なつぞら

「なつぞら」に出演する歴代”朝ドラ”ヒロイン・女優【まとめ】

「なつぞら」に出演する歴代”朝ドラ”ヒロイン・女優【まとめ】

2019年4月からスタートしたNHK連続テレビ小説「なつぞら」

広瀬すずさん主演の「なつぞら」は、1961年(昭和36年)から始まった、朝ドラの「100作目」です。

記念すべき100作目ということで「なつぞら」には、これまでのNHK朝ドラのヒロインを演じた豪快出演者が名を連ねています。

今回は、「なつぞら」に出演する豪華歴代ヒロインの女優を【まとめ】ました。

※「なつぞら」に歴代ヒロインが登場しだい、随時更新します!

目次
  1. ”なつ”の母、柴田富士子役は「ひまわり」ヒロインの松嶋菜々子
  2. おでん屋の女将、岸川亜矢美役は「純ちゃんの応援歌」ヒロインの山口智子
  3. 東洋動画の先輩女性アニメーター、大沢麻子役は「ちりとてちん」ヒロインの貫地谷しほり
  4. ”天陽”の母、山田タミ役は「おしん」の幼少期の小林綾子
  5. 新宿「川村屋」のオーナー、前島光子役は「どんと晴れ」ヒロインの比嘉愛未
  6. ”なつ”の小学校の先生、花村和子役は「ふたりっ子」ヒロインの岩崎ひろみ
  7. 妹・千遥を養女に迎えた置屋の女将、光山なほ子役は「本日も晴天なり」でヒロインの原日出子
  8. 焼け野原で”なつ”に芋をあげる老女役は「娘と私」初代ヒロインの北林早苗
  9. 佐々岡信哉の妻、佐々岡道子役は「だんだん」ヒロインの三倉茉奈
  10. 坂場一久の母親、坂場サト役は「鳩子の海」ヒロインの藤田三保子
  11. 【123話】産婦人科の子連れの妊婦役は「天花」のヒロイン藤澤恵麻
  12. 産婦人科医師・高橋秀子役は「おしん」のヒロインの田中裕子
  13. 「大草原の少女ソラ」の語りに「まんぷく」ヒロイン安藤サクラ
  14. ”なつ”の実母役は「ええにょぼ」のヒロインの戸田菜穂
  15. ”なつ”の妹・千遥の義母役に「雲のじゅうたん」のヒロイン「浅茅陽子」
  16. 【最後に】歴代”朝ドラ”ヒロインは、まだまだ登場!?

”なつ”の母、柴田富士子役は「ひまわり」ヒロインの松嶋菜々子

最初に取り上げるのは「松嶋菜々子」さんです。「なつぞら」ではメインキャストとして主人公”奥原なつ”の義母役「柴田富士子」を演じています。

主人公の”奥原なつ”の義母。柴田家で”なつ”を我が子のように育てるが、”なつ”と壁を感じて悩むことも。柴田家では、自分の父・泰樹に強く意見を言える唯一の存在。

 

「松嶋菜々子」さんは、第54作「ひまわり」のヒロインです。



作品名ひまわり(第54作)
放送期間1996年(平成8年)4月~10月
脚本井上由美子

 

おでん屋の女将、岸川亜矢美役は「純ちゃんの応援歌」ヒロインの山口智子

おでん店「風車」の女将・岸川亜矢美を演じるのが、山口智子さんです。

新宿の「ムーランルージュ」の元踊り子、”なつ”の兄・咲太郎を親子のような関係。

 

「山口智子」さんは、第41作「純ちゃんの応援歌」のヒロインです。



作品名純ちゃんの応援歌(第41作)
放送期間1988年(昭和63年)10月~1989年4月
脚本布勢博一

 

東洋動画の先輩女性アニメーター、大沢麻子役は「ちりとてちん」ヒロインの貫地谷しほり

”なつ”が、アニメーターを夢見て、東洋動画が入社した。その東洋動画にいた凄腕アニメーター・大沢麻子を演じるのが、の貫地谷しほりさんです。

美大を卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーター。通称「マコ」。セカンドとして作画監督の仲をサポート、現場をまとめる。クールに見えるが内面は熱く、誰に対しても物おじしない性格から、社内で孤立することも・・・。派手な服装の”なつ”を最初見て「男を探しに来てるんだったら、目障り!」というほどの性格。

 

「貫地谷しほり」さんは、第77作「ちりとてちん」のヒロインです。

 

作品名ちりとてちん(第77作)
放送期間2007年(平成19年)10月~2008年3月
脚本藤本有紀

 

”天陽”の母、山田タミ役は「おしん」の幼少期の小林綾子

”なつ”の北海道の幼馴染・山田天陽の母を演じるのが、小林綾子さんです。

山田家は家族で東京から北海道に移住、”なつ”が家に遊びに来ると、東京育ちの”なつ”とタミは話が合う。

 

「小林綾子」さんは、第31作「おしん」の幼少期を演じています。



作品名おしん(第31作)
放送期間1983年(昭和58年)4月~1984年3月
脚本橋田壽賀子

 

新宿「川村屋」のオーナー、前島光子役は「どんと晴れ」ヒロインの比嘉愛未

新宿のベーカリー兼カフェ「川村屋」のオーナー、マダム光子を演じるのが「比嘉愛未」さんです。

”なつ”がアニメーターを夢見て新宿に上京、マダム光子は芸術家などの若者を応援する。

 

「比嘉愛未」さんは、第76作「どんと晴れ」のヒロインを演じています。



作品名どんと晴れ(第76作)
放送期間2007年(平成19年)4月~9月
脚本小松江里子

 

”なつ”の小学校の先生、花村和子役は「ふたりっ子」ヒロインの岩崎ひろみ

”なつ”の幼少期(粟野咲莉)が通う小学校の花村和子先生役を演じるのが、「岩崎ひろみ」さんです。

「なつぞら」広瀬すずの幼少期を演じる子役、役者は「粟野咲莉(あわのさり)」
「なつぞら」広瀬すずの幼少期を演じる子役、役者は「粟野咲莉(あわのさり)」2019年4月スタートのNHKの連続テレビ小説「なつぞら」ヒロインの奥原なつは「広瀬すず」さんが演じていますが、なつの少女時代はを演じているのは「粟野咲莉(あわのさり)」さんです。戦災孤児となり、十勝に引き取られて、のびのびと育つまでの重要な少女時代を「粟野咲莉」さんが演じています。...

 

丸メガネをした先生役だったので、最初、ぜんぜん「岩崎ひろみ」さんだと気づきませんでした。

「岩崎ひろみ」さんは、第55作「ふたりっ子」のヒロインを演じています。



作品名ふたりっ子(第55作)
放送期間1996年(平成8年)10月~1997年4月
脚本大石静

 

妹・千遥を養女に迎えた置屋の女将、光山なほ子役は「本日も晴天なり」でヒロインの原日出子

”なつ”の生き別れの妹・千遥が18歳になり、”なつ”が育った北海道の柴田家を訪ねてきます。

千遥から”なつ”に宛てた手紙の回は、涙なしでは見られませんでしたが・・・千遥を養女として、育てたのが置屋の女将、光山なほ子です。

その”光山なほ子”を演じるのが「原日出子」さんです。

貫禄のある置屋の女将という感じでしたが、「原日出子」さんは、第28作「本日も晴天なり」のヒロインを演じています。

作品名本日も晴天なり(第28作)
放送期間1981年(昭和56年)10月~1982年4月
脚本小山内美江子

 

焼け野原で”なつ”に芋をあげる老女役は「娘と私」初代ヒロインの北林早苗

”なつ”の幼少期の(粟野咲莉)、空襲で焼け野原になった東京で、”なつ”に芋をあげる老女役が「北林早苗」さんです。

朝ドラ1回目「娘と私」の初代ヒロインを演じた女優「北林早苗」さんが、58年ぶりに登場したということで、話題になりました。

作品名娘と私(第54作)
放送期間1961年(昭和36年)4月~1962年3月
脚本原作:獅子文六 脚本:山下与志一

 

佐々岡信哉の妻、佐々岡道子役は「だんだん」ヒロインの三倉茉奈

”なつ”が坂場と結婚して、2人で十勝の実家に挨拶に行きます。その時、久しぶりにテレビ局で働く佐々岡信哉(工藤阿須加)と出会います。

自分の結婚を伝える”なつ”でしたが、ノブさんからも「1年前に結婚した」と伝えられます。

ノブさんの妻役として出演したのがマナカナの三倉茉奈(みくらまな)さんです。アナウンサー役としての出演でした。

「なつぞら」三倉茉奈(みくらまな)は佐々岡信哉の妻役で登場!視聴者の反応は?
「なつぞら」マナカナ・三倉茉奈(みくらまな)が佐々岡信哉の妻役で登場!2019年4月スタートの朝ドラ「なつぞら」。「工藤阿須加さん」演じる佐々岡信哉は「なつぞら」では重要な役どころです。通称”ノブさん”の妻・佐々岡道子役を演じているのが三倉茉奈さんです。佐々岡道子の役どころ、三倉茉奈さん登場時の視聴者の反応をまとめました。...

 

三倉茉奈さんは1996年(平成8年)放送の第55作「ふたりっ子」では子役として、2008年(平成20年)に放送された第79作「だんだん」ではヒロインを演じています。

以下、「だんだん」の情報です。

 

作品名だんだん(第79作)
放送期間2008年(平成20年)9月~2009年(平成21年)3月
脚本森脇京子

 

坂場一久の母親、坂場サト役は「鳩子の海」ヒロインの藤田三保子

ヒロインの”なつ”と結婚した坂場一久(中川大志)。北海道の柴田家での挨拶を終えた後、東京に戻り、自分の両親のもとに”なつ”を連れて一緒に食事会をします。

その時、坂場一久の母親、坂場サト役で出演したのが「藤田三保子(ふじたみほこ)」さんです。

「なつぞら」坂場一久(中川大志)の母親・坂場サトを演じるのは藤田三保子
「なつぞら」坂場一久(中川大志)の母親役・坂場サトを演じるのは藤田三保子2019年4月スタートのNHKの連続テレビ小説「なつぞら」。ヒロインの”なつ”にプロポーズした中川大志さんが演じるのは「坂場一久(イッキュウさん)」ですが、その母親、「坂場サト」を演じるのは女優の藤田三保子さんです。...

 

藤田三保子さんは1974年(昭和49年)放送の第14作「鳩子の海」でヒロインをを演じています。「鳩子の海」出演時は、「藤田美保子」の芸名で出演されていました。

以下、「鳩子の海」の情報です。

作品名鳩子の海(第14作)
放送期間1974年(昭和49年)4月~1975年(昭和50年)4月
脚本林秀彦

 

【123話】産婦人科の子連れの妊婦役は「天花」のヒロイン藤澤恵麻

”なつ”が妊娠して、産婦人科の定期検診を受けに来ます。その待合室に居たのが、女の子を連れた妊婦さんです。

その妊婦役を演じているのが「藤澤恵麻(ふじさわえま)」さんです。

女の子は”なつ”がアニメーターとして製作しているテレビアニメ『魔法少女アニー』のファン。その子が藤澤恵麻さん演じる母親にアニーの呪文を、お腹の子にかけます。そのやり取りを見て、”なつ”は嬉しい気持ちになるのでした。

藤澤恵麻さんは2004年(平成16年)放送の第70作「天花」でヒロインをを演じています。

以下、「天花」の情報です。

 

作品名天花(第70作)
放送期間2004年(平成16年)3月~9月
脚本竹山洋

 

産婦人科医師・高橋秀子役は「おしん」のヒロインの田中裕子

”なつ”が坂場と結婚して妊娠します。”なつ”が定期検診に行ったり、出産に立ち会う産婦人科医師・高橋秀子役を演じるのが「おしん」のヒロイン、田中裕子さんです。

出産してからすぐに働きたいと思う”なつ”を「私が産婆だったころは、1週間後に働き始めた」と、安心させたりした、働く女性に優しい産婦人科医師でした。

「なつぞら」おしん・田中裕子が【21週】に産婦人科医師・高橋秀子役で登場
「なつぞら」おしん・田中裕子が【21週】に産婦人科医師・高橋秀子役で登場2019年4月スタートの朝ドラ「なつぞら」。おしんのヒロインだった田中裕子さんが「なつぞら」【21週】に産婆・助産師役で登場予定です。田中裕子さんが演じるのは、産婦人科医師・高橋秀子役です。田中裕子さんの登場が分かった時の視聴者の反応をまとめました。...

 

「田中裕子」さんは、朝ドラ第31作「おしん」のヒロインを演じています。

BSプレミアムでは、朝7時15分から「おしん」の再放送があり、続きて「なつぞら」が放送されています。田中裕子さんの「なつぞら」登場で、盛り上がる視聴者さんも多かったです。

 

作品名おしん(第31作)
放送期間1983年(昭和58年)4月~1984年3月
脚本橋田壽賀子

 

「大草原の少女ソラ」の語りに「まんぷく」ヒロイン安藤サクラ

「なつぞら」第24週から、”なつ”が手掛ける北海道の開拓民をアニメにした「大草原の少女ソラ」が放映されます。

劇中アニメ「大草原の少女ソラ」のナレーション、語りを担当しているのが「まんぷく」で立花福子を演じた「安藤サクラ」さんです。

「まんぷく」ヒロイン・安藤サクラが【なつぞら】に声優で登場!ソラ役
「大草原の少女ソラ」の語りに「まんぷく」福ちゃん・安藤サクラが出演【なつぞら】NHK朝ドラ「なつぞら」。「まんぷく」ヒロイン・安藤サクラが声優・ナレーションとして登場。出演したのは2019年9月13日(金)、14日(土)放送の143、144話の「なつぞら」です。劇中アニメ「大草原の少女ソラ」で、語りを担当した安藤サクラさん登場時の、視聴者の反応をまとめました。...

 

「安藤サクラ」さんは、朝ドラ第99作「まんぷく」のヒロインを演じています。続けて朝ドラ出演は異例とのことですが、声だけの出演でした。

第99作「まんぷく」の作品情報は以下の通りです。

 

作品名まんぷく(第99作)
放送期間2018年(平成30年)10月~2019年(平成31年)3月
脚本福田靖

 

”なつ”の実母役は「ええにょぼ」のヒロインの戸田菜穂

”なつ”が生き別れの妹・千遥が嫁ぎ、女将として働いている料亭「杉の子」に、客として訪れます。千遥の割烹着姿、そして千遥が作った「天丼」の味から、母親を思い出すシーンがあります。

”なつ”の回想シーンで出てくる実母・母親を演じているのが戸田菜穂さんです。

「なつぞら」戸田菜穂が【25週】”なつ”の母親役で登場
「なつぞら」戸田菜穂が”なつ”の母親役で登場!咲太郎、千遥の実母役NHK朝ドラ「なつぞら」。”なつ”の母親役として【25週】に戸田菜穂さんが登場しました。戸田菜穂さんのプロフィール、登場した時の視聴者の反応をまとめました。...

 

「戸田菜穂」さんは、朝ドラ第49作「ええにょぼ」のヒロインを演じています。

第49作「ええにょぼ」の作品情報は以下の通りです。

作品名ええにょぼ(第49作)
放送期間1993年(平成5年)4月~10月
脚本東多江子

 

”なつ”の妹・千遥の義母役に「雲のじゅうたん」のヒロイン「浅茅陽子」

”なつ”の妹・千遥は、自分が戦災孤児だった過去や”なつ”たち兄弟いること隠して、料亭「杉の子」に嫁ぎます。

嫁ぎ先の義母役として出演するのが、「浅茅陽子(あさぢ ようこ)」さんです。浅茅陽子さんは「杉の子」女将の杉山雅子役として出演しています。

「なつぞら」浅茅陽子が【25週】に千遥の義母役・杉山雅子で登場
「なつぞら」浅茅陽子が千遥(清原果耶)の義母役・杉山雅子で登場NHK朝ドラ「なつぞら」。”なつ”の生き別れの妹・千遥の義母、「杉の子」女将の杉山雅子役として浅茅陽子(あさぢようこ)さんが出演!朝ドラ「雲のじゅうたん」のヒロインを務めた浅茅陽子さんのプロフィール、登場時の視聴者の反応をまとめました。...

 

雰囲気のある怖い姑というという感じでしたが、最終的には千遥の離婚を認め、料亭「杉の子」も譲ります。

「浅茅陽子」さんは、第17作「雲のじゅうたん」のヒロインを演じています。

 

作品名雲のじゅうたん(第17作)
放送期間1976年(昭和51年)4月~10月
脚本田向正健

 

【最後に】歴代”朝ドラ”ヒロインは、まだまだ登場!?

現時点では以上の歴代ヒロインが「なつぞら」に出演しています。

よく見ていた朝ドラで、懐かしいヒロイン達も、いたのではないでしょうか?

プロデューサーの磯智明さんによると

「これはもう、ここまで続いた99作へのリスペクトです。素晴らしい作品を作ってきた先輩たちに対する尊敬の念と同時に、100作目まで続いたのは視聴者の皆さんがいらっしゃったからこそ。視聴者の皆さんへのカーテンコール(演劇などで終演後に出演者らがステージ上に現れ、あいさつ。観客の拍手や声援に応えること)という思いもあります」

出典:スポニチ「なつぞら」歴代朝ドラヒロイン祭り!

 

と話しているので、まだまだ「なつぞら」には、歴代のヒロインが登場するのでしょう!

歴代ヒロインが登場次第、都度更新していきます!

「スカーレット」「エール」の見逃し配信を見る方法

NHKの朝ドラ「エール」「スカーレット」の見逃し配信を見るなら「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホでも見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る
見逃し配信・再放送>>
朝ドラを見る