鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」運慶は「相島一之」が演じる、鎌倉初期の天才仏師

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

鎌倉時代の天才仏師・運慶を演じるのは「相島一之(あいじまかずゆき)」さんです。

 

運慶(うんけい)の役どころ

相島一之さんが演じる「運慶(うんけい)」は、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した奈良の天才仏師です。

鎌倉時代初期に活躍した天才仏師。奈良の興福寺を拠点に活動。円成寺(奈良)の国宝「大日如来像(1176年)」などがある。

 

奈良の興福寺を拠点にしていましたが、源頼朝(大泉洋)が鎌倉幕府を開いてから、東国との関係も深くなります。

義時の父・北条時政(坂東彌十郎)に依頼された願成就院の諸像(1186年)、和田義盛(横田栄司)に依頼された浄楽寺の諸像(1189年)などがあります。

 

相島一之(あいじまかずゆき)プロフィール、三谷幸喜主催の劇団所属

 

運慶を演じているのは「相島一之(あいじまかずゆき)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1961年11月30日
出身埼玉県

三谷幸喜さん主催の劇団「東京サンシャインボーイズ」の役者として数々の舞台で活躍。テレビドラマ「竜馬におまかせ!」「ショムニ」、映画「12人の優しい日本人」「THE 有頂天ホテル」などに出演。

 

「鎌倉殿の13人」の脚本家・三谷幸喜さんの劇団「東京サンシャインボーイズ」の役者として、1987年入団以降は1994年まで、劇団の全作品に出演してます。

三谷幸喜さんの脚本や監督作品にも多く出演しています。

朝ドラ第102作「エール」では、主人公・古山裕一(窪田正孝)が地元で就職する川俣銀行で、面倒見の良い支店長・落合吾郎を演じていました。

「エール」川俣銀行の店員、行員、事務員、支店長を演じる俳優・役者【まとめ】
「エール」川俣銀行の行員、事務員、支店長を演じる俳優・役者【まとめ】NHK朝ドラ「エール」。主人公・古山裕一は音楽家の夢をあきらめ権藤茂兵衛が経営する「川俣銀行」で住み込みで働きます。裕一が働く「川俣銀行」には個性的な人物が登場、「川俣銀行」の行員、事務員、支店長を演じる役者・俳優をまとめました。...

 

大河ドラマは「新選組!」「平清盛」「花燃ゆ」「おんな城主 直虎」に続く、「鎌倉殿の13人」が5作目の出演です。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉時代初期に活躍した天才仏師・運慶を演じるのは「相島一之」さんです。

三谷幸喜さんの脚本や監督作品に多く出演しています。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。