鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」頼朝の次女/三幡を演じる役者は?子役は「太田結乃」

「鎌倉殿の13人」頼朝の次女/三幡を演じる役者は?子役は「太田結乃」

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)と、北条政子(小池栄子)の間に生まれる次女が「三幡(さんまん)」です。

幼少期の三幡を演じる子役は「太田結乃(おおたゆの)」さんです。

 

三幡(さんまん)の役どころ、通称「乙姫」

「鎌倉殿の13人」に登場する、源頼朝(大泉洋)と北条政子(小池栄子)の娘、三幡(さんまん)の役どころは以下の通りです。通称は「乙姫」です。

頼朝は、長女・大姫を後鳥羽天皇の妃にする入内(じゅだい)を進めていたが、大姫が亡くなってしまう。その後、次女の三幡の入内の準備をするが・・・

 

大姫(南沙良)と、2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の妹にあたります。

「鎌倉殿の13人」頼朝の長女/大姫を演じる南沙良、幼少期は落井実結子/難波ありさ
「鎌倉殿の13人」頼朝の長女/大姫を演じる南沙良、幼少期は落井実結子/難波ありさNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝(大泉洋)と、北条政子(小池栄子)の間に生まれる長女が大姫(おおひめ)です。幼少期の大姫を演じる子役は「難波ありさ(なんばありさ)」「落井実結子(おちいみゆこ)」さん、そして成長した大姫を演じるのは「南沙良(みなみさら)」さんです。...

大姫がなくなったことで、三幡が朝廷との権力争いの道具となりますが・・・こちらも大姫同様、悲劇の結末となってしまいます。

 

幼少期の三幡を演じる子役・太田結乃プロフィール


「三幡」の幼少期を演じる子役は「太田結乃(おおたゆの)」さんです。「ウォーターブルー」に所属する子役です。プロフィールは以下の通りです。

生年月日2012年7月25日
出身地埼玉県
特技空手、一輪車

日本テレビ「ザ・世界仰天ニュース」、TBS「爆報!THEフライデー」などに出演。CMは2022「マクドナルド ハッピーセット ポケモン」など多数出演。

 

朝ドラ「おかえりモネ」では、ヒナ役として出演しています。大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝と、北条政子の間に生まれる次女が三幡です。幼少期の三幡(乙姫)を演じる子役は「太田結乃」さんです。

三幡も、大姫同様に悲劇の道へと進んで行きます。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。