エール

「エール」裕一の弟・古山浩二を演じるのは「佐久本宝(さくもとたから)」

「エール」裕一の弟・古山浩二を演じるのは「佐久本宝(さくもとたから)」

2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」

主人公の音楽家・古山裕一(窪田正孝)と、夫を支えるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)の、二人三脚の物語です。

主人公の古山裕一は福島の呉服店「喜多一(きたいち)」の跡取り息子として生まれます。

作曲家を目指す兄・裕一の代わりに家業を次ぐ弟・古山浩二を演じるのが「佐久本宝(さくもとたから」さんです。

 

「佐久本宝」さんのエールの役どころ、代表作やプロフィールを紹介します。

 

主人公の弟・古山浩二(こやまゆうじ)の役どころ

「佐久本宝」さんが演じる、主人公の弟・古山浩二の役どころは、以下の通りです。

責任感が強く、経営が傾く「喜多一」を立て直そうとする。東京へと出ていく兄への反発もあり、福島に残って地元のために奮闘していく。

出典:NHKエール公式HP

 

裕一が音楽家を目指すため、弟の古山浩二が実家の呉服店「喜多一」の跡を継ぐことになります。

 

「佐久本宝」プロフィール、「怒り」で映画デビュー!

主人公・裕一の弟「古山浩二」を演じる「佐久本宝(さくもとたから)」さん。

事務所「ビーストリーム」に所属する役者です。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1988年7月22日
出身 沖縄県
血液型 A型

 

1988年生まれ、沖縄県出身。2016年、映画「怒り」でデビュー。主な出演作に、映画「あの頃、君を追いかけた」、ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」、舞台「銀幕の果てに」など。NHKでは、「甲子園とオバーと爆弾なべ」に出演。

出典:NHKテレビ・ガイド「エールPart1」P30

 


 

「怒り」では1200人のオーディションを勝ち抜き映画初出演、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

「エール」では、どんな演技をみせてくれるでしょうか。

 

「エール」佐久本宝さん登場時の視聴者の反応は?

NHKの朝ドラ第102作「エール」は2020年3月30日スタートです。

佐久本宝さん演じる裕一の弟「古山浩二」は、第3週2020年4月13日から登場しています。

初回登場時の視聴者の反応は以下のとおりです。

 

 

 

映画「怒り」の演技が印象的だった方が多くいらっしゃいました。

「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る