鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」稲毛重成の妻/あき(稲毛女房)は「尾碕真花」が演じる

「鎌倉殿の13人」稲毛重成の妻/あき(稲毛女房)は「尾碕真花」が演じる

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

北条時政(坂東彌十郎)の娘であり、義時(小栗旬)の異母妹・あき(稲毛女房)を演じるのは、「尾碕真花(おさきいちか)」さんです。

あきは、稲毛重成(村上誠基)の妻です。稲毛重成は、北条時政にとって娘婿になります。

 

稲毛重成(村上誠基)の妻・あき(稲毛女房)の役どころ


尾碕真花さんが演じる「あき(稲毛女房)」は、北条時政(坂東彌十郎)の娘であり、義時(小栗旬)の異母妹です。

武蔵国の豪族・稲毛重成(村上誠基)の妻になります。

歴史的には稲毛重成の妻となったため、稲毛女房と呼ばれます。北条時政にとって、稲毛重成は娘婿にあたります。

あきは重成との間に一男一女を産みますが、病気で1195年に亡くなります。重成は妻が亡くなった悲しみで、出家することになります。

 

稲毛女房の供養のための橋で、頼朝が命を落とす?

出家した重成は相模川近くに寺堂を建て、妻・あきのために橋(相模川橋脚)を掛けます。

この橋の落成供養に参加した源頼朝が、その帰路に落馬して翌年に命を落とた言い伝えがあります。

 

尾碕真花(おさきいちか)プロフィール

 

稲毛重成の妻・あき(稲毛女房)を演じるのは「尾碕真花(おさきいちか)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 2000年12月2日
出身 高知県
趣味 絵を描くこと

2012年「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞してデビュー。アイドルグループ・X21の元メンバー。2019年スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でリュウソウピンク/アスナ役を演じる。

 

2012年、「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞して、芸能界デビューを果たします。

尾碕真花さんは、NHK大河ドラマには「鎌倉殿の13人」が初出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」北条時政の娘であり、義時の異母妹・あき(稲毛女房)を演じるのは「尾碕真花」さんです。

武蔵国の豪族・稲毛重成の妻でもあります。

また、同じく北条時政の娘で義時の異父妹、畠山重忠の妻・ちえを演じるのは「福田愛依」さんです。

「鎌倉殿の13人」畠山重忠(中川大志)の妻/ちえは福田愛依が演じる、義時の異母妹
「鎌倉殿の13人」畠山重忠(中川大志)の妻/ちえは福田愛依が演じる、義時の異母妹NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」畠山重忠(中川大志)の妻・ちえを演じるのは「福田愛依(ふくだめい)」さんです。北条時政(坂東彌十郎)の娘であり、義時(小栗旬)の異母妹です。ちえの役どころ、福田愛依さんのプロフィールを紹介します。...

 

他にも「鎌倉殿の13人」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧
「鎌倉殿の13人」キャスト/子役/登場人物・御家人(武将)、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を制作しているスタッフ、出演キャスト・子役、登場人物・御家人(武将)をまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。