鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」武蔵坊弁慶を演じる・佳久創(かくそう)元ラグビー日本選抜

「鎌倉殿の13人」武蔵坊弁慶を演じる・佳久創(かくそう)元ラグビー日本選抜

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源義経(菅田将暉)の家臣・武蔵坊弁慶を演じるのは、元ラガーマンの俳優「佳久創(かくそう)」さんです。

武蔵坊弁慶の役どころ、そして7人制ラグビー日本選抜メンバーに選ばれた「佳久創」さんのプロフィールを紹介します。

 

義経の家臣・武蔵坊弁慶の役どころ


佳久創さんが演じる、武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)の役どころは以下の通りです。

歴史書「義経記(ぎけいき)」では、紀伊国出身とされるが詳細は不明。怪力で薙刀の使い手と知られる。元は比叡山の僧で、五条大橋で義経と出会い、義経に従い平家と戦い武功を立てる。

さまざまなドラマ、小説でも主人公として描かれることもあり、源平争乱の中でも、有名な登場人物が武蔵坊弁慶です。

義経(菅田将暉)が、兄・頼朝(大泉洋)に追われる身になっても、孤軍奮闘して最後まで運命を共にする。

 

佳久創(かくそう)プロフィール・父親は郭源治

 

武蔵坊弁慶を演じるのは「佳久創(かくそう)」です。7人制ラグビーの日本選抜メンバーでした。

現在は役者として活躍する、佳久創さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日1990年10月28日
出身愛知県
趣味・特技ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE観戦/ベンチプレス(120kg)、グーステップ、歌

元ラグビー選手で、大学在学中に7人制ラグビーの日本選抜メンバーに選ばれる。引退後は俳優として活躍。TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」に里村亮太役で出演。

 

佳久創さんの父親は、中日ドラゴンズで活躍した、台湾出身の元プロ野球選手「郭源治(かくげんじ)」さんです。父・郭源治さんが帰化した時に、「郭」と発音の同じ「佳久」の漢字にしたそうです。

佳久創さんはラグビー選手引退後は、俳優として活躍中です。大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源義経の家臣・武蔵坊弁慶を演じるのは、元ラガーマンの俳優「佳久創」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。