鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」実朝暗殺の黒幕は誰?キッカケ・原因は何?

「鎌倉殿の13人」実朝暗殺の黒幕は誰?キッカケ・原因は何?

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

3代目鎌倉殿・源実朝は、頼家の子供である公暁(こうぎょう)によって暗殺されます。

公暁が実朝を暗殺しようと計画したキッカケ、誰が黒幕なのか?・・・「鎌倉殿の13人」では、どのようにドラマで描かれるか紹介していきたいと思います。

 

実朝暗殺事件とは?史実の紹介

建保7年(1219年)1月27日、源実朝は八幡宮拝賀を迎えた後、頼家の子供・公暁に暗殺されます。

1219年1月27日の八幡宮拝賀は、左大臣任命に続き、右大臣の官職を与えられた実朝の拝賀式です。

 

「親の敵はかく討つぞ」と叫ぶ公暁に襲われ、実朝は命を落とします(享年28)。

実朝を討ち取った後、公暁はさらに源仲章を斬り殺します。歴史書「愚管抄」によると、これは北条義時と誤ったもの、そして「吾妻鏡」では、北条義時が体調の不良を訴え、源実朝の太刀持ちを源仲章に譲ったとされます。

また、「鎌倉殿の13人」では、脚本家の三谷幸喜さんは「吾妻鏡」を参考にしています。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」原作本/元ネタはある?吾妻鏡(東鑑)を参考
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」原作本/元ネタはある?吾妻鏡(東鑑)を参考NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は脚本家・三谷幸喜さんのオリジナル作品です。そのため原作はありません。ただし、鎌倉幕府が編纂した歴史書「吾妻鏡」を参考にしています。「吾妻鏡」は鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝から、6代までの歴代将軍を年代記の体裁で記された書物です。...

 

ここから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」における、実朝暗殺事件について紹介していきます。

※以下よりネタバレがありますので、ご注意ください。

 

公暁が実朝を暗殺しようと計画したキッカケは?

公暁(寛一郎)の父・頼家(金子大地)は北条氏により修禅寺に幽閉され、後に暗殺されています。

公暁は、実朝が鎌倉殿を退くことを聞いて「自分が鎌倉殿になろう」と思いますが、父・頼家が北条家によって殺されていることは知りませんでした。

 

第43話(2022/11/13)、三浦義村(山本耕史)が公暁に、「北条義時(小栗旬)が頼家を殺し、実朝を3代目鎌倉殿にした」・・・と告げるシーンがあります。

これをキッカケに怒りを爆発させた公暁は、源実朝(柿澤勇人)の暗殺を計画します。

公暁を演じるのは、佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんです。

鎌倉殿の13人頼家の次男/公暁(善哉)を演じる「寛一郎」子役は「長尾翼」など
鎌倉殿の13人頼家の次男/公暁(善哉)を演じる「寛一郎」子役は長尾翼/高平凛人などNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼家(金子大地)の次男・公暁(善哉)を演じるのは「寛一郎(かんいちろう)」さんです。公暁(こうぎょう)の役どころ、佐藤浩市さんを父親に持つ寛一郎さんのプロフィールを紹介します。また、幼少期を演じる子役についても紹介します。...

 

実朝暗殺の黒幕は誰?

「鎌倉殿の13人」実朝暗殺の黒幕は誰?

公暁を焚き付けたのは三浦義村(山本耕史)で間違いありません。ただし、いろいろな人物の思惑が重なっています。

実朝暗殺に関わる、以下の人物について解説します。

  • 三浦義村
  • 比企尼
  • 北条義時

 

焚き付けた三浦義村

前述の通り公暁に実朝暗殺のキッカケを与えたのは、公暁の乳母夫で貢献の三浦義村です。

 

洗脳した比企尼

「比企能員の変」により、北条家により比企一族は滅ぼされます。比企家の中でも、生き残ることができたのが「比企尼(草笛光子)」です。「比企尼」は源頼朝の乳母でした。

北条家に恨みがある「比企尼」はその後、幼少期の公暁に接触しています。

第32話では一人で遊んでいる善哉(のちの公暁)の前に、変わり果てた比企尼が現れるシーンがありました。

 

小さい時に「北条を許してはなりませぬぞ。あなたの父を追いやり、あなたの兄を殺した北条を」を告げられたの公暁は、比企尼に洗脳されていたとも言えます。

「鎌倉殿の13人」比企尼は「草笛光子」が演じる、比企能員の変の生き残り
「鎌倉殿の13人」比企尼は「草笛光子」が演じる、比企能員の変の生き残りNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」頼朝の乳母であり、「比企能員の変」で生き残った比企尼は、善哉(公暁)と接触します。比企尼の役どころ、演じる「草笛光子(くさぶえみつこ)」のプロフィールを紹介します。...

 

黙認した北条義時

北条義時(小栗旬)は、三浦義村が何か企てていることを、薄々わかっていました。源実朝や源仲章に、八幡宮拝賀の警備を強化することを進言しますが一蹴されます。

自分の言うことを聞かないこと実朝が邪魔になり、やがて義時は暗殺計画を黙認するようになります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」公暁の実朝暗殺計画には、いろいろな人物の思惑が重なっています。

さらに「曾我兄弟の仇討ち」のように、もう一波乱もう二波乱ありますが、ドラマを楽しむため、ここまでにしたいと思います。

「鎌倉殿の13人」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧
「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を制作しているスタッフ、出演キャスト・子役、登場人物・御家人(武将)をまとめました。...

 

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。