エール

「エール」を楽しむための情報まとめ【キャスト、裏話、小ネタ、見どころ】

「エール」を楽しむための情報まとめ【キャスト、裏話、小ネタ、見どころ】

「エール」は2020年3月30日(月)からスタートの102作品目のNHKの連続テレビ小説です。

主人公とヒロイン、脚本家は以下の通りです。

  • 主人公【古山裕一】:窪田正孝
  • ヒロイン【関内音】:二階堂ふみ
  • 脚本:清水友佳子、嶋田うれ葉、吉田照幸
  • 原作:林宏司

 

「エール」は主人公の音楽家・古山裕一(窪田正孝)と、夫を支えるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の、二人三脚の物語です。

朝ドラで男性が主演を務めるのは、2014年放送の『マッサン』の玉山鉄二さん以来、6年ぶりになります。

 

原作・脚本家は、「医龍」「ハゲタカ」「コード・ブルー」などを手掛ける林宏司さんでしたが、「制作上の都合」で途中降板しています。

「エール」の、キャスト、見どころ、音楽などなどドラマを楽しむためのポイントを【まとめ】した。

※情報が都度更新します!

 

「エール」あらすじ

「スカーレット」のあらすじを簡単に紹介しますと・・・

「エール」の主人公・古山裕一(こやまゆういち)は福島で代々続く老舗・呉服屋の長男。

気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内音(せきうちおと)知り合い、文通を始める。恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことに・・・

 

主人公の音楽家・古山裕一(窪田正孝)と、夫を支えるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の、二人三脚の物語です。

 

「エール」メインキャスト

NHKの朝ドラでは主人公の幼少期が描かれます。

主人公・古山裕一は福島県福島市、ヒロイン・関内音は愛知県豊橋市で子供時代を過ごします。それぞれの実家別にメインキャストを紹介します。

※リンクのある人物は、クリックすると詳細に飛びます。

福島県・古山裕一の家族

  • 窪田正孝 <主人公・古山裕一 役>
  • 唐沢寿明 <裕一の父・古山三郎 役>
  • 菊池桃子 <裕一の母・古山まさ 役>
  • 佐久本宝   <裕一の弟・古山浩二 役>
  • 風間杜夫 <裕一の伯父、まさの父・権藤茂兵衛 役>
  • 森山周一郎 <裕一の母方の祖父・権堂源蔵 役>
  • 三田和代 <裕一の母方の祖母・権堂八重 役>

 

古山裕一の実家の呉服店「喜多一」の店員を演じる役者は、以下の記事をご覧ください。

「エール」裕一の実家の呉服店”喜多一”の店員を演じる俳優・役者【まとめ】
「エール」呉服店”喜多一”の店員を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「エール」。裕一の実家の呉服店「喜多一(きたいち)」の店員を演じる役者・俳優をまとめました。「エール」は音楽家・古山裕一のストーリー、福島の呉服店「喜多一」の跡取り息子として生まれます。「喜多一」には3人の店員さんがいます。...

 

古山裕一の幼馴染

  • 中村蒼 <裕一の幼馴染・村野鉄男 役>
  • 山崎育三郎 <裕一の幼馴染・佐藤久志 役>

 

「川俣銀行」の人々

主人公・裕一が、銀行員として働く「川俣銀行」の店員、行員、事務員、支店長など個性的な人物が登場します。

川俣銀行に登場する役者は以下の記事をご覧ください。

「エール」川俣銀行の店員、行員、事務員、支店長を演じる俳優・役者【まとめ】
「エール」川俣銀行の行員、事務員、支店長を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「エール」。主人公・古山裕一は音楽家の夢をあきらめ権藤茂兵衛が経営する「川俣銀行」で住み込みで働きます。裕一が働く「川俣銀行」には個性的な人物が登場、「川俣銀行」の行員、事務員、支店長を演じる役者・俳優をまとめました。...

 

愛知県豊橋市・関内音の家族

  • 光石研 <音の父・関内安隆 役>
  • 薬師丸ひろ子 <音の母・関内光子 役>
  • 松井玲奈 <音の姉・関内吟 役>
  • 森七菜 <音の妹・関内梅 役>

 

「エール」の幼少期を演じる子役については以下の記事をご覧ください。

NHK朝ドラ「エール」出演の子役【まとめ】
NHK朝ドラ「エール」出演の子役【まとめ】NHK朝ドラ「エール」に登場する子役をまとめました。「エール」は音楽家の主人公・古山裕一と歌手を目指すヒロイン・関内音の、二人三脚の物語です。朝ドラは主人公の幼少期、結婚後の人生を描くため、たくさんの子役が登場します。...

 

「エール」の元ネタ、原作、実在モデル

NHKの公式では「エール」に原作本はありません。

ただし「エール」の主人公・古山裕一と、ヒロイン・関内音には、実在モデルが存在します。

古山裕一は古関裕而(こせきゆうじ)さん、関内音は内山金子(うちやまきんこ)さんです。

「エール」は昭和を代表する作曲家・古関裕而、そして夫を支える金子の物語が元ネタになっています。

詳しくは以下の記事をチェックしてください。

「エール」の元ネタ、実在モデルは誰?昭和の音楽家・古関裕而、妻・内山金子
「エール」の元ネタ、実在モデルは誰?昭和の音楽家・古関裕而、妻・内山金子NHK朝ドラ「エール」には元ネタの物語、実在モデルが存在します。主人公・古山裕一は昭和を代表する音楽家「古関裕而(こせきゆうじ)」さん、ヒロイン・関内音は歌手としても活躍する内山金子(うちやまきんこ)さんです。 ...

 

もちろん「エール」ではドラマとして脚色されます。

実在のモデル、古関裕而、内山金子、2人の物語がどんな風に描かれのか?朝ドラの見どころでもあります。

 

「エール」の語り・ナレーション

「エール」の語り、ナレーションを担当するのは人気声優の「津田健次郎(つだけんじろう)」さんです。

声優がNHK朝ドラの「語り」を担当するのは初めてでしょうか?

NHK朝ドラ「エール」の語り、ナレーションは人気声優「津田健次郎」ツダケン
NHK朝ドラ「エール」の語り、ナレーションは人気声優「津田健次郎」ツダケン2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」。ドラマ内での語り、ナレーションを担当するのは人気男性声優「津田健次郎(つだけんじろう)」さんです。声優がNHK朝ドラの「語り」を担当するのは初めてでしょうか?「津田健次郎(ツダケン)」さんのプロフィール、視聴者の反応をまとめました。...

 

「エール」オープニング主題歌

「エール」の主人公・古山裕一の実在モデルは福島県出身の古関裕而(こせきゆうじ)さんです。

同じ福島出身の「GReeeeN」が朝ドラの主題歌「星影のエール」を担当しています。

楽曲秘話などは以下をチェックしてください。

「エール」主題歌、GReeeeNが歌う「星影のエール」のタイトルの意味は?
「エール」主題歌、GReeeeNが歌う「星影のエール」はどんな曲?制作秘話など2020年3月30日放送スタートのNHK朝ドラ「エール」。主題歌、オープニングテーマ曲はGReeeeN(グリーン)が歌う「星影のエール」です。Greeenにオファーがあった理由、「星影のエール」のタイトルの意味、込められた思いについて解説します。...

 

「エール」BGM・サントラ

エールの音楽、BGM、サントラを手がけるのは2500本以上のCM音楽を担当した瀬川英史(せがわえいし)さんです。

「エール」のBGM・サントラ制作の裏話などについては、以下の記事をチェックしてください。

エールの音楽、BGM、サントラを手がけるのは「瀬川英史(せがわえいし)」
エールの音楽、BGM、サントラを手がけるのは「瀬川英史(せがわえいし)」NHK朝ドラ「エール」の音楽(サウンド)、BGM、サントラを手がける作曲家は「瀬川英史(せがわえいし)」さんです。2500本以上のCM音楽を手掛け、最近では多くの劇伴を作曲する瀬川英史さんのプロフィール、「エール」楽曲制作秘話を紹介します。...

 

【最後に】

ここまでは第102作のNHK朝ドラ「エール」を、もっと楽しむための情報【まとめ】でした。

少しの情報、裏話、背景を知れば、より深く「エール」にハマることができます。

最新情報が出てきたら都度更新します!

 

そして「エール」のキャラクター、裏話などはNHKドラマ・ガイドのムック本「連続テレビ小説 エール Part1」にも詳しく書いてあります。

気になる方はムック本もチェックしてください!


「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る