鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」市原隼人は何役?八田知家を演じる、宿老13人の一人

「鎌倉殿の13人」市原隼人は何役?八田知家を演じる、宿老13人の一人

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)没後、「十三人の合議制」の有力御家人(宿老)の一人となる武将・八田知家を演じるのは、「市原隼人(いちはらはやと)」さんです。

 

八田知家(はったともいえ)役どころ


市原隼人さんが演じる「八田知家(はったともいえ)」は、源頼朝(大泉洋)の没後、宿老13人の一人となる武将です。

下野宇都宮氏の当主・宇都宮宗綱の四男。北関東を治める御家人であり、頼朝の挙兵に参加する。奥州合戦では、東海道大将軍として戦う。曾我兄弟の仇討ちをきっかけに、常陸の守護となる。頼朝の死後、「十三人の合議制」の有力御家人(宿老)の一人となる。

 

八田知家は、史実としてはハッキリとわかっていることが少ない人物です。八田知家は源義朝(頼朝の父)の子であるという、伝承もあります。

「鎌倉殿の13人」第21話で、八田知家は道路を修復しているシーンで初登場します。

その後、北条義時(小栗旬)に孤児の鶴丸を預け、八重が鶴丸を育てることになります。鶴丸は「鎌倉殿の13人」のオリジナルキャラです。

鎌倉殿の13人/鶴丸の正体は?架空の人物は「きづき」が演じる、子役は佐藤遙灯
鎌倉殿の13人/鶴丸の正体は?架空の人物は「きづき」が演じる、子役は佐藤遙灯NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」オリジナルキャラ鶴丸を演じるのは「きづき」さん、幼少期の子役は「佐藤遙灯」さんです。泰時(金剛)の幼なじみ鶴丸の役どころ、演じる役者のプロフィールを紹介します。...

 

市原隼人(いちはらはやと)プロフィール

 

宿老の一人・八田知家を演じるのは「市原隼人(いちはらはやと)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1987年2月6日
出身神奈川県

映画「リリィ・シュシュのすべて(2001年)」の主演として俳優デビュー。2003年「偶然にも最悪な少年」で日本アカデミー賞新人賞受賞。主はテレビ出演作に「ウォーターボーイズ2」「ROOKIES」など。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、傑山役を演じていました。「鎌倉殿の13人」が大河ドラマ2作目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」宿老13人の一人・八田知家を演じるのは、「市原隼人」さんです。

八田知家は源義朝(頼朝の父)の子であるという、伝承もあります。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。