その他のNHK番組

「あぐり」の子供を演じた子役・役者は誰?俳優まとめ【生田斗真も出演】

「あぐり」の子供を演じた子役・役者は誰?俳優まとめ【生田斗真も出演】

NHK連続テレビ小説「あぐり」は1997年4月7日にスタートして10月4日まで全156回放送されたドラマです。

朝ドラ56作目となる「あぐり」のヒロイン・あぐり役は田中美里さんが演じています。あぐりの夫は野村萬斎さん演じる望月エイスケです。

大正から昭和にかけてヒロイン・あぐりが美容師としての情熱を描いた物語です。


 

「あぐり」には、望月エイスケとの間に生まれた3人の子供がいます。子供の成長に合わせてさまざまな子役・俳優が演じています。

長男の淳之介は子役として「生田斗真」さんも出演していました。

今回は、あぐりの子供を演じている役者を【まとめ】ました。

 

あぐりの子供は全員で3人

あぐりに登場する子供は以下の通り、全員で3人です。

  • 望月 淳之介(もちづき じゅんのすけ)※長男
  • 望月 和子(もちづき かずこ)※長女
  • 望月 理恵(もちづき りえ) ※次女

 

あぐりの実在モデルは「吉行あぐり」さんです。昭和から戦後の洋髪美容業界を牽引して、90歳を過ぎても現役美容師でした。

そのため子供も実在モデルいて、それぞれ以下の通りです。

  • 望月 淳之介 ⇒ 小説家の吉行 淳之介さん
  • 望月 和子 ⇒ 女優の吉行 和子さん
  • 望月 理恵 ⇒ 小説家・詩人の吉行 理恵さん

 

ちなみに「あぐり」には実在モデル、原作があるのか?詳細は以下でまとめています。

NHK朝ドラ「あぐり」元ネタ・原作、実在モデルは誰?美容師・吉行あぐり
NHK朝ドラ「あぐり」元ネタ・原作、実在モデルは誰?美容師・吉行あぐりNHK朝ドラ「あぐり」には元ネタ・原作の物語、実在モデルが存在します。ヒロイン・あぐりの実在モデルは美容業界の草分け的存在だった「吉行あぐり」さんです。元ネタ・原作の物語は「吉行あぐり」さんの自伝「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」です。...

 

ヒロイン・あぐりの子供を演じる子役・俳優は以下より紹介していきます。

 

長男・望月淳之介(もちづきじゅんのすけ)を演じる子役・俳優

最初に生まれるのが長男「望月 淳之介(もちづき じゅんのすけ)」です。

望月淳之介を演じたのは以下の役者です。(※数字が小さい方から、成長に合わせて役者が変わっています。)

  1. 鎌田佳祐
  2. 柴田卓也
  3. 生田斗真
  4. 大根田良樹
  5. 山田純大

 


小学生時代の淳之介は、当時12歳だった「生田斗真(いくたとうま)」さんが子役手ビューして、演じています。

「生田斗真」さんが初登場したのは、第97話「受験生の母」からです。

他にも父親が杉良太郎さんの俳優・山田純大(やまだじゅんだい)も出演しています。

 

生田斗真(いくたとうま)は第17週「受験生の母」第97話から出演

小学生時代の淳之介を演じた「生田斗真(いくたとうま)」さんは、第17週「受験生の母」第97話から出演しています。

「生田斗真」さんの出演は第17週のみ、次の週から成長した淳之介は「大根田良樹」さんに変わっています。

 

長女・望月和子(もちづきかずこ)を演じる子役・俳優

2番目に生まれるのが長女「望月 和子(もちづき かずこ)」です。

成長に合わせて演じたのは以下の役者です。

  1. 新穂えりか
  2. 楯真由子
  3. 浜丘麻矢
  4. 馬渕英里何

 


現在も舞台やドラマで活躍する「馬渕英里何」さんも出演していました。

 

次女・望月理恵(もちづきりえ)を演じる子役・俳優

3番目に生まれるのが次女の「望月理恵(もちづき りえ)」です

成長に合わせて演じたのは以下の役者です。

  1. 碇由貴子
  2. 前田未来
  3. 藤原まゆか

 

まとめ

「あぐり」の子供たちも、ドラマの時間の流れに合わせて、さまざまな役者さんが演じていました。「生田斗真」さんも子役として出演していました。

 

【番外編】三浦春馬さんも「あぐり」第31話で子役デビュー

ここまではヒロイン・あぐりの子供を演じた役者を紹介しました。

子供役ではありませんが、当時7歳だった三浦春馬さんが子役デビューしたのもNHK朝ドラ「あぐり」です。

登場したのは第31話「はじめての東京」です。あぐりがエイスケを連れ戻しに岡山から東京へ向かった夜行の車内で遭遇する子どもの役を、三浦春馬さんが演じていました。

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る