鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」後鳥羽天皇(上皇)を演じる「尾上松也」子役・尾上凛/菊井りひと

「鎌倉殿の13人」後鳥羽天皇(上皇)を演じる「尾上松也」子役・尾上凛/菊井りひと

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

後白河法皇(西田敏行)の孫、後鳥羽天皇(のちに上皇)を演じるのは、「尾上松也(おのえまつや)」さんです。

幼少期の後鳥羽天皇を演じる子役は、「尾上凛(おのえりん)」さんです。尾上凛さんは女性の子役になります。後鳥羽天皇が、少し成長すると「菊井りひと」さんにバトンタッチしています。

 

文武に秀でた後鳥羽天皇(ごとばてんのう)の役どころ

「尾上松也」さんで演じる、後鳥羽天皇(ごとばてんのう)の役どころは以下の通りです。

源平争乱の1183年、平氏が安徳天皇を擁して都落ちしたため、4歳で後白河法皇の院政のもとで即位。平氏が倒れて鎌倉幕府が成立後も、後白河法皇による院政が続いた。

1192年法皇没後、自らが政治を執ることに。1198年~1221年にかけては上皇となり院政を行う。その後、鎌倉幕府と対立、幕府軍に完敗(永久の乱)、隠岐に流される。

 

北条義時(小栗旬)にとっては、最後の大きな壁として立ちふさがるのが、「尾上松也」さんで演じる後鳥羽上皇になります。

 

尾上松也(おのえまつや)プロフィール

後白河法皇の孫・後鳥羽天皇(のちに上皇)を演じる「尾上松也(おのえまつや)」さんは、歌舞伎役者です。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日1985年1月30日

1990年5月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目尾上松也の名で初舞台。父親は、六代目尾上松助。歌舞伎だけでなく大河ドラマ「天地人」「おんな城主 直虎」などに出演、バラエティ番組など幅広く活躍。

 

NHK大河ドラマは「八代将軍吉宗」「葵 徳川三代」「天地人」「おんな城主 直虎」に続く、5作目の出演になります。

 

幼少期は子役「尾上凛(おのえりん)」が演じる

 

幼少期の後鳥羽天皇を演じる子役は、「尾上凛(おのえりん)」さんです。尾上凛さんは「ホリプロ・インプルーブメントアカデミー」に所属する女性の子役です。

「ホリプロ・インプルーブメントアカデミー」はホリプロが開設したジュニアタレント・赤ちゃんモデル・シニアタレントなどを育成している養成所です。

詳しいプロフィールまでは分かりませんが、ツイッターによると大河ドラマ出演時は6歳ぐらいのようです。

また、平氏が擁し、都落ちした安徳天皇も、女性の子役「相澤智咲」さんが演じています。

「鎌倉殿の13人」平清盛の孫/安徳天皇を演じる子役・相澤智咲
「鎌倉殿の13人」平清盛の孫/安徳天皇を演じる子役・相澤智咲NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」平清盛(松平健)と後白河法皇(西田敏行)の孫、安徳天皇を演じる子役は「相澤智咲(あいざわちさ)」さんです。「相澤智咲」さんは女の子ですが、安徳天皇は女性天皇だったという説もあるため、相澤智咲さんが選ばれたのかもしれません。...

 

少し成長すると子役「菊井りひと」にバトンタッチ

 

幼少期の後鳥羽天皇が少し成長すると、子役は「菊井りひと(きくいりひと)」さんにバトンタッチしています。プロフィールは以下のとおりです。

生年月日2010年4月15日
特技詩吟

 

第22回(2022/06/05)、後白河法皇が病に倒れ、病床に呼ばれた後鳥羽天皇を演じていたのが、子役の「菊井りひと」さんです。

特技の詩吟に関しては、2021年全国吟詠コンクール東京都大会幼年の部で、準優勝するほどです。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後白河法皇の孫、後鳥羽天皇(のちに上皇)を演じるのは、「尾上松也」さんです。

後鳥羽天皇の幼少期は、女性の子役「尾上凛」「菊井りひと」さんが演じます。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。