カムカムエヴリバディ

「カムカムエヴリバディ」安子(上白石萌音)の幼少期を演じる子役/網本唯舞葵

「カムカムエヴリバディ」安子(上白石萌音)の幼少期を演じる子役/網本唯舞葵

2021年11月1日(月)スタートの第105作となるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

それぞれの時代に合わせて、朝ドラとしては初となる祖母・母・娘のヒロイン3人が登場します。3人のヒロインは以下の通りです。

  • 祖母・橘安子(たちばなやすこ)⇒上白石萌音
  • 母・雉真るい(きじまるい)⇒深津絵里
  • 娘・ひなた⇒川栄李奈

 

カムカムエヴリバディは、「ラジオ英語講座」と共に生きた3世代のヒロインが紡ぐストーリーです。

3人のヒロイン、安子、るい、ひなたと三世代の女性たちが紡いでいく100年に渡るファミリーストーリーです。

安子(上白石萌音)の物語は日本でラジオ放送が始まった日1925(大正14)年から。るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪。ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まります。

3人のそばにはいつも「ラジオ英語講座」があり、ラジオと共に生きた家族の物語です。

 

初代ヒロイン・上白石萌音さん演じる橘安子の幼少期を演じる子役は「網本唯舞葵(あみもといぶき)」さんです。

 

橘安子の少女時代を演じる「網本唯舞葵」さんの登場は第1週から

初代ヒロイン・上白石萌音さん演じる橘安子(たちばなやすこ)は、1925年3月22日(日本でラジオ放送が始まった日)に、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で生まれます。

御菓子司「たちばな」の看板娘で、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子です。

初代ヒロイン・安子の子役として網本唯舞葵(あみもといぶき)さんが登場するのは、カムカムエヴリバディの第1週からです。

 

【連続テレビ小説】カムカムエヴリバディ(2)「1925―1939」

気持ちのこもった甘くておいしい「たちばな」のお菓子が大好きな安子(網本唯舞葵)。いつしか自分も杵太郎(大和田伸也)や金太(甲本雅裕)のように和菓子を作る人になりたい!と思うようになりますが、周囲からは「おなごだから…」と諭されます。一方、兄の算太(濱田岳)は、跡取りとして菓子修行を始めるも一向に身が入らず、仕事場から逃げ出しては映画を観に行ってばかり。どうやら算太には心に決めた夢があるようで…

出典:Yahooテレビ番組表

 

「網本唯舞葵(あみもといぶき)」プロフィール

初代ヒロイン・橘安子の少女時代を演じる、「網本唯舞葵(あみもといぶき)」さんは、テアトルアカデミーに所属する子役です。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日2011年6月30日

 

2021年10月3日スタートのABC放送のドラマ+「ムショぼけ」に少女マコ役でも出演されています。

テアトルアカデミーの公式HPを見ても、「網本唯舞葵」さんの出演作品の記載はないため、現時点(2021/10/26)では、それほどドラマ出演歴はないようです。

 

まとめ

初代ヒロイン・上白石萌音さんが演じる橘安子の幼少期を演じる子役は「網本唯舞葵」さんです。

上白石萌音さんの他、2代目ヒロイン・深津絵里さん、3代目ヒロイン・川栄李奈さんの役どころや、それぞれのテーマについては以下でまとめています。

カムカムエヴリバディ3人のヒロイン・安子/るい/ひなたを演じるのは誰?テーマ紹介
カムカムエヴリバディ3人のヒロイン・安子/るい/ひなたを演じるのは誰?テーマ紹介NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は3人のヒロイン・安子/るい/ひなたが登場します。それぞれのヒロインを演じるのは上白石萌音(橘安子)、深津絵里(雉真るい)、川栄李奈(ひなた)です。3人の物語のテーマなども紹介します。...

 

 

NHK朝ドラをスマホ・PCで見る方法

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」「おちょやん」「エール」の見逃し配信を見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。いつでも、どこでも、スマホやPCで朝ドラを見ることができます。詳しくは以下をチェック!

朝ドラの見逃し配信を見る

朝ドラの見逃し配信・再放送を見るなら>>
今すぐ朝ドラを見る