その他のNHK番組

「マー姉ちゃん」元ネタ・原作、実在モデルは誰?サザエさん長谷川町子の姉

「マー姉ちゃん」元ネタ・原作、実在モデルは誰?サザエさん長谷川町子の姉

NHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」は1979年4月2日にスタートして9月29日まで全156回放送されたドラマです。

※2021年9月27日(月)よりBSプレミアム(BS4K)で毎週(月)~(土)午前7時15分から再放送されています。

 

朝ドラ第23作目となる「マー姉ちゃん」のヒロイン・磯野マリ子役は熊谷真実さんが演じています。

熊谷真実さん演じる長女の磯野マリ子が、母、姉妹4人の家族を支え、第二次世界大戦を乗り越え、戦後、「サザエさん」の生みの親となる妹・マチ子(田中裕子)を世に送り出すまでを描いた物語です。

 

「マー姉ちゃん」の元ネタ、実在モデルは「サザエさん」を生み出した長谷川町子さんのお姉さん「長谷川毬子(はせがわまりこ)」さんです。

 

「マー姉ちゃん」の元ネタ・原作は「サザエさんうちあけ話」

 

「マー姉ちゃん」の家族が博多弁・福岡住まいの理由

「サザエさん一家」が住んでいるのは「東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目」とうい設定です。

長谷川家が実在モデルとなっている「マー姉ちゃん」の磯野家が、福岡に住んでいて、福岡弁なのが気になります。

実は「サザエさん」さんを生み出しだ長谷川町子さんの一家は、もともとの生まれは佐賀県出身で幼少期に福岡に引っ越し、長谷川町子さんは福岡の女学校に通います。

そのためドラマ開始直後は、磯野家は福岡住まいで博多弁を話しています。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のドラマの内容の通り、父親が亡くなったことにより、一家揃って上京することになります。

 

ドラマの中の「姉妹出版」のモデルは「姉妹社」

田河水泡に弟子入りして漫画家デビューした長谷川町子さんは、「サザエさん」の単行本出版のため、姉の毬子さんなどと一緒に「姉妹社(しまいしゃ)」を立ち上げます。

「マー姉ちゃん」のドラマ内では「姉妹出版」と名前が少し変わってます。

「姉妹社」は長谷川町子さんの「サザエさん」の漫画著書を専門に取り扱っていて、著作権管理を行っていました。長谷川町子さんが亡くなったり、姉・毬子さんの高齢などの理由により「姉妹社」は1993年に解散となっています。

 

 

姉妹社版の「サザエさん」は絶版となっていますが、長谷川町子さんの生誕100年記念して、復刊版が販売されています。

 

 

まとめ

朝ドラ「マー姉ちゃん」の実在モデルは、サザエさんを生んだ・長谷川町子さんのお姉さん「長谷川毬子」さんです。

原作は長谷川町子さんの自伝「サザエさんうちあけ話」です。

 

NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る