鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」頼朝の長女/大姫を演じる南沙良、幼少期は落井実結子/難波ありさ

「鎌倉殿の13人」頼朝の長女/大姫を演じる南沙良、幼少期は落井実結子/難波ありさ

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)と、北条政子(小池栄子)の間に生まれる長女が大姫(おおひめ)です。

幼少期の大姫を演じる子役は初代「難波ありさ(なんばありさ)」さん、「落井実結子(おちいみゆこ)」さん、そして成長した大姫を演じるのは「南沙良(みなみさら)」さんです。

 

悲劇の姫、大姫(おおひめ)の役どころ

落井実結子さん、南沙良さんが演じる大姫は、頼朝と政子の愛娘で、主人公・義時(小栗旬)の姪になります。役どころは以下の通りです。

流人時代の頼朝と政子の間に生まれる。大姫が6歳のときに人質として鎌倉に送られてきた木曽義高と婚約。大姫は眉目秀麗で清廉潔白な義高をたちまち好きになる。のちに頼朝は義高の父・義仲と対立。弟らに義仲を討たせる。頼朝が義高の命も狙っていると知った大姫は、なんとか義高を助けたいと願う。

出典:NHK大河ドラマ・ガイド「鎌倉殿の13人」前編 P31

 

頼朝と政子の間に生まれ可愛がられた大姫は、木曽義仲(青木崇高)の嫡男・木曽義高(市川染五郎)と婚約することになります。

その後、義高の父・木曽義仲と、大姫の父・源頼朝の対立が、大姫にとっては悲劇の始まりとなってしまいます。

また、大姫の弟となる頼朝の嫡男・源頼家を演じるのは金子大地さんです。

「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真
「鎌倉殿の13人」源頼朝の嫡男/頼家(万寿)を演じる金子大地、子役は鳥越壮真NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝と北条政子の間に産まれる嫡男・源頼家を演じるのは「金子大地(かねこだいち)」さんです。幼少期の万寿を演じる子役は「鳥越壮真(とりごえそうま)」さんです。悲劇の鎌倉幕府2代将軍・源頼家の役どころ、金子大地さん、鳥越壮真さんのプロフィールを紹介します。...

 

源頼朝と北条政子の娘・大姫を演じる「南沙良(みなみさら)」

源頼朝と北条政子の娘・大姫を演じのは女優・モデルとして活躍する「南沙良(みなみさら)」さんです。

「南沙良」さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日2002年6月11日
出身東京都
趣味読書、アニメ鑑賞、ゲーム

第18回ニコラモデルオーディションのグランプリを受賞、その後同誌専属モデルを務める。女優としては、映画「幼な子われらに生まれ」(2017年/三島有紀子監督)に出演し、デビュー作ながらも、報知映画賞、ブルーリボン賞・新人賞にノミネート。
(中略)
2021年は3月5日公開の映画「太陽は動かない」(羽住英一郎監督)、2021年ドラマTBS「ドラゴン桜」第2シリーズに出演。江崎グリコ「ポッキー」、「キリン 午後の紅茶」イメージキャラクター。ソフトバンク「SoftBank学割」CMキャラクター。

出典:ザテレビジョンHP

 

NHK大河ドラマには初出演となります。

 

幼少期の大姫を演じる子役・落井実結子(おちいみゆこ)

 

幼少期の大姫を演じるのは「落井実結子(おちいみゆこ)」さんです。事務所はギュラ・キッズに所属する子役です。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日2014年3月14日

【ドラマ出演歴】

  • NHK総合「大河ドラマ 鎌倉殿の13人」第11回~ 大姫役
  • フジテレビFOD「私の正しいお兄ちゃん」木崎理世役(少女時代) セミレギュラー
  • EX「金曜ナイトドラマ あのときキスしておけば」第2話 唯月巴役(幼少)役
  • TX「水ドラ25 ラブコメの掟」第1話 九条瑠璃役(幼少)
  • EX「土曜ナイトドラマ モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」第1話 大山菜々役
  • NHK総合「特集ドラマ 少年寅次郎スペシャル」車さくら役
  • TX「ドラマ24 あのコの夢をみたんです。」第11話
  • NHK-BS「BS時代劇 赤ひげ3」最終回 お涼役
  • TBS「火曜ドラマ この恋あたためますか」第6話・最終話 神子茉由役
  • TBS「火曜ドラマ この恋あたためますか」第1話 井上樹木(幼少)役

出典:ギュラ・キッズ公式HPから抜粋

 

NHKのドラマでは「おいしい刑事」「少年寅次郎」などに出演、NHK大河ドラマは初出演になります。

2020年放送、TBSドラマ「この恋あたためますか」で見覚えのある方も多いかもしれません。

 

初代・大姫を演じる子役/難波ありさ(なんばありさ)

 

最初の大姫を演じるのは「難波ありさ(なんばありさ)」さんです。「ホリプロ・インプルーブメントアカデミー」に所属する子役です。

「ホリプロ・インプルーブメントアカデミー」はホリプロが開設したジュニアタレント・赤ちゃんモデル・シニアタレントなどを育成している養成所です。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、源頼朝と北条政子の間に生まれる長女が大姫(おおひめ)です。

幼少期の大姫を演じる子役は「難波ありさ」さん、「落井実結子」さん、そして成長した大姫を演じるのは「南沙良」さんが悲劇の姫役を演じています。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。