鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」源頼家の正妻/つつじ(辻殿)は「北香那」が演じる、公暁の母

「鎌倉殿の13人」源頼家の正妻/つつじ(辻殿)は「北香那」が演じる、公暁の母

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

源頼朝(大泉洋)が亡くなった後に、鎌倉幕府2代将軍となるのは嫡男・源頼家(金子大地)です。

源頼家に寵愛される正妻「つつじ(辻殿)」を演じるのは、「北香那(きたかな)」さんです。

 

源頼家の正妻・つつじの役どころ、通称「辻殿」

源頼家(金子大地)の正妻「つつじ」の役どころは以下の通りです。歴史的には「辻殿(つじどの)」と呼ばれます。

賀茂重長の娘で、母は源頼朝の叔父おじ・為朝の娘。重長が戦死すると、三浦義澄に元に預けられる。源氏の血を引く「つつじ」は頼家に寵愛され、善哉(のちの公暁)を生む。

 

三浦家に預けられた後に、三浦義村(山本耕史)の仲介により、源頼家の正妻となります。源氏の血筋「つつじ」は頼家より寵愛を受けることになります。

また「つつじ」のライバル・せつについては、以下でまとめています。

「鎌倉殿の13人」源頼家の妾/せつ(若狭局)は「山谷花純」が演じる、一幡の母
「鎌倉殿の13人」源頼家の妾/せつ(若狭局)は「山谷花純」が演じる、一幡の母NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉幕府2代将軍となる源頼家(金子大地)の妾・側女「せつ(若狭局)」を演じるのは、「山谷花純(やまたにかすみ)」さんです。せつの役どころ、演じる「山谷花純」さんのプロフィールを紹介します。...

 

「つつじ」は頼家との間に、次男となる「善哉(のちの公暁)」を生みます。頼家が亡くなった後、やがて公暁は鎌倉幕府を揺るがす大事件を起こすことに・・・。

公暁を演じるのは「寛一郎」さんです。詳細は以下で、まとめています。

「鎌倉殿の13人」頼家の次男・公暁(善哉)を演じる「寛一郎」、子役は「米丸玲央」など
「鎌倉殿の13人」頼家の次男・公暁(善哉)を演じる「寛一郎」、子役は「米丸玲央」などNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」源頼家(金子大地)の次男・公暁(善哉)を演じるのは「寛一郎(かんいちろう)」さんです。公暁(こうぎょう)の役どころ、佐藤浩市さんを父親に持つ寛一郎さんのプロフィールを紹介します。...

 

北香那(きたかな)プロフィール

「つつじ」を演じるのは「北香那(きたかな)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1997年8月23日
出身地東京都

2010年、舞台「赤毛のアン~アンからの手紙~」で主役のアン、映画「震動」でヒロインを務める。「痛快TVスカッとジャパン」「めざましテレビ イマドキガール」に出演、「バイプレイヤーズ」では中国人ジャスミンを好演。

 

大河ドラマは「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に続く、「鎌倉殿の13人」が2回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉幕府2代将軍となる源頼家に寵愛される正妻「つつじ(辻殿)」を演じるのは、「北香那」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。