エール

「エール」志村けんが演じるのはどんな役?いつ登場?作曲家「小山田耕三」

「エール」志村けんが演じる役は?日本を代表する作曲家「小山田耕三」

2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」

主人公の音楽家・古山裕一(窪田正孝)と、夫を支えるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の、二人三脚の物語です。

朝ドラ「エール」は音楽家の物語です。「志村けん」さんにオファーがあったのは日本を代表する作曲家・小山田耕三(おやまだこうぞう)役です。

 

(※2020/03/30追記)「志村けん」さんが亡くなられたニュースが入りました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

志村けんさんが「エール」に初登場したのは【第5週】2020年5月1日(金)の放送でした。

 

志村けんさん演じる作曲家・小山田耕三の実在モデルは「山田耕筰」

志村が演じるのは日本を代表する作曲家、小山田耕三役。窪田が幼少期に手に取る作曲学習本の著者として名前が登場するなど、物語にも大きく関わってくる役どころだ。

出典:Yahooニュース

 

志村けんさんが演じるのは、日本を代表する作曲家・小山田耕三(おやまだこうぞう)です。

主人公・古山裕一に影響を与える重要な役です。

また、小山田耕三の実在モデルは、童謡「赤とんぼ」「待ちぼうけ」などを生んだ昭和の名作曲家・山田耕筰(やまだこうさく)さんです。

 

志村けんさんが初登場したのは【第5週】2020年5月1日(金)から

志村けんさんが演じる「小山田耕三」は、【第5週】2020年5月1日(金)に登場しました。

2020年3月25日発売のNHKドラマ・ガイド「エール Part1」に「あらすじ」が掲載されています。

第5週【愛の狂騒曲】

こうして大成功を収めた演奏会は新聞にも取り上げられ、裕一の知らないところで、裕一が尊敬する小山田耕三の耳にも届くことになる。

出典:NHKドラマ・ガイド「エール Part1」P95

 

また【第7週】にも登場しました。

 

第7週【新生活】

裕一はコロンブスレコードのサロンで憧れの小山田耕三に出会った。実は裕一が専属作曲家として契約できたのは、小山田の推薦があったからだった。

出典:NHKドラマ・ガイド「エール Part1」P98


音と結婚した、古山裕一はコロンブスレコードと専属作曲家契約を交わし、2人で上京することになります。

 

裕一が、小山田耕三に直接会ったのは2020年5月11日からの第7週【新生活】でした。

 

志村けんさん演じる小山田耕三の収録シーンは、そのまま放送

朝ドラ『エール』公式ツイッターでは、志村けんさん収録シーンは「そのまま放送させていただく予定です」と発表しています。

 

 

前述しましたが、古山裕一は【第7週】で志村けんさん演じる「小山田耕三」に直接出会うことができました。

※【第7週】以降の登場シーンで、収録が終わっているかは不明です。

 

志村けんさん、初登場時の視聴者の反応は?

志村けんさん演じる、「小山田耕三」が初登場したのは【第5週】2020年5月1日(金)の放送でした。

初登場の視聴者の反応は以下のとおりです。

 

 

 

 

志村けんさんが演じるのは、日本を代表する作曲家ということで、シリアスな役です。

私もアラフォーのドリフ世代です。

小さい頃から、ずっと笑わせて頂いていた志村けんさんが、朝ドラでどんな演技をされるか、目に焼き付けたいと思います。

「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る