光る君へ PR

「光る君へ」長男・藤原道隆は「井浦新」が演じる、道長の長兄

「光る君へ」長男・藤原道隆は「井浦新」が演じる、道長の長兄

2024年1月7日スタートの第63作となるNHK大河ドラマ「光る君へ」

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じるのは「吉高由里子」さんです。そして、大石静さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安時代(10世紀後半)に、千年の時を超える恋愛長編小説「源氏物語」を書き上げた女性・紫式部/まひろ(吉高由里子)の物語。

紫式部/まひろは藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏(光る君)のストーリーを紡いでゆく。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く大河ドラマ。

 

平安時代中期に最高権力者となる道長(柄本佑)の長兄・藤原道隆は、「井浦新(いうら・あらた)」さんが演じます。

 

藤原道隆(ふじわらの・みちたか)とは?兼家の嫡男

「光る君へ」藤原道隆(ふじわらの・みちたか)とは?兼家の嫡男

藤原兼家(段田安則)時姫(三石琴乃)の長男が、「藤原道隆(ふじわらの・みちたか)」です。

「光る君へ」の、もう一人の主人公・藤原道長(柄本佑)の長兄にあたります。藤原道隆の史実は、以下の通りです。

953年、父・藤原兼家の嫡男として生まれる。

986年、「寛和の変(花山天皇退位事件)」で父・兼家の意を受けて宮中で活動。妹・詮子の息子「一条天皇」が即位後、急速に朝廷で力を持つ。

娘・定子を入内させ中宮とし、990年、父・兼家が亡くなると、後を継いで「関白」となる。

5年ほど朝廷の権力者として政治を主導するが病に倒れ、嫡男・藤原伊周を「関白」の後継ぎにしようと画策するが失敗。995年、病気により亡くなる(享年43歳)

 

「光る君へ」では、才色ともに優れており、上品さ、明るさをも兼ね備えた、申し分のない兼家の跡継ぎを「井浦新」さんが演じます。

また、藤原道隆など兄弟の道綱・道兼・道長などの家系図は、以下で紹介しています。

「光る君へ」藤原道長、紫式部の【家系図】身分の違いは?
「光る君へ」藤原道長、紫式部の【家系図】身分の違いは?NHK大河ドラマ「光る君へ」藤原道長(柄本佑)と紫式部(吉高由里子)の家系図、家族一覧をまとめました。また、藤原道長は藤原氏の名門、紫式部は藤原一門ですが下級貴族出身です。...

 

井浦新(いうら・あらた)プロフィール


藤原道隆を演じるのは、「井浦新(いうら・あらた)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1974年9月15日
出身 東京都

スカウトされモデルとして芸能活動を開始。1998年、是枝裕和監督作「ワンダフルライフ」の主演で俳優デビュー。2002年、映画「ピンポン」のスマイル役で注目を集める。

2012年まで「ARATA」名義、その後は本名「井浦新」として活動。主な出演ドラマ「アンナチュラル」「最愛」、映画は「ゴールデンカムイ」など。

 

「井浦新」さんは、過去にはNHK「日曜美術館」のMCを担当していました。NHK朝ドラは「なつぞら」に出演、大河ドラマは「平清盛」に続く、「光る君へ」が2回目の出演になります。

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じる「吉高由里子」さんは、ツイッター(X)上で、2008年の映画「蛇にピアス」で共演してから、「家族のような戦友のような支えになってる心友」と、「井浦新」さんを紹介しています。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「光る君へ」道長の長兄・藤原道隆は、「井浦新」さんが演じます。

他にも「光る君へ」のキャスト・登場人物・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧
「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャスト・登場人物・子役、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「光る君へ」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイント」もらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「どうする家康」「鎌倉殿の13人」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/01/15時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。会員登録に「光る君へ」と検索してください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。