鎌倉殿の13人

鎌倉殿の13人善児・トウが暗殺した御家人/武将/跡継ぎの子供一覧

鎌倉殿の13人善児・トウが暗殺した御家人/武将/跡継ぎの子供一覧

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

「鎌倉殿の13人」で、闇の任務を請け負う暗殺者「善児」は、梶原善さんが演じています。

「善児」の名前が「鎌倉殿の13人」のオープニングにテロップで表示されるだけで、「今日は誰が殺されるのか?」と恐れられ、ツイッターで話題になる登場人物です。

 

「鎌倉の殿の13人」で善児と、その弟子・トウが手をかけた(殺した)御家人、武将、跡継ぎの子供などをまとめました。

 

善児の実在モデルはいる?

「鎌倉殿の13人」は歴史書「吾妻鏡」を参考に、脚本家・三谷幸喜さんが描くオリジナル作品です。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」原作本/元ネタはある?吾妻鏡(東鑑)を参考
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」原作本/元ネタはある?吾妻鏡(東鑑)を参考NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は脚本家・三谷幸喜さんのオリジナル作品です。そのため原作はありません。ただし、鎌倉幕府が編纂した歴史書「吾妻鏡」を参考にしています。「吾妻鏡」は鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝から、6代までの歴代将軍を年代記の体裁で記された書物です。...

 

そのため、歴史上に存在しないキャラクターも登場します。殺し屋・善児(梶原善)は「鎌倉殿の13人」ドラマ内のオリジナルキャラとされています。

善児は元々、伊東祐親(浅野和之)に仕える下人です。梶原景時(中村獅童)、そして北条義時(小栗旬)と主君が変わりますが、命令を淡々とこなす殺し屋です。

 

善児・トウが手をかけた(殺した)御家人、武将、子供

「善児」が手をかけた(殺した)御家人、武将、跡継ぎの子供などは、以下の通りです。

千鶴丸(太田恵晴)、第1話(2022/1/9)大いなる小競り合い

第1話(2022/01/09)、源氏の源頼朝(大泉洋)は伊豆に流罪となり伊東家に監視されています。

その時、伊東家の娘・八重(新垣結衣)と頼朝の間に生まれた子供が千鶴丸(太田恵晴)です。

頼朝の子供ということで、八重の父・伊東祐親(浅野和之)に命じられた善児は、千鶴丸を川に遊びに連れて行き、そのまま川に沈めます・・・

 

八重はその後、義時(小栗旬)と結婚、孤児だった鶴丸を引き取り育てます。第21話、八重は川で溺れかけた「鶴丸」を助けた後、力尽き亡くなります。

ドラマ内の演出として感じたのは、八重が「鶴丸」を「千鶴丸」に重ねた部分はあると思います。

鎌倉殿の13人/鶴丸の正体は?架空の人物は「きづき」が演じる、子役は佐藤遙灯
鎌倉殿の13人/鶴丸の正体は?架空の人物は「きづき」が演じる、子役は佐藤遙灯NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」オリジナルキャラ鶴丸を演じるのは「きづき」さん、幼少期の子役は「佐藤遙灯」さんです。泰時(金剛)の幼なじみ鶴丸の役どころ、演じる役者のプロフィールを紹介します。...

 

北条宗時(片岡愛之助)、工藤茂光(米本学仁)、第5話(2022/2/6)兄との約束

 

第5話(2022/02/06)、北条家を率いるのは宗時(片岡愛之助)だと、伊東祐親(浅野和之)は善児に宗時暗殺を命じます。

北条宗時が北条館に、観音像を取りに戻った隙を突いて、「善児」は宗時を背後から襲います。

宗時に同行していた、工藤茂光(米本学仁)も「善児」により殺害されたと思われます。

 

江間次郎(芹澤興人)、第9話(2022/3/6)決戦前夜

第9話(2022/03/06)、八重と結婚していた江間次郎(芹澤興人)は、伊東祐親(浅野和之)から「八重を頼朝に渡すより殺せ」と言われていました。

ところが江間次郎は、八重を頼朝の元に逃がそうとします。そこに現れた「善児」は、江間次郎を殺害します。

八重にも手をかけようとしたところを、三浦義村(山本耕史)が助けに入り、善児を撃退します。

 

伊藤祐親(浅野和之)、伊藤祐親(竹財輝之)、第11話(2022/3/20)決戦前夜

 

第11話(2022/03/20)、捕らえられた「善児」は梶原景時(中村獅童)に仕えることに。

頼朝(大泉洋)に命じられた梶原景時は、「善児」を利用して、伊藤祐親(浅野和之)とその息子・伊藤祐親(竹財輝之)を殺害します。

 

上総広常(佐藤浩市)、第15話(2022/04/17)

 

梶原景時(中村獅童)が、上総広常(佐藤浩市)を謀反の疑いで切り捨てます。

「善児」は直接、手を出していませんが、上総広常の脇差しを盗んで、梶原景時をアシストする役割でした。

 

静御前(石橋静河)の子供、藤原泰衡(山本浩司)、第20話(2022/5/22)帰ってきた義経

 

鎌倉で捕らわれた静御前(石橋静河)は、鎌倉で源義経(菅田将暉)の子供を生みます。男の子だったため、すぐさま「善児」が静御前の元から連れ去ります。

直接的な描写はありませんが、「善児」が殺害したと思われます。

また第20話では、藤原秀衡(田中泯)の後継者・藤原泰衡(山本浩司)が、「善児」により背後から斬り殺されています。

 

源範頼(迫田孝也)、第24話(2022/6/19)変わらぬ人

 

第24話(2022/06/19放送)、謀反の疑いで伊豆の修善寺に幽閉されていた源範頼(迫田孝也)。

頼朝(大泉洋)は、大姫(南沙良)が病気で亡くなったのは、範頼の呪詛(呪い)だと断定、梶原景時(中村獅童)に命令して範頼を暗殺させます。

「善児」は範頼と一緒に村人を殺害しますが、最終的に殺さなかった村娘が「トウ」です。孤児となったトウは、善児に育てられ弟子となります。

鎌倉殿の13人/善児が育てる孤児トウ、演じるのは「山本千尋」子役は「高橋愛莉」
鎌倉殿の13人/善児が育てる孤児トウ、演じるのは「山本千尋」子役は「高橋愛莉」NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」暗殺者・善児(梶原善)が殺さなかった孤児トウ演じるのは「山本千尋」さん、子役は「高橋愛莉」さんがです。善児に育てられたトウの実在モデルいるのか?トウの役どころ、役者のプロフィールを紹介します。...

 

せつ(山谷花純)、第31話(2022/08/14)諦めの悪い男

「比企能員の変」により、北条家に攻められた比企家は滅亡します。

比企家に攻め入った北条軍は、一幡を逃がそうとするせつ(山谷花純)を、「善児」の弟子である「トウ(山本千尋)」がとどめを刺します。

「鎌倉殿の13人」源頼家の妾/せつ(若狭局)は「山谷花純」が演じる、一幡の母
「鎌倉殿の13人」源頼家の妾/せつ(若狭局)は「山谷花純」が演じる、一幡の母NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉幕府2代将軍となる源頼家(金子大地)の妾・側女「せつ(若狭局)」を演じるのは、「山谷花純(やまたにかすみ)」さんです。せつの役どころ、演じる「山谷花純」さんのプロフィールを紹介します。...

 

一幡(相澤壮太)、第32話(2022/08/21)災いの種

 

比企能員(佐藤二朗)の娘・せつ(山谷花純)と、2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の間に生まれた子供が「一幡」です。

「比企能員の変」により比企家は滅亡しますが、一幡は善児 (梶原善) の家でかくまわれます。

 

「善児」がなかなか手を下せないこと知った北条義時(小栗旬)が、自らの手で一幡を殺そうとしたところ・・・トウ(山本千尋)が一幡を川遊びに連れて行くことに。

直接の描写はありませんが、一幡はトウが手を下し、川で殺められたと思われます。

 

源頼家(金子大地)、善児(梶原善)、第33話(2022/08/28)修善寺

伊豆の修善寺に幽閉された源頼家(金子大地)は、殺し屋・善児(梶原善)と、その弟子・トウ(山本千尋)に命を狙われます。

「善児」との頼家の斬り合いにより、「善児」も致命傷を負いますが、トウが頼家にとどめを刺すことに。

さらに負傷した「善児」も最後は、弟子のトウから「ずっとこの時を待っていた」「父の仇!」「母の仇!」と、切り捨てられることになります。

 

りく(宮沢りえ)暗殺失敗、第38話(2022/10/02)「時を継ぐ者」

北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)は、源実朝(柿澤勇人)を屋敷へと連れ込み、鎌倉殿の座を娘婿・平賀朝雅(山中崇)へ譲るように迫りますが、失敗します。

りくは捕まり流罪となりますが、北条義時(小栗旬)はトウ(山本千尋)に「りく」の暗殺を命令。ところが、三浦義村(山本耕史)に見破られ、トウの暗殺に失敗します。

 

源仲章(生田斗真)暗殺失敗して捕縛、第44話(2022/11/20)「審判の日」

 

北条義時(小栗旬)は、鎌倉で暗躍する源仲章が邪魔になり、トウに暗殺を依頼します。ところが、トウは暗殺に失敗、逆に源仲章に捕縛されることになります。

源仲章を演じるのは「生田斗真」さんです。

「鎌倉殿の13人」生田斗真は何役?「源仲章」を演じる、源実朝の教育係
「鎌倉殿の13人」生田斗真は何役?「源仲章」を演じる、源実朝の教育係NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後鳥羽上皇(尾上松也)と北条義時(小栗旬)の間で暗躍する、京都の御家人が「源仲章(みなもとのなかあきら)」です。源仲章を演じるのは「生田斗真(いくたとうま)」さんです。源仲章の役どころ、演じる生田斗真さんのプロフィールを紹介します。...

 

※随時更新中です

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」暗殺者・善児と、その弟子・トウが手をかけた、御家人、武将、跡継ぎの子供などをまとめました。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。