鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」陳和卿(ちんなけい)は「テイ龍進」が演じる、宋の技術者

「鎌倉殿の13人」陳和卿(ちんなけい)は「テイ龍進」が演じる、宋の技術者

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

東大寺の再興に尽力した宋の技術者・陳和卿(ちんなけい)を演じるのは、「テイ龍進 (ていりゅうしん)」さんです。

 

陳和卿(ちんなけい)の役どころ、東大寺の大仏・大仏殿の再興

焼失した東大寺の大仏、大仏殿の再興に尽力した宋の技術者が「陳和卿(ちんなけい)」です。

陳和卿の史料は少なく生没年不詳です。鎌倉時代に日本で活動した中国・南宋出身の技術者です。


陳和卿は「鎌倉殿の13人」では第24話(2022/6/19)に初登場します。

東大寺の大仏、大仏殿の再興の最大の支援者は、源頼朝でした。ところが、上京した源頼朝(大泉洋)に対して「頼朝は殺生を重ねた大悪人」として、陳和卿は会うことを拒否しています。

そして第42話(2022/11/6)3代目鎌倉殿・源実朝(柿澤勇人)の時代、建保4年(1216年)6月、源仲章(生田斗真)が陳和卿を鎌倉に連れて来ます。

実朝は陳和卿と会ったことをキッカケに渡宋を思い立ち、陳和卿に唐船の建造を命じることになります。

造船は鎌倉御家人の負担があまりにも大きく、「鎌倉殿の13人」では、後鳥羽上皇(尾上松也)が仕掛けた陰謀として描かれます。詳細は以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」源実朝の唐船建造とは?誰の陰謀?陳和卿が夢を当てる
「鎌倉殿の13人」源実朝の唐船建造とは?誰の陰謀?陳和卿が夢を当てるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42話(2022/11/6)では、実朝の唐船建造計画が持ち上がります。誰の陰謀?陳和卿とは?ドラマ内での「唐船建造計画」について解説します。...

 

テイ龍進(ていりゅうしん)プロフィール、中国語も堪能

宋の技術者・陳和卿を演じるのは、「テイ龍進(ていりゅうしん)」さんです。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1973年1月10日
出身 兵庫県
特技 テニス(USフロリダ)コンソレトーナメント優勝、料理
資格 調理師免許

台湾人の父と、日本人の母の間に生まれる。2007年、映画「キネマの大地(紀録黎明)」で日本生まれの華僑を演じ、注目を集める。主な出演作に「スマグラー」「禅 ZEN」「図書館戦争」など。

 

台湾人の父親を持つ「テイ龍進」さんは、中国語も堪能な俳優です。「鎌倉殿の13人」でも中国・南宋出身の技術者・陳和卿を演じ、中国語を披露していました。

NHKでは2022年、「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」にも出演しています。大河ドラマは「鎌倉殿の13人」が、初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」東大寺の再興に尽力した宋の技術者・陳和卿を演じるのは、「テイ龍進 」さんです。

源実朝は陳和卿と会ったことをキッカケに唐船の建造を計画します。

他にも「鎌倉殿の13人」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧
「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を制作しているスタッフ、出演キャスト・子役、登場人物・御家人(武将)をまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。