どうする家康 PR

「どうする家康」お市の侍女/阿月は「伊東蒼」が演じる、「小豆袋」の擬人化?

「どうする家康」お市の侍女/阿月は「伊東蒼」が演じる、「小豆袋」の擬人化?

2023年スタートの第62作となるNHK大河ドラマ「どうする家康」

「どうする家康」の主人公・徳川家康を演じるのは「松本潤」さんです。そして、古沢良太さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(徳川家康)は、駿河の大国・今川家の人質として暮らしていた。

1560年(永禄3年)今川義元は、織田領である尾張へ進撃するが、桶狭間で義元が討たれた知らせが届けられる。岡崎城主となり、三河を平定する未熟な家康に次々と訪れる試練!?そして天下統一まで、家康どうするのか?家康の決断を描いていく大河ドラマ。

 

織田信長(岡田准一)の妹・お市(北川景子)の侍女「阿月」演じるのは、「伊東蒼(いとうあおい)」さんが演じます。

 

お市の侍女・阿月(あづき)とは?

浅井長政(大貫勇輔)に嫁いだ、お市(北川景子)の侍女が「阿月(あづき)」です。阿月の地元は金ケ崎(福井県敦賀湾)で、盗みを働いた時にお市に助けられます。

貧しい下級武士の娘。つらい生活を送っていたところを、浅井長政の正室・お市に助けられ、侍女として仕える。越前・朝倉義景と戦うため、織田・徳川軍が金ケ崎に向かう中、「阿月」はお市にあることを申し出る。

 

お市が京都で家康(松本潤)と再会した時、阿月はお市の赤ん坊・茶々を抱っこして登場します。

家康から貴重な金平糖を一粒もらったお市は、「いつもよく働いてくれる礼じゃ」と阿月の口に放り込みます。お市と阿月の信頼関係がよく分かるシーンでした。

その後、お市の夫・浅井長政は信長を裏切ることになりますが・・・謀反を伝える伝令となるのが侍女「阿月」です。

 

「袋の小豆(あずき)」エピソードと阿月(あづき)

「袋の小豆(あずき)」エピソードと阿月(あづき)

浅井長政の裏切りを知った「お市の方」が、信長に両端を結んだ小豆袋(袋の鼠ということを知らせる)を送ったというエピソードがあります。

戦国時代を舞台にしたドラマ・映画では、よく使われる逸話です。

このエピソードは後世の創作と言われていますが、「どうする家康」では「小豆(あずき)」のエピソードと侍女の阿月(あづき)をかけているのでは?擬人化しているのでは?

”あずき”と”あづき”

・・・といった考察が、ツイッター上で見られました。

 

実際に放送された第13話(2023/04/16)「金ケ崎でどうする!」では、阿月は浅井長政の「小谷城」から10里(約40キロ)の道を、「金ケ崎」の家康の元に走り抜けました。

「袋の小豆」のエピソードがアレンジされ、阿月が浅井長政の謀反を伝える伝令となりました。

阿月の走りはツイッター上では「走れメロス」という感想が多かったですが、戦国版「走れメロス」とされるエピソードは「長篠の戦い」でも描かれます。

長篠城攻城戦の密偵として、鳥居強右衛門(岡崎体育)が、岡崎城に命がけで援軍を求めに走ります。

「どうする家康」鳥居強右衛門は「岡崎体育」が演じる、家康に援軍、戦国版「走れメロス」
「どうする家康」鳥居強右衛門は「岡崎体育」が演じる、家康に援軍、戦国版「走れメロス」NHK大河ドラマ「どうする家康」長篠城攻城戦の密使・鳥居強右衛門(とりいすねえもん)は、「岡崎体育(おかざきたいいく)」さんが演じます。鳥居強右衛門の史実、シンガーソングライター「岡崎体育」さんのプロフィールを紹介します。...

 

伊東蒼(いとうあおい)プロフィール

 

「阿月」を演じるのは、「伊東蒼(いとうあおい)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 2005年9月16日
出身地 大阪府

2011年、6歳で「アントキノイノチ 〜プロローグ〜 天国への引越し屋」で子役デビュー。2017年、主演映画「島々清しゃ しまじまかいしゃ 」では花島うみ役を演じ、 第72回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を12歳の若さで受賞。

NHKでは、2021年朝ドラ「おかえりモネ」でヒロイン百音(清原果耶)の職場に現れた、警戒心が強い中学生の女の子・石井あかりを好演していました。

「おかえりモネ」気仙沼編(最終章)出演役者まとめ、市役所職員・FM局員
「おかえりモネ」気仙沼編(最終章)出演役者まとめ、市役所職員・FM局員NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音は気象予報士として東京で働いた後、地元に貢献するため気仙沼・亀島の実家に帰ります。市役所職員・FM局員、漁師など気仙沼編(最終章)に出演する俳優・役者をまとめました。...

 

大河ドラマは「平清盛」に続く、「どうする家康」が2回目の出演です。子役時代から演技力が高く、独特の雰囲気を持つ女優さんです。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「どうする家康」お市の侍女・阿月を演じるのは、「伊東蒼」さんです。

他にも「どうする家康」のキャスト・登場武将・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧
「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演しているキャスト・役者/子役/登場武将・家臣団、制作しているスタッフをまとめました。...
「どうする家康」を動画で見る方法
「どうする家康」を動画で見る方法

大河ドラマ「どうする家康」は、有料の動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見放題です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイントもらえる」ので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。

\ 今すぐ「どうする家康」を見る /

※U-NEXTは2024/03/05時点の情報です。会員登録後に「どうする家康」と検索してください。

DVDをレンタルしてテレビで見たい場合、宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」なら家までDVDを届けてくれます。30日間は無料でお試し可能です。

\ DVDで見るなら /

※TSUTAYA DISCASは2024/01/07時点の情報です。会員登録後に「どうする家康」と検索してください。

※無料お試し期間終了後、通常料金で自動更新となります。お試し期間中は「新作」はレンタル対象外です。