鎌倉殿の13人

鎌倉殿の13人安達盛長(野添義弘)嫡男/安達景盛は「新名基浩」が演じる

鎌倉殿の13人安達盛長(野添義弘)嫡男/安達景盛は「新名基浩」が演じる

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)を流人時代から支えた宿老が、安達盛長(野添義弘)です。

その安達盛長の嫡男・安達景盛を演じるのは、「新名基浩(にいなもとひろ)」さんです。

 

安達景盛(あだちかげもり)の役どころ、頼家と仲が悪い

第22話では、義時(小栗旬)の息子・金剛(後の北条泰時)と安達盛長(野添義弘)の息子・弥九郎(後の安達景盛)が喧嘩をして、義時が謝りに行くシーンもありました。

幼少期に、弥九郎(後の安達景盛)を演じていた子役は「渡部澪音」さんです。成長すると「新名基浩」さんが演じます。

安達景盛の役どころは以下の通りです。

流人時代から支えた御家人が安達盛長です。その嫡男が安達景盛です。2代目鎌倉殿・源頼家とは、あまり仲が良くない。3代目鎌倉殿・源実朝の代には政子と実朝の信頼厚い側近となる。

 

安達景盛(新名基浩)の妻は「ゆう」です。容姿端麗の妻「ゆう」を気に入った、源頼家(金子大地)は力付くで手に入れようとしますが・・・

安達景盛の父親で、源頼朝(大泉洋)を流人時代から支えた宿老・安達盛長(野添義弘)の猛反発にあいます。

容姿端麗の妻「ゆう」を演じるのは、モデルとしても活躍する「大部恵理子」さんです。

「鎌倉殿の13人」安達景盛の妻/ゆうは「大部恵理子」が演じる、頼家が気に入る
「鎌倉殿の13人」安達景盛の妻/ゆうは「大部恵理子」が演じる、頼家が気に入るNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」安達盛長の嫡男・安達景盛(新名基浩)の妻「ゆう」を演じるのは、モデルとしても活躍する「大部恵理子(おおぶえりこ)」さんです。ゆうの役どころ、演じる「大部恵理子」さんのプロフィールを紹介します。...

 

これが原因で、頼家は御家人からの信頼を、ますます失くしていくのでした。

梶原景時(中村獅童)は、信頼を失いつつある頼家のために、結城朝光を謀反の疑いで見せしめにして、御家人を従わせようとしますが・・・

「鎌倉殿の13人」琵琶の名手/先生・結城朝光を演じる「高橋侃」景時失脚に利用
「鎌倉殿の13人」琵琶の名手/先生・結城朝光を演じる「高橋侃」景時失脚に利用NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼朝(大泉洋)の烏帽子子であり、琵琶の名手でもある御家人・結城朝光(ゆうきともみつ)は「高橋侃(たかはしなお)」さんが演じます。結城朝光の役どころ、高橋侃さんのプロフィールを紹介します。...

 

新名基浩(にいなもとひろ)プロフィール

安達景盛の妻「ゆう」を演じるのは「新名基浩(にいなもとひろ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1982年3月17日
出身地宮崎県
特技書道4段
趣味ウォーキング

主なドラマ出演作にNHK「ひこうき雲」、朝ドラ「ひよっこ」「なつぞら」など。映画は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「宮本から君へ」など。

大河ドラマは「青天を衝け」に続く、「鎌倉殿の13人」が2作目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」安達盛長の嫡男・安達景盛を演じるのは「新名基浩」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。