らんまん PR

「らんまん」井上順は何役?渋谷・弘法湯の主人「佐藤弘」を演じる

「らんまん」井上順は何役?渋谷・弘法湯の主人「佐藤弘」を演じる

2023年4月3日放送スタートの第108作となるNHK連続テレビ小説「らんまん」

主人公の植物学者・槙野万太郎(まきのまんたろう)は「神木隆之介」さん、ヒロイン・寿恵子(すえこ)は「浜辺美波」さんが演じます。あらすじは、以下の通りです。

江戸時代末期の高知県、酒造業を営む商家に待望の男の子・槙野万太郎が誕生。虚弱な子どもだが、植物のことが大好き。両親を早くに亡くした万太郎は祖母・タキの手で育てられる。幕末から昭和にかけ、愛する植物のため「日本独自の植物図鑑を編纂する」夢へと邁進する。

詳細はこちら>>各週のあらすじ・見所

 

寿恵子は新しい商売を始めるために、渋谷で待合茶屋「山桃」を開店します。

寿恵子が渋谷で出会う弘法湯の主人「佐藤弘」を演じるのは、「井上順(いのうえじゅん)」さんです。

 

弘法湯の主人「佐藤弘」第115話(2023/9/8)から登場

寿恵子(浜辺美波)にビジネスの才覚を感じた叔母・笠崎みえ(宮澤エマ)は「渋谷で商売を始めないか?」と提案します。

寿恵子は渋谷を観察して、いろんな人々に出会い魅力を感じます。渋谷で出会う一人が、弘法湯の主人「佐藤弘(さとうひろし)」です。

 

寿恵子は、新しい商売として渋谷に待合茶屋「山桃(ヤマモモ)」を開店します。

「らんまん」待合茶屋とは?寿恵子は渋谷に「山桃」を開店
「らんまん」待合茶屋とは?寿恵子は渋谷に「山桃」を開店NHK朝ドラ「らんまん」寿恵子(浜辺美波)が始めた商売「待合茶屋」とは何なのか?紹介します。また、寿恵子の実在モデル・小澤寿衛子さんも実際に「待合」を商売として始めています。 ...

 

「らんまん」第115話は、以下のあらすじです。

「らんまん」第115話(2023/09/08)

再度、渋谷へ向かった寿恵子(浜辺美波)。弘法湯で身を清めてお参りに行く人に出会ったり、茶屋で出されたボーロに感動したり、芸者たち(入山法子・実咲凜音)の話を聞いて、渋谷の町に魅了されていく。そして、弘法湯の佐藤(井上順)、荒谷(芹澤興人)らを座敷に呼んだ寿恵子は、この町で人と人をつなぐ待合茶屋を開きたいと伝える。

出典:NHK番組表

 

井上順さん演じる弘法湯の主人「佐藤弘」は、第115話(2023/09/08)から登場します。

他にも寿恵子が渋谷で出会うのが、居酒屋店主・荒谷佐太郎です。荒谷を演じるのは名バイプレイヤー「芹澤興人」さんです。

「らんまん」渋谷の居酒屋店主・荒谷佐太郎は「芹澤興人」が演じる
「らんまん」渋谷の居酒屋店主・荒谷佐太郎は「芹澤興人」が演じるNHK朝ドラ「らんまん」寿恵子(浜辺美波)が渋谷で出会う居酒屋店主・荒谷佐太郎を演じるのは、「芹澤興人(せりざわたてと)」さんです。荒谷佐太郎の役どころ、演じる芹澤興人さんのプロフィールを紹介します。...

 

また、寿恵子が経営する「山桃」を手伝う弘法の湯・下男「迅助(じんすけ)」は、「武井壮」さんが演じています。

「らんまん」武井壮が出演!「迅助」を演じる、山桃を手伝う弘法の湯・下男
「らんまん」武井壮が出演!「迅助」を演じる、山桃を手伝う弘法の湯・下男NHK朝ドラ「らんまん」に、タレント・武井壮(たけいそう)さんがゲスト出演。寿恵子が経営する「山桃」を手伝う弘法の湯・下男「迅助(じんすけ)」を演じます。...

 

「弘法湯(こうぼうのゆ)」とは?過去に渋谷に実在

「らんまん」「弘法湯(こうぼうゆ)」とは?過去に渋谷に実在

「弘法湯(こうぼうのゆ)」は江戸時代の文献にも出てくる、実在した共同浴場です。明治18年(1885年)に「佐藤豊蔵」さんが経営権を譲り受け、風呂屋として発展しています。

「らんまん」に登場する人物も、「佐藤豊蔵」さんがモデルかと思います。(※あくまで推測なので、ご了承ください)

弘法湯は1976年に閉店、現在は渋谷区神泉町に「弘法大師 右神泉湯道」と刻まれた石碑が立っており、この辺りに「弘法湯」があったそうです。

京王電鉄井の頭線「神泉」駅から降りてすぐ、ローソンのそばに「石碑」があります。

現在の地名にも名残が残っている渋谷「神泉(しんせん)」は、宇田川へ合流する湧水が存在して、弘法大師(空海)の開湯伝説もありました。

 

「弘法湯」の近くにある「森巌寺」で灸を据えた帰りに浸かると、御利益があるとして有名となりました。明治20年(1887年)頃、弘法湯に芸者屋「宝屋」が開業し、円山町と共に花街として栄えたそうです。

※朝ドラ「らんまん」はモデルの実話をエピソードにしている場合もありますが、フィクションとして制作されたオリジナル作品です。

 

井上順プロフィール、渋谷生まれ渋谷育ち


弘法湯の主人「佐藤弘」を演じるは、「井上順(いのうえじゅん)」さんです。井上順さんは、東京都渋谷育ちです。

井上順さんの新聞のインタビュー記事によると、幼少期は「神泉・円山町に一歩足を踏み入れると、昼間から三味線を練習する音が聞こえた」そうです。昭和の時代は、まだまだ芸者さんが活躍していました。

また、井上順さんの実家にはお風呂があったため「弘法湯」に行ったことはなく、名前だけは知ってたいそうです。

 

井上順さんは「らんまん」では、地元にあった「弘法湯」の主人を演じることになります。井上順さんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日 1947年2月21日
出身 東京都渋谷

1963年、16歳でスパイダースに参加、堺正章とボーカルを担当、多数のヒット曲を生み出す。「夜のヒットスタジオ」では司会を担当、他にもTVバラエティなどで活躍。主な出演ドラマは 「ありがとう」など、2023年は「VIVANT」に出演。

 

朝ドラでは第104作「おかえりモネ」(2021年放送)の、ヒロイン・百音(清原果耶)が務める東京の気象会社の社長を好演していました。

「おかえりモネ」東京編出演役者まとめ、気象予報会社の同僚・テレビ局員
「おかえりモネ」東京編出演役者まとめ、気象予報会社の同僚・テレビ局員NHK朝ドラ「おかえりモネ」。清原果耶さんが演じるヒロイン・永浦百音は気象予報士を目指して、上京します。朝岡覚が務める気象予報会社で働く同僚やシェアハウスの管理人など、東京編に出演する俳優・役者をまとめました。...

 

井上順さんは、朝ドラ「ファイト」「エール」「おかえりモネ」に続く、「らんまん」が4作目の出演になります。

 

まとめ

NHK朝ドラ「らんまん」寿恵子が渋谷で出会う弘法湯の主人「佐藤弘」を演じるのは、「井上順」さんです。「弘法湯」は、渋谷に実在した共同浴場です。

他にも「らんまん」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「らんまん」キャスト/登場人物/子役【相関図】スタッフ一覧
「らんまん」キャスト/登場人物/子役【相関図】スタッフ一覧NHK朝ドラ「らんまん」に出演する役者、キャスト、登場人物、子役、スタッフを一覧にして【まとめ】ました。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「虎に翼」から過去作「ブギウギ」「らんまん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/05/16時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。