です。

ところが、実朝暗殺事件が起こり、頼仁親王が4代目鎌倉殿に迎えることは白紙になります。

 

公暁(こうぎょう)

源頼家(金子大地)と正室・つづじ(北香那)の子供が公暁(こうぎょう)です。公暁は実朝が鎌倉を辞すと聞き、「自分が鎌倉殿になろう」と思います。

ところが、第43話(2022/11/13)、三浦義村(山本耕史)が公暁に、「北条義時(小栗旬)が頼家を殺し、実朝を3代目鎌倉殿にした」・・・と告げるシーンがあります。

これにより怒りを爆発させた公暁は、実朝暗殺計画を企てます。

公暁を演じるのは、佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんです。

鎌倉殿の13人頼家の次男/公暁(善哉)を演じる「寛一郎」子役は「長尾翼」など
鎌倉殿の13人頼家の次男/公暁(善哉)を演じる「寛一郎」子役は長尾翼/高平凛人などNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼家(金子大地)の次男・公暁(善哉)を演じるのは「寛一郎(かんいちろう)」さんです。公暁(こうぎょう)の役どころ、佐藤浩市さんを父親に持つ寛一郎さんのプロフィールを紹介します。また、幼少期を演じる子役についても紹介します。...

 

阿野時元(あのときもと)

源頼朝(大泉洋)の甥であり、阿野全成(新納真也)と実衣(宮澤エマ)の息子が阿野時元(あのときもと)です。

阿野時元は源氏の血筋を引いているため、鎌倉殿の狙うことになります。

阿野時元は駿河国で反乱を起こしますが、北条義時(小栗旬)の軍勢により攻め滅ぼされます。

阿野時元を演じるのは、「森優作」さんです。

鎌倉殿の13人阿野全成/実衣の息子・阿野時元は「森優作」が演じる
鎌倉殿の13人阿野全成/実衣の息子・阿野時元は「森優作」が演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝の異母弟である阿野全成(新納慎也)と実衣(宮澤エマ)の四男・阿野時元を演じるのは「森優作(もりゆうさく)」さんです。阿野時元(あのときもと)の役どころ、演じる森優作さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」実朝の死後、4代目鎌倉殿となるのは摂関家の藤原頼経です。

成長するまでは北条政子が政治を行い、執権の義時が政子を支えることになります。

「鎌倉殿の13人」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧
「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を制作しているスタッフ、出演キャスト・子役、登場人物・御家人(武将)をまとめました。...

 

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。