光る君へ PR

「光る君へ」長徳の変とは?花山院に矢を射かけ伊周が左遷、道長が政権を掌握

「光る君へ」長徳の変とは?花山院に矢を射かけ伊周が左遷、道長が政権を掌握

2024年1月7日スタートの第63作となるNHK大河ドラマ「光る君へ」

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じるのは「吉高由里子」さんです。そして、大石静さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安時代(10世紀後半)に、千年の時を超える恋愛長編小説「源氏物語」を書き上げた女性・紫式部/まひろ(吉高由里子)の物語。

紫式部/まひろは藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏(光る君)のストーリーを紡いでゆく。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く大河ドラマ。

 

「光る君へ」の第19話(2024/05/12)から、「長徳の変(ちょうとくのへん)」が描かれます。

「長徳の変」の歴史上の事実について紹介します。

 

長徳の変(ちょうとくのへん)の史実とは?藤原道長が政権を掌握

光る君へ「長徳の変(ちょうとくのへん)」の史実とは?藤原道長が公家の頂点に

「長徳の変(ちょうとくのへん)」は、長徳元年(995年)4月10日の藤原道隆の死後に起きた政変です。

「長徳の変」は「花山院闘乱事件(かざんいんとうらんじけん)」とも呼ばれます。「長徳の変」の歴史的な事実は以下の通りです。

 

「長徳の変」の内容

藤原伊周は道長の昇進を妨害するが失敗。道長が右大臣に昇進すると、道長と伊周の権力争いが激化します。

995年、伊周が勘違いして「花山法皇」に矢を射かける事件が発生。これを藤原道長が利用、藤原道隆の一族(中関白家)が、朝廷から排斥されることになります。

 

「長徳の変」が起きた経緯、伊周が花山法皇に矢を射かけた理由

藤原伊周は、たびたび三の君・藤原光子のもと通っており、同じ時期に花山法皇は、「三の君」と同じ屋敷に住む「四の君」に通っていました。

伊周は「三の君」に自分と違う男が通っていると勘違いし激怒、従者の武士を連れて法皇の一行を襲い、法皇の衣の袖を弓で射抜く事件を起こします。

 

藤原道長が事件を利用して、公家の頂点に

伊周が起こした事件を、政敵の藤原道長が利用、伊周を含む弟の隆家など中関白家が処分されます。

「長徳の変」により藤原道長が摂関政治の頂点に立ち、以後、道長の子孫が長期間にわたり政権を掌握します。

 

「光る君へ」長徳の変は第19話、第20話で描かれる、関連人物紹介

「光る君へ」長徳の変は第19話、第20話で描かれる、関連人物紹介

大河ドラマ「光る君へ」では「長徳の変」は、第19話、第20話に描かれます。

「光る君へ」第20話【望みの先に】のあらすじは、以下の通りです。

第20話「望みの先に」あらすじ

為時(岸谷五朗)が淡路守に任命され、惟規(高杉真宙)、いと(清川清順)も大喜び。しかしまひろ(吉高由里子)は、宋の言葉を解する父は越前守の方が適任だと考え…。一方内裏では、花山院(本郷奏多)の牛車に矢を放った一件で、一条天皇(塩野瑛久)が伊周(三浦翔平)と隆家(竜星涼)に厳しい処分を命じた。さらに、定子(高畑充希)は兄弟の不祥事により、内裏を出ることを命じられる。絶望のふちに立った定子は…

 

「寛和の変」に関連する主な登場人物と、演じる役者は以下の通りです。それぞれの人物の詳細は、リンク先をチェックしてください。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「光る君へ」、第19話【放たれた矢】から「長徳の変」が描かれます。

他にも「光る君へ」のキャスト・登場人物・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧
「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャスト・登場人物・子役、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「光る君へ」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイント」もらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「どうする家康」「鎌倉殿の13人」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/05/16時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。会員登録に「光る君へ」と検索してください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。