鎌倉殿の13人 PR

「鎌倉殿の13人」三寅を演じる子役は「中村龍太郎」「越田一央織」

「鎌倉殿の13人」三寅を演じる子役は「中村龍太郎」「越田一央織」

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源実朝(柿澤勇人)の死後、4代目鎌倉殿として朝廷から迎えたのが三寅(のちに藤原頼経)です。

幼少期の三寅を演じる子役は「中村龍太郎」さん、「越田一央織」さんです。

 

三寅(みとら)の役どころ、九条兼実のひ孫

子供がいない源実朝は後鳥羽上皇の子供である頼仁親王(よりひとしんのう)を鎌倉に迎え、後継者にする予定でした。

ところが、建保7年(1219年)1月27日、源実朝は頼家の子供・公暁(寛一郎)に暗殺されます。

実朝暗殺により、後鳥羽上皇は頼仁親王を鎌倉に下向させるのを断ります。次に朝廷と交渉した結果、摂関家の幼児・三寅(のちの藤原頼経)が選ばれます。

三寅は摂政関白を歴任した、九条道家の三男です。九条兼実(田中直樹)のひ孫で、源頼朝(大泉洋)とは遠縁にあたります。

 

鎌倉に来た時は2歳の幼児だった三寅は、成長するまでは北条政子が尼将軍として政治を行います。

三寅は元服すると藤原頼経(ふじはわらのよりつね)と名乗り、4代目鎌倉殿になります。

 

「越田一央織」プロフィール

第46話(2022/12/004)、鎌倉に来たばかりの2歳の幼児・三寅を演じる子役は「越田一央織」さんです。

※子役としての「越田一央織」情報は、ほとんどありませんでした。

 

「中村龍太郎」プロフィール

少し成長した三寅を演じる子役は、「中村龍太郎(なかむらりゅうたろう)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 2015年04月08日
趣味・特技 サッカー、体操

中村龍太郎さん演じる三寅は、第47話(2022/12/11)から登場しています。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」4代目鎌倉殿として朝廷から迎えたのが三寅(のちに藤原頼経)です。

幼少期の三寅を演じる子役は「中村龍太郎」さん、「越田一央織」さんです。

他にも「鎌倉殿の13人」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧
「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を制作しているスタッフ、出演キャスト・子役、登場人物・御家人(武将)をまとめました。...
「鎌倉殿の13人」を動画で見る方法

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、有料の動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見放題です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイントもらえる」ので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。

\ 今すぐ「鎌倉殿の13人」を見る /

※U-NEXTは2024/05/16時点の情報です。会員登録後に「鎌倉殿」と検索してください。

DVDをレンタルしてテレビで見たい場合、宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」なら家までDVDを届けてくれます。30日間は無料でお試し可能です。

\ DVDで見るなら /

※TSUTAYA DISCASは2024/05/16時点の情報です。会員登録後に「鎌倉殿」と検索してください。

※無料お試し期間終了後、通常料金で自動更新となります。お試し期間中は「新作」はレンタル対象外です。