鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」生田斗真は何役?「源仲章」を演じる、源実朝の教育係

「鎌倉殿の13人」生田斗真は何役?「源仲章」を演じる、源実朝の教育係

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

後鳥羽上皇(尾上松也)の側近で、北条義時(小栗旬)と後鳥羽上皇の間で暗躍する、京都の御家人が「源仲章(みなもとのなかあきら)」です。

源仲章を演じるのは「生田斗真」さんです。

 

源仲章(みなもとのなかあきら)役どころ、後鳥羽上皇の側近

「源仲章(みなもとのなかあきら)」は、後鳥羽上皇(尾上松也)の側近として仕え、鎌倉幕府にも通じ、在京のまま御家人となる。

建仁3年(1203年)、阿野全成(新納慎也)が謀反の疑いをかけられた時、三男・頼全を処刑する。その後、3代目鎌倉殿となった源実朝(柿澤勇人)の教育係として、鎌倉に下る。

時折上京して、後鳥羽上皇の鎌倉幕府の情報を伝えるなど、スパイの役目を果たしていたとされています。

 

建保7年(1219年)、公暁によって源実朝が暗殺された際、共に源仲章も殺害されます。

源頼家(金子大地)の次男・公暁を演じるのは「寛一郎」さんです。

鎌倉殿の13人頼家の次男・公暁(善哉)を演じる「寛一郎」、子役は「長尾翼」など
鎌倉殿の13人頼家の次男・公暁(善哉)を演じる「寛一郎」、子役は「長尾翼」などNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼家(金子大地)の次男・公暁(善哉)を演じるのは「寛一郎(かんいちろう)」さんです。公暁(こうぎょう)の役どころ、佐藤浩市さんを父親に持つ寛一郎さんのプロフィールを紹介します。...

 

生田斗真(いくたとうま)プロフィール

 

源仲章を演じるのは、「生田斗真(いくたとうま)」さんです。ジャニーズ事務所に所属していて、プロフィールは以下の通りです。

生年月日1984年10月7日
出身北海道

1996年からジャニーズJr.として芸能活動をスタート。1997年、朝ドラ「あぐり」にて子役デビュー。主なドラマ出演作は「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」など、映画「人間失格」「ハナミズキ」で、映画新人賞を受賞する。

 

生田斗真さんがドラマに子役氏として初めて出演したのは、1997年の朝ドラ「あぐり」です。ヒロインあぐり(田中美里)の長男・淳之介の幼少期を演じています。

「あぐり」の子供を演じた子役・役者は誰?俳優まとめ【生田斗真も出演】
「あぐり」の子供を演じた子役・役者は誰?俳優まとめ【生田斗真も出演】NHK朝ドラ「あぐり」ヒロイン・望月あぐりにはエイスケとの間に3人の子供が生まれます。ドラマの時間の流れに合わせて、あぐりの子供も、さまざま子役・役者が演じています。あぐりの子供を演じている俳優を【まとめ】ました。...

 

プライベートでは、2020年に女優の「清野春奈」さんと結婚しています。

大河ドラマは「軍師官兵衛」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に続き、「鎌倉殿の13人」が3回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後鳥羽上皇と北条義時との間で暗躍する、京都の御家人が「源仲章」です。源仲章を演じるのは「生田斗真」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。