鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」いつまで放送?最終回の日程は?全何話?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」いつまで放送?最終回の日程は?全何話?

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

「鎌倉殿の13人」はいつまで放送するのか?最終回の日程はいつなのか?全何話になるのか?

NHK公式から、2022年12月18日(日)が最終回、全48話となることが発表されています。

 

「鎌倉殿の13人」2022年1月9日(日)放送開始

小栗旬さんが主役・北条義時を演じる第61作「鎌倉殿の13人」は、2022年1月9日(日)からスタートしました。

新型コロナウィルスの影響で2020年「麒麟がくる」の最終回が、2021年2月まで後ろにずれ込みました。

そのため2021年「青天を衝け」の初回スタートは遅れましたが、2022年「鎌倉殿の13人」から通常通りの初回スタートとなりました。

 

放送回数は全48話、最終回2022年12月18日(日)

「鎌倉殿の13人」の最終回はNHK公式から、2022年12月18日(日)に終了すると発表されました。12月18日の最終回は、15分拡大で大河ドラマが放送されます。

また、2022年10月9日(日)午後8時はドラマではなく、「『鎌倉殿の13人』応援感謝!ウラ話トークSP~そしてクライマックスへ~」の特番が放送されます。

過去6作のNHK大河ドラマの最終回と放送回数は以下の通りです。三谷幸喜さんが短いスパンで大河ドラマの脚本を書かれています。

タイトル脚本家放送回数最終回放送日
真田丸三谷幸喜全50話2016年12月18日
おんな城主 直虎森下佳子全50話2017年12月17日
西郷どん中園ミホ全47話2018年12月16日
いだてん宮藤官九郎全47話2019年12月15日
麒麟がくる池端俊策など全44話2021年2月7日
青天を衝け大森美香全41話2021年12月26日
鎌倉殿の13人三谷幸喜全48話2022年12月18日

※「麒麟がくる」は新型コロナウイルスが流行前にも、「沢尻エリカ」さんの降板により、初回スタートが2020年1月19日と遅くなりました。

2022年7月10日(日)は、参議院選挙のため「鎌倉殿の13人」の放送なし、そしては2022年10月9日(日)は特番になります。

 

新型コロナウィルスの影響を受けずに2022年から放送された、「鎌倉殿の13人」は全48話となりました。

「鎌倉殿の13人」の再放送の日程、一挙再放送については、以下でまとめています。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」再放送はいつ?レギュラー放送時間まとめ
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」再放送はいつ?レギュラー放送時間まとめNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」レギュラー放送の日程、そして再放送の日時詳細を【まとめ】ました。「鎌倉殿の13人」をテレビで見られるタイミングは週3回です。見逃した場合は「NHKプラス」なら1週間前(過去1回分)の放送が視聴可能、有料の「NHKオンデマンド」なら放送された全話が見られて、一気見もできます。...

 

どこまで話が展開?どこまで歴史が描かれる?

頼朝(大泉洋)の死後、政務は義時(小栗旬)を含む「十三人の合議制」によって執り行われます。宿老13人のキャストと、演じる役者は以下でまとめています。

「鎌倉殿の13人」宿老のキャスト13人は誰?演じる役者・役どころ一覧
「鎌倉殿の13人」宿老のキャスト13人は誰?演じる役者・役どころ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝(大泉洋)が急逝すると、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)が、鎌倉幕府2代将軍となります。若き頼家を支えるため、政務は北条義時(小栗旬)を含めた13人の宿老(御家人)による合議制で行われます。「鎌倉殿の13人」のタイトルにもなっている、13人の宿老に選ばれたキャスト、演じる役者と役どころを【まとめ】ました。...

 

その後も幕府の権力闘争は激化、頼家や比企家との対立を経て、北条時政(坂東彌十郎)が初代執権となります。

時政の後を継いで、義時(小栗旬)は2代執権となり、執権政治を確立。姉の政子(小池栄子)と共に鎌倉幕府を支えます。

最後は「承久の乱」で朝廷と対立、後鳥羽上皇を破るところまでが、「鎌倉殿の13人」の中では描かれるのでは?・・・と予想しています。

後鳥羽上皇を演じるのは「尾上松也」さんです。

「鎌倉殿の13人」後鳥羽天皇(上皇)を演じる「尾上松也」子役・尾上凛/菊井りひと
「鎌倉殿の13人」後鳥羽天皇(上皇)を演じる「尾上松也」子役・尾上凛/菊井りひとNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後白河法皇(西田敏行)の孫、後鳥羽天皇(のちに上皇)を演じるのは、「尾上松也(おのえまつや)」さんです。幼少期は女性の子役「尾上凛(おのえりん)」さん、そして「菊井りひと」さんです。役どころやプロフィールを紹介します。...

※あくまで推測なので、ご了承下さい。

 

まとめ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、2022年1月9日(日)からスタートしました。

NHK公式からの発表で、「鎌倉殿の13人」最終回は2022年12月18日(日)、全48話とりなります。

また、「鎌倉殿の13人」のタイトルにはどんな意味が?由来は何なのか?については、以下でまとめています。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」タイトルの意味、由来は何?十三人の合議制
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」タイトルの意味、由来は何?十三人の合議制NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のタイトルの由来は、脚本家の三谷幸喜さんが“今までの大河とはちょっと違う”的なものにしたいとの思いで付けられました。鎌倉殿は「源頼朝」のこと、そして13人は小栗旬さん演じる北条義時を含めた、家臣による合議制の人数のことです。...

 

【最後に】「鎌倉殿の13人」はNHKオンデマンドで見放題

「鎌倉殿の13人」はNHKで放送後に全話、動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見放題になります。

「NHKオンデマンド」は月額990円(税込)で、PC・スマホなどからネットでNHKの番組を視聴できる動画配信サービスです。

「U-NEXT」経由で「NHKオンデマンド」を契約すれば31日間無料トライアル、会員登録するだけで1,000ポインもらえて「NHKオンデマンド」がお試し視聴可能です。

\ 今すぐ朝ドラを楽しむなら /

※U-NEXTは2022/9/11時点の情報です。

 

「NHKオンデマンド」は、NHKから直接契約することもできますが、「U-NEXT」経由でも契約できます。

「U-NEXT」をオススメする理由は、「U-NEXT」は31日間無料トライアルがあり、さらに会員登録1,000ポイントもらえるところです。「U-NEXT」経由をオススメする理由は、以下で詳細をまとめています。

スマホ/PCで朝ドラ見る!見逃し配信/再放送はU-NEXT経由がオススメ
スマホ/PCで朝ドラ見る!見逃し配信/再放送はU-NEXT経由がオススメNHK朝ドラ「ちむどんどん」の再放送・見逃し配信をスマホ・PCで見るなら、動画配信サービス「U-NEXT」経由で「NHKオンデマンド」を契約するのがオススメです。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」も見放題です。スマホやパソコン、ネットに繋いだテレビなど、いつでもどこでも見られます。...

 

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。