舞いあがれ!

舞いあがれ!貴司が応募「長山短歌賞」とは?短歌の芥川賞と評されるモデルは?

舞いあがれ!貴司が応募「長山短歌賞」とは?短歌の芥川賞と評されるモデルは?

2022年10月3日放送スタートの第107作となるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」

ヒロイン・岩倉舞(いわくらまい)は、福原遥(ふくはらはるか)さんが演じます。あらすじは、以下の通りです。

ものづくりの町・東大阪で生まれたヒロイン岩倉舞。長崎・五島列島に住む祖母や様々な人との絆きずなを育みながら、パイロットとして空を飛ぶ夢に向かっていくストーリー。

 

舞の幼なじみ・梅津貴司(赤楚衛二)は、古本屋・デラシネを引き継ぎ、短歌を作り続けます。

貴司は舞と一緒に選んだ短歌を「長山短歌賞」に応募します。「長山短歌賞」と一体なんなのか?「長山短歌賞」のモデルとなった賞を推測しました。

 

短歌の芥川賞ともいわれる「長山短歌賞」とは?

梅津貴司が応募する「長山短歌賞」は、ドラマ内の架空の賞です。

ドラマでは短歌の芥川賞ともいわれる「長山短歌賞」として紹介されています。

 

短歌の最高峰の賞は「迢空賞」新人は「角川短歌賞」

短歌の最高峰の賞は「迢空賞」新人は「角川短歌賞」芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称「芥川賞」は優れた純文学を書いた新人に送られる賞です。

エンタメに送られる「直木賞」と並び、純文学の「芥川賞」は知名度が高く、最高峰の文学賞です。

そして、短歌の世界にも大小多くの賞があります。その中でも最高峰と呼ばれるのが「迢空賞(ちょうくうしょう)」です。

歌人・釈迢空(しゃくちょうくう)の遺徳を敬慕して設立され、すぐれた短歌に送られるのが「迢空賞」です。主催は角川文化振興財団です。

 

ただし、「舞いあがれ!」の貴司は、まだまだ短歌界の新人です。短歌の最高峰の新人賞には「角川短歌賞」があります。

「角川短歌賞」は昭和30年に創設された、短歌に志を持つ新人の登竜門として目標とされ続けています。主催は角川文化振興財団です。

 

これらのことから考えると、貴司が応募した「長山短歌賞」は、新人としての短歌の最高峰「角川短歌賞」がモデルとなっていると推測しています。賞の名前もちょうど似ています。

そして、現在も短歌界の第一人者として活躍する女流歌人・俵万智さんもツイッターで反応されており、「角川短歌賞」がモデルなのは確かなようです。

ドラマの中で、貴司は見事に「長山短歌賞」を受賞します。その後、貴司を売り出そうと長山出版うさんくさい編集者・リュー北條(川島潤哉)が登場します。

舞いあがれ!貴司の短歌編集者・リュー北條は「川島潤哉」が演じる
舞いあがれ!貴司の短歌編集者・リュー北條は「川島潤哉」が演じるNHK朝ドラ「舞いあがれ!」梅津貴司の短歌を売り出そうとする短歌担当編集者・リュー北條を演じるのは「川島潤哉(かわしまじゅんや)」さんです。リュー北條の役どころ、演じる川島潤哉さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」梅津貴司(赤楚衛二)が応募した「長山短歌賞」の実在モデルは、短歌の最高峰の新人賞「角川短歌賞」と推測しています。

※あくまで推測なのでご了承下さい。

 

また、ドラマ内で登場する貴司の短歌・詩・言葉は以下で、まとめています。

舞いあがれ!梅津貴司が作った短歌/詩/俳句/川柳【文字起こし】
舞いあがれ!梅津貴司が作った短歌/詩/俳句/川柳【文字起こし】NHK朝ドラ「舞いあがれ!」では、ヒロイン・岩倉舞(福原遥)の幼なじみ梅津貴司(赤楚衛二)が創作した詩/短歌/俳句/川柳などが登場します。ドラマ内に登場した貴司の詩をまとめました。...

 

他にも「舞いあがれ!」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

舞いあがれ!キャスト/登場人物/子役、スタッフ一覧【2023年2月最新】
舞いあがれ!キャスト/登場人物/子役、スタッフ一覧【2023年2月最新】NHK朝ドラ「舞いあがれ!」に出演する役者、キャスト、登場人物、子役、スタッフを一覧にしてまとめました。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「舞いあがれ!」から過去作「ちむどんどん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。