どうする家康 PR

「どうする家康」山県昌景は「橋本さとし」が演じる、「赤揃え」武田最強部隊

「どうする家康」山県昌景は「橋本さとし」が演じる、「赤揃え」武田最強部隊

2023年スタートの第62作となるNHK大河ドラマ「どうする家康」

「どうする家康」の主人公・徳川家康を演じるのは「松本潤」さんです。そして、古沢良太さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(徳川家康)は、駿河の大国・今川家の人質として暮らしていた。

1560年(永禄3年)今川義元は、織田領である尾張へ進撃するが、桶狭間で義元が討たれた知らせが届けられる。岡崎城主となり、三河を平定する未熟な家康に次々と訪れる試練!?そして天下統一まで、家康どうするのか?家康の決断を描いていく大河ドラマ。

 

武田信玄(阿部寛)に仕える重臣・山県昌景を演じるのは、「橋本さとし」さんです。

 

山県昌景(飯富)とは?「赤揃え」の精鋭部隊

武田四天王とも呼ばれた、信玄の重臣が「山県昌景(やまがたまさかげ)」です。もともとは「飯富(おぶ)」の姓から、「山県」の名跡を与えられます。

山県昌景の史実は以下の通りです。

武田信玄の父・信虎の家臣「飯富道悦」の息子とされる。信玄の近習として仕え、後に侍大将となり、武田家の重臣となる。1565年(永禄8年)信玄の嫡男・武田義信と飯富虎昌の謀反を阻止した功により、家老・山県の名前を与えられ「赤備え」を引き継ぐ。1572年(元亀3年)「三方ヶ原の戦い」では家康本陣に突進、一時は家康に自害を覚悟させた。

 

山県昌景が率いた、甲冑や武具を「赤揃え」にした精鋭部隊は、武田軍団の代名詞となりました。

「どうする家康」では、武田信玄(阿部寛)の家臣として登場する数少ない武将の一人です。信玄の家臣は他にも、穴山梅雪(田辺誠一)が登場しています。

「どうする家康」穴山梅雪は「田辺誠一」が演じる、武田家から信長に寝返る
「どうする家康」穴山梅雪は「田辺誠一」が演じる、武田家から信長に寝返るNHK大河ドラマ「どうする家康」武田信玄の重臣・穴山梅雪(信君)を演じるのは「田辺誠一(たなべせいいち)」さんです。穴山梅雪の史実、田辺誠一さんのプロフィールを紹介します。...

 

橋本さとしプロフィール、「プロフェッショナル 仕事の流儀」ナレーション

 

山県昌景を演じるのは、「橋本さとし(はしもとさとし)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1966年4月26日
出身地 大阪府

大阪芸術大学を経て、「劇団☆新感線」に入団。退団後は舞台だけでなく、TV・映画などで活躍。主なTVドラマ出演作は「TOKYO MER」「下町ロケット」など。NHKでは「プロフェッショナル 仕事の流儀」のナレーションを担当。

 

2019年朝ドラ「なつぞら」では、アロハシャツにサングラスの強面の制作進行・荒井を演じていたのが印象的でした。

東洋動画の制作進行・荒井康助を演じるの「橋本さとし」
「なつぞら」制作進行・荒井を演じるのは誰?橋本さとし【プロフェッショナルNA】NHKの連続テレビ小説「なつぞら」。サングラスにアロハシャツ、東洋動画の制作進行・荒井康助(あらいこうすけ)を演じるのは「橋本さとし」さんです。「橋本さとし」さんのプロフィールを紹介します。...

 

大河ドラマは「平清盛」に続く、「どうする家康」が2回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「どうする家康」武田信玄の重臣・山県昌景を演じるのは「橋本さとし」さんです。

他にも「どうする家康」のキャスト・登場武将・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧
「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演しているキャスト・役者/子役/登場武将・家臣団、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「どうする家康」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2023/10/14時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。