鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」源頼朝の次男・実朝(千幡)は「柿澤勇人」が演じる、子役は不明

「鎌倉殿の13人」源頼朝の次男・実朝(千幡)は「柿澤勇人」が演じる、子役は不明

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)と、北条政子(小池栄子)の間に産まれる、次男・源実朝を演じるのは「柿澤勇人(かきざわはやと)」さんです。実朝の幼名は千幡(せんまん)です。

また、実朝の幼少期を演じる子役は、今のところ発表がありません。情報が入り次第、更新します。

 

鎌倉幕府3代将軍・源実朝の役どころ

柿澤勇人さんが演じる源頼家(みなもとよりいえ)は、源頼朝(大泉洋)と北条政子(小池栄子)の次男です。幼名は千幡(せんまん)です。

実朝の役どころは以下の通りです。

幼名は千幡。「比企の乱」により鎌倉を追われた兄・源頼家に代わって3代目鎌倉殿となり、鎌倉幕府3代将軍に就任。若年の実朝を支えるべく北条時政が初代執権となる。時政はのちに、実朝を廃して娘婿の平賀朝雅を将軍に擁立しようと画策。実朝は母・政子や叔父・義時によってその座を守られる。

出典:NHK大河ドラマ・ガイド「鎌倉殿の13人」後編 P87

 

実朝(千幡)の乳母は、義時と政子の妹・阿波局です。※「鎌倉殿の13人」では、阿波局という名前ではなく、実衣(宮澤エマ)と呼ばれています。

北条時政(坂東彌十郎)が、2代目鎌倉殿・頼家を廃して、実朝が鎌倉幕府3代将軍に就任します。

この時に北条時政が初代執権となり、北条家が鎌倉幕府の実権を握って政治を行う執権政治が始まります。2代目の執権が、「鎌倉殿の13人」の主人公の北条泰時(小栗旬)です。

また、実朝の兄にあたる2代目鎌倉殿・頼家を演じるのは「金子大地」さんです。

「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真
「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝と北条政子の間に産まれる嫡男・源頼家を演じるのは「金子大地(かねこだいち)」さんです。幼少期の万寿を演じる子役は「鳥越壮真(とりごえそうま)」さんです。悲劇の鎌倉幕府2代将軍・源頼家の役どころ、金子大地さん、鳥越壮真さんのプロフィールを紹介します。...

 

柿澤勇人(かきざわはやと)プロフィール

 

源頼朝の次男、実朝は「柿澤勇人(かきざわはやと)」さんが演じます。ホリプロに所属する役者で、プロフィールは以下の通りです。

生年月日1987年10月12日
出身地神奈川県
特技・趣味サッカー、ピアノ、英語(日常会話)、温泉巡り

劇団四季公演「ジーザス・クライスト=スーパースター(2007年)」でデビュー、2011年よりホリプロに所属。舞台「フランケンシュタイン」、「デスノート THE MUSICAL」などで主演を務める。

 

2007年の高校卒業後、倍率100倍以上の難関を突破、劇団四季でデビュー。2008年からは立て続けに主演を務め、ミュージカル俳優としても活躍しています。

NHK大河ドラマは「平清盛」「軍師官兵衛」に続き、「鎌倉殿の13人」が3回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝と北条政子の間に産まれる次男・源実朝を演じるのは「柿澤勇人」さんです。

幼少期の千幡を演じる子役については、情報が入り次第、更新します!

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。