ちむどんどん

ちむどんどん原作本/元ネタはある?ヒロイン実在モデルは?若草物語/細雪を参考

ちむどんどん原作本/元ネタはある?ヒロイン実在モデルは?若草物語/細雪を参考

2022年4月11日放送スタートの第106作となるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」

ヒロイン・比嘉暢子(ひがのぶこ)は、黒島結菜(くろしまゆいな)さんが演じています。

2022年の沖縄本土復帰50年を記念した、沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる地方を中心にしたドラマ。沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と、強い絆で結ばれた四人兄妹の「家族」と「ふるさと」のストーリーです。

 

基本的にNHKの朝ドラには参考にしている実在モデルがいる物語が多いです。最近の朝ドラでは「おちょやん」は「浪花千栄子」さん、「エール」では「古関裕而」さんでした。

朝ドラ「ちむどんどん」には、元ネタとなる原作、実話となる物語、ヒロインの実在モデルはいるのでしょうか?

 

実話・原作なし、脚本家「羽原大介」のオリジナル作品

「ちむどんどん」は脚本家「羽原大介(はばらだいすけ)」さんによるオリジナルストーリーです。

以下、NHK公式サイトに一文があります。

原作本はありません。オリジナル作品です。

出典:NHK公式HP

NHKからの公式発表の通り、「ちむどんどん」には実話はなく、原作本もありません。

そのため黒島結菜さん演じるヒロイン・比嘉暢子の、実在モデルはいないと思われます。

ただし、羽原大介さんのオリジナルストーリーですが、取材先などを参考に、ヒロイン像を作り上げた可能性はあります。

 

また、暢子が住むのは沖縄県「やんばる地域」の山原村(やんばるむら)です。「やんばる」とは沖縄県北部の自然が豊かな地域を指す言葉です。

ただし、暢子が暮らす「山原村」という村の名前は実際はないため、ドラマ内の架空の村です。

ちむどんどん・山原村は実在する?やんばる地方(沖縄県北部)とは?
ちむどんどん・山原村は実在する?やんばる地方(沖縄県北部)とは?NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が生まれ育った「やんばる地域」は、沖縄県沖縄本島北部の自然が多く残った地域を指す言葉です。「やんばる地域」は2021年ユネスコ世界自然遺産登録され、希少な生き物が生息します。「やんばる」の観光スポットも紹介します。...

 

原作はないが「若草物語」「細雪」などがモチーフ

「ちむどんどん」はオリジナル作品なので原作はありません。

ただし、NHKドラマ・ガイドの対談記事によると「若草物語」「細雪(ささめゆき)」をヒントにしていることが分かります。

「若草物語」や、「細雪」など、4姉妹を描いた物語もドラマのヒントにしているとお話していましたからね。

NHKドラマ・ガイド「ちむどんどん Part1」P85

 

NHK制作総括・小林さん、脚本家・羽原さん、チーフ演出・木村さん、ヒロイン・黒島結菜さんの対談で、小林さんから上記の発言があります。

「若草物語」は19世紀後半のアメリカを舞台に、マーチ家の四人姉妹を描いた物語。そして「細雪」は、谷崎潤一郎の長編小説で、四人姉妹の日常生活を綴った作品です。

「ちむどんどん」も最初は、4姉妹の設定だったそうです。脚本家・羽原さんの提案により、やんちゃな兄がいたほうが話が転がるので、兄1人と3姉妹家族の物語となりました。

 

企画段階の朝ドラタイトルは「うりずん」

前述の対談インタビュー記事によると、「ちむどんどん」の企画段階でのタイトルは「うりずん」だったそうです。

「うりずん」とは、沖縄県で春から梅雨入りまでの季節、新緑の時期を指す言葉です。

その後、若者たちが「ちむどんどん(わくわくする気持ち)」する物語なので、ストレートに「ちむどんどん」と決まりました。

ちむどんどんタイトルの意味/由来は?サブタイトルは沖縄料理/名産、各週あらすじ
ちむどんどんタイトルの意味/由来は?サブタイトルは沖縄料理/名産、各週あらすじNHK朝ドラ「ちむどんどん」のタイトルは、沖縄の方言で「胸がわくわくする」という意味です。タイトルはヒロインがわくわく・ドキドキを重ねながら、成長していくといったストーリーに由来しています。そして、「ちむどんどん」のサブタイトルには、その週の印象的な沖縄料理・名産が入ります。...

 

「ちむどんどん」の小説・ノベライズ化の可能性あり

「ちむどんどん」には原作本はありませんが、小説化・ノベライズ化される可能性はあります。

ノベライズとは羽原大介さんの脚本をもとに、小説として本が出版されることです。

最近の朝ドラでは「なつぞら」「スカーレット」などが出版されています。

※「ちむどんどん」のノベライズ化情報が出てき次第、更新します!

 

脚本家「羽原大介(はばらだいすけ)」プロフィール

「ちむどんどん」の脚本家・羽原大介さんのプロフィールは以下の通りです。

1964年生まれ。芸能プロダクションのマネージャーを経て演出家つかこうへい氏に師事。日本アカデミー賞では、2006年「パッチギ!」で優秀脚本賞、07年「フラガール」で最優秀脚本賞を受賞。NHKでは、連続テレビ小説「マッサン」、「母さんへ」「オヤジバトル!」「とんび」「かすてぃら」「そんじょそこらの商店街」「昭和元禄落語心中」「こもりびと」などを執筆。

出典:NHKドラマガイド「ちむどんどん Part1」P99


日本大学芸術学部では、「よしもとばなな」さんと同期です。大学時代に見た、つかこうへいさんの舞台「ストリッパー物語」を見て、芝居に興味を持ち脚本家デビューしています。

羽原大介さんが朝ドラを手掛けるのは、「マッサン」に続いて、「ちむどんどん」が2作目となります。

また、「マッサン(2014年)」の主人公・亀山政春(玉山鉄二)には実在モデルがいて、ニッカウヰスキーの創業者「竹鶴政孝」さんが実在モデルでした。

朝ドラ「マッサン」原作本/元ネタはある?ヒロイン/エリーの実在モデルは?
朝ドラ「マッサン」原作本/元ネタはある?ヒロイン/エリーの実在モデルは?NHK朝ドラ「マッサン」の主人公・亀山政春(玉山鉄二)の実在モデルは、ニッカウヰスキーの創業者「竹鶴政孝」さんです。そしてヒロイン・亀山エリー(シャーロット)は、その妻・リタです。「マッサン」は脚本家「羽原大介」さんによるオリジナルストーリーです。...

 

「ちむどんどん」は成長していく四人兄妹の物語

脚本家・羽原大介さんは、「ちむどんどん」について以下のようにインタビューに答えています。

「ちむどんどん」は、ヒロインとその兄弟たちの家族の物語です。4兄弟は人生の壁にぶつかったり恋愛に悩んだりしなががら成長していきます。

出典:NHKドラマガイド「ちむどんどん Part1」P98

 

「ちむどんどん」のヒロインは、黒島結菜さん演じる比嘉暢子です。四人兄妹を演じるのは以下の通りです。

  • 暢子の兄・比嘉賢秀(竜星涼)
  • 暢子の姉・比嘉良子(川口春奈)
  • 四兄妹の次女・比嘉暢子(黒島結菜)
  • 暢子の妹・比嘉歌子(上白石萌歌)

「ちむどんどん」は上記の四人兄妹が、人生に悩み、成長していく、家族のストーリーです。

「ちむどんどん」比嘉家【家系図・血縁関係】父母/四姉妹を演じる役者一覧
「ちむどんどん」比嘉家【家系図・血縁関係】父母/四姉妹を演じる役者一覧NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の比嘉家の【家系図・血縁関係】ファミリーツリーを紹介します。そして物語の中心となる四人兄妹など比嘉ファミリーを演じる役者を一覧にしました。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」は脚本家「羽原大介」さんによるオリジナルストーリーです。ただし、モチーフにしているのは「若草物語」「細雪」などです。

「ちむどんどん」はNHK公式から発表がある通り、実話はなく原作もありません。そのため黒島結菜さん演じるヒロイン・比嘉暢子の実在モデルはいません。

 

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「エール」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。