鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」源実朝の正妻・千世は「加藤小夏」が演じる、後鳥羽上皇いとこ

「鎌倉殿の13人」源実朝の正妻・千世は「加藤小夏」が演じる、後鳥羽上皇いとこ

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

3代目鎌倉殿・源実朝(柿澤勇人)正妻・千世は「加藤小夏(かとうこなつ)」さんが演じます。

千世の役どころ、演じる「加藤小夏」さんのプロフィールを紹介します。

 

千世(ちよ)、西八条禅尼の役どころ

源実朝の正妻・千世は、歴史的には「西八条禅尼(にしはちじょうぜんに)」と出家後の通称で呼ばれます。

千世の父は公卿・坊門信清で、後鳥羽上皇(尾上松也)の母方の叔父にあたります。そのため、千世は後鳥羽上皇の従兄弟にあたります。

千世は元久元年(1204年)、源実朝の正室となり、鎌倉に赴きます。

北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)の愛息・北条政範(中川翼)が、京都へ千世を迎えに行きますが、政範は病で急死。これをキッカケに「畠山重忠の乱」につながることに・・・

 

建保7年(1219年)実朝が暗殺されると、千世は神奈川県・寿福寺にて出家し、京へ戻ります。

 

加藤小夏(かとうこなつ)プロフィール

 

源実朝の正室・千世を演じるのは、「加藤小夏(かとうこなつ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1999年6月26日
出身東京都
趣味カメラ、ダンス、編み物
特技ダンス(ジャズヒップホップ歴11年)

人気恋愛マンガを実写化したドラマ「I”s(アイズ)」(2019年)で、4人目のヒロイン・麻生藍子役を演じる。テレビ番組「痛快TV スカッとジャパン」に出演し話題に。主な出演映画は「踊ってミタ」「高台家の人々」など。

 

中学1年生の時、原宿の竹下通りでスカウトされ、サンミュージックに所属しています。NHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が、初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源実朝の正妻・千世を演じるのは「加藤小夏」さんです。千世は後鳥羽上皇の従兄弟にあたります。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。