鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」源義経の妾/静御前は「石橋静河」が演じる、寵愛された白拍子

「鎌倉殿の13人」源義経の妾/静御前は「石橋静河」が演じる、寵愛された白拍子

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源義経(菅田将暉)に寵愛される妾・静御前(しずかごぜん)を演じるのは「石橋静河(いしばししずか)」さんです。石橋静河さんは、俳優の石橋凌と原田美枝子の娘さんです。

 

義経の妾・静御前の役どころ

石橋静河さんが演じる静御前(しずかごぜん)は、源義経に寵愛される妾です。静御前の役どころは以下の通りです。

源義経を虜にした、白拍子が静御前。白拍子とは歌舞の一種で、頭に烏帽子などを身に着け男装、朗詠を歌いながら舞ったもの。

静御前は、京都で出会った義経に寵愛されます。頼朝に追われることなった義経の子供を妊娠しますが、北条時政に捕まり鎌倉に連れられることに。

 

義経が頼朝に追われてからは、静御前は悲劇の道を進みます。義経の正妻より、義経に寵愛された妾「静御前」の名前を知っている人が多いのではないでしょうか。

また、「鎌倉殿の13人」で、義経の正妻・郷御前(さとごぜん)を演じるのは「三浦透子」さんです。

「鎌倉殿の13人」源義経の正妻・里役(郷御前)を演じる三浦透子
「鎌倉殿の13人」源義経の正妻・里役(郷御前)を演じる三浦透子NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源義経(菅田将暉)の正妻、里役(郷御前)を演じるのは「三浦透子(みうらとうこ)」さんです。頼朝に追われても、義経に最後まで付いて行った郷御前の役どころ、三浦透子さんのプロフィールを紹介します。...

 

石橋静河プロフィール、石橋凌と原田美枝子の娘

 

源義経の妾・静御前を演じる「石橋静河(いしばししずか)」さんです。父親は俳優の石橋凌さん、母親は女優の原田美枝子さんです。

石橋静河さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日1994年生まれ
出身東京都
特技英会話、ダンス

4歳からクラシックバレエを始める。2009年にダンス留学。2013年に帰国後、コンテンポラリーダンサーとして活動。2017年映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」に初主演。2018年、NHK朝ドラ「半分、青い。」に出演。

 

小さい頃からクラシックバレエを始め、コンテンポラリーダンサーとして活躍していた石橋静河さんは、2015年に女優として活動を始めます。

2018年「半分、青い。」では、萩尾律(佐藤健)の嫁・より子役を演じて注目を集めます。NHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が初出演になります。

また、石橋静河さんの母親・原田美枝子さんは、同時期にNHK朝ドラ「ちむどんどん」に出演しています。ヒロイン暢子(黒島結菜)が働くレストランのオーナー・大城房子を演じています。

「ちむどんどん」原田美枝子は何役?料理店オーナー/大城房子を演じる
「ちむどんどん」原田美枝子は何役?料理店オーナー/大城房子を演じるNHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子が上京後に働くイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子(おおしろふさこ)を演じるのは「原田美枝子(はらだみえこ)」さんです。大城房子の役どころ、原田美枝子さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源義経に寵愛された妾・静御前を演じるのは「石橋静河」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。