ブギウギ PR

「ブギウギ」日宝社長・大林林太郎は「利重剛」が演じる、東宝がモデル

「ブギウギ」日宝社長・大林林太郎は「利重剛」が演じる、東宝がモデル

2023年10月2日放送スタート、第109作となるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」

ヒロイン・福来スズ子(花田鈴子)は、「趣里(しゅり)」さんが演じます。「ブギウギ」のあらすじは、以下の通りです。

大正の終わり、大阪・下町の小さな銭湯の看板娘・花田鈴子は、歌って踊るのが大好きな天真爛漫な女の子。鈴子は「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団。生まれ故郷・香川への思い、大阪の華やかなステージ、そして夢を追いかけ東京へ・・・“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていくヒロインの物語。

 

人気者となったスズ子は、自身が所属する「梅丸」から「日宝」への移籍を誘われます。

「梅丸」のライバル会社・日宝の社長「大林林太郎」を演じるのは、「利重剛(りじゅう・ごう)」さんです。

 

日宝の社長「大林林太郎」とは?梅丸のライバル会社


スズ子(趣里)は初恋の人・松永大星(新納慎也)に、「梅丸」から「日宝」への移籍を誘われます。

「梅丸」のライバル会社、日宝の社長「大林林太郎」はスズ子の才能に惚れ込んでいて、「梅丸」より1.5倍も高い月給を提示します。

 

スズ子が所属する「梅丸」のモデルは「松竹」、そして「日宝」のモデルは「東宝」です。

実際にスズ子のモデル・笠置シヅ子さんには、東宝への引き抜き騒動が起こっています。「東宝移籍問題」の史実と詳細については、以下でまとめています。

「ブギウギ」スズ子の日宝引き抜き騒動とは?東宝への移籍問題を史実から紹介
「ブギウギ」スズ子の日宝引き抜き騒動とは?東宝への移籍問題を史実から紹介NHK朝ドラ「ブギウギ」福来スズ子の日宝移籍問題(引き抜き)について、スズ子のモデル・笠置シヅ子さんの「東宝移籍問題」の史実を基に紹介します。...

 

日宝社長のモデルは東宝・社長「吉岡重三郎」か?

「ブギウギ」日宝社長のモデルは東宝・社長「吉岡重三郎」か?

「東宝」は、1932年(昭和7年)に阪神電鉄の創業者・小林一三によって設立されます。

小林一三は前作「らんまん」に、寿恵子(浜辺美波)の待合茶屋「山桃」の客として登場していました。(「らんまん」で小林一三を演じたのは「海宝直人」さん)

当時の会社名は「(株)東京宝塚劇場」です。1943年に「東宝映画(株)」を合併し、社名を「東宝(株)」に改称しています。

 

「ブギウギ」でスズ子の「日宝移籍問題」が起きるのは、1939年(昭和14年)です。

その頃「東京宝塚劇場(後の東宝)」の社長は、初代・小林一三から後を引き継いだ2代目「吉岡重三郎(よしおか・じゅうさぶろう)」です。

そのため日宝の社長「大林林太郎」のモデルは、1939年に社長だった「吉岡重三郎」と考えられます。(※あくまで推測なのでご了承ください)

「吉岡重三郎」の略歴は以下の通りです。

阪急阪神東宝グループの創業者・小林一三の片腕として40年以上仕える。1937年(昭和12年)5月8日に小林一三の後を継いで(株)東京宝塚劇場社長に就任。

「宝塚歌劇団」においては、理事長、副会長、会長を歴任。2014年、「宝塚歌劇の殿堂」最初の100人のひとりとして殿堂表彰される。

※朝ドラ「ブギウギ」はモデルの実話をエピソードにしている場合もありますが、フィクションとして制作されたオリジナル作品です。

 

利重剛プロフィール、母親は「マー姉ちゃん」の脚本家

 

日宝の社長「大林林太郎」を演じるのは、映画監督としても活躍する「利重剛(りじゅう・ごう)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1962年7月31日
出身 神奈川県横浜市

1981年、映画監督として自主製作映画「教訓Ⅰ」が、ぴあフィルムフェスティバルで入選。1996年、映画「BeRLiN」で日本映画監督協会新人賞を受賞、そして2001年「クロエ」はベルリン映画祭に出品される。役者としてもドラマ「ハゲタカ」「インハンド」「凪のお暇」「アバランチ」などに出演。

 

利重剛さんは映画監督として活躍するだけでなく、役者としても数多くの作品に出演しています。

また、利重剛さんの母親はTBSドラマ「金八先生シリーズ」を担当した脚本家・小山内美江子さんです。朝ドラ「マー姉ちゃん」の脚本も担当していました。

利重剛さんがNHK朝ドラに出演するのは、「マー姉ちゃん」「やんちゃくれ」「とと姉ちゃん」「ちむどんどん」に続く、「ブギウギ」が5回目の出演になります。

「ちむどんどん」ではヤクザの親分・権田正造を演じていたのが、記憶に新しいところです。

ちむどんどん権田興業ヤクザの親分/権田正造は「利重剛」が演じる、フォンターナ危機
ちむどんどん権田興業ヤクザの親分/権田正造は「利重剛」が演じる、フォンターナ危機NHK朝ドラ「ちむどんどん」権田興業の親分・権田正造(ごんだしょうぞう)を演じるのは「利重剛(りじゅうごう)」さんです。権田正造の役どころ、利重剛さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「ブギウギ」スズ子が移籍を誘われる日宝の社長・大林林太郎を演じるのは「利重剛」さんです。

他にも「ブギウギ」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「ブギウギ」キャスト一覧、登場人物の【相関図】、スタッフまとめ
「ブギウギ」キャスト一覧、登場人物の【相関図】、スタッフまとめNHK朝ドラ「ブギウギ」に出演するキャスト、登場人物、スタッフを一覧にして紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「虎に翼」から過去作「ブギウギ」「らんまん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/04/03時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。