鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」タイトルの意味、由来は何?十三人の合議制

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」タイトルの意味、由来は何?十三人の合議制

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

NHK大河ドラマ第61作「鎌倉殿の13人」のタイトルにはどんな意味が?由来は何なのか?紹介します。

 

「鎌倉殿の13人」というタイトルが付いた由来

NHK大河ドラマ第61作「鎌倉殿の13人」ですが、タイトルにある鎌倉殿とは「源頼頼(みなもとのよりとも)」のことです。13人の人数は頼朝の死後、合議制で政治を行った家臣の人数のことです。

脚本家・三谷幸喜さんのインタビューに以下の記述があります。

タイトルの「鎌倉殿の13人」は、「鎌倉殿」が頼朝のこと。「13人」は、頼朝の死後、合議制で政治を動かした家臣の人数を示しています。その13人も権力争いでどんどん脱落していく。
(中略)
タイトルも含めて“今までの大河とはちょっと違う”的なものにしたいと思っています。

出典:NHK大河ドラマ・ガイド「鎌倉殿の13人」前編 P130

 


脚本家の三谷幸喜さんが、タイトルも含めて“今までの大河とはちょっと違う”的なものにしたいと思い、試行錯誤を重ねて、最終的に「鎌倉殿の13人」というタイトルに決まったようです。

 

鎌倉殿は「源頼朝」、鎌倉幕府の将軍を表す言葉

鎌倉殿(かまくらどの)とは、鎌倉幕府の歴代将軍を表す言葉です。そこから鎌倉幕府そのものを指す言葉にもなりました。

鎌倉幕府の「幕府」という言葉は、江戸時代に使用された言葉であり、鎌倉時代には鎌倉幕府のことを「鎌倉殿」と呼んでいました。

鎌倉殿とは「源頼朝」、その後に続く歴代の征夷大将軍のことであり、鎌倉幕府を表す言葉でもあります。

 

13人とは鎌倉時代の「十三人の合議制」

「鎌倉殿の13人」の13人とは、源頼朝の死後、合議制で政治を行った有力家臣の人数を表します。

源頼朝は、武士による鎌倉幕府を樹立、初代鎌倉幕府将軍となります。頼朝(大泉洋)が急逝した後、政務を執り行うのは北条義時(小栗旬)を含めた、13人の御家人による合議制になります。

この合議制は、頼家の独裁的な権力を抑えるために作られたとも言われています。

歴史的には、合議制による集団指導体制のことを、「十三人の合議制(じゅうさんにんのごうぎせい)」と表現します。

「十三人の合議制」に選ばれた宿老13人のキャストと、演じる役者は以下でまとめています。

「鎌倉殿の13人」宿老のキャスト13人は誰?演じる役者・役どころ一覧
「鎌倉殿の13人」宿老のキャスト13人は誰?演じる役者・役どころ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝(大泉洋)が急逝すると、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)が、鎌倉幕府2代将軍となります。若き頼家を支えるため、政務は北条義時(小栗旬)を含めた13人の宿老(御家人)による合議制で行われます。「鎌倉殿の13人」のタイトルにもなっている、13人の宿老に選ばれたキャスト、演じる役者と役どころを【まとめ】ました。...

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のタイトルの由来は、脚本家の三谷幸喜さんが“今までの大河とはちょっと違う”的なものにしたいとの思いで付けられました。

鎌倉殿は「源頼朝」のこと、そして人数の13人は小栗旬さん演じる北条義時を含めた、家臣による合議制の人数のことです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。