光る君へ PR

「光る君へ」道長の正妻・源倫子は「黒木華」が演じる

「光る君へ」道長の正妻・源倫子は「黒木華」が演じる

2024年1月7日スタートの第63作となるNHK大河ドラマ「光る君へ」

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じるのは「吉高由里子」さんです。そして、大石静さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安時代(10世紀後半)に、千年の時を超える恋愛長編小説「源氏物語」を書き上げた女性・紫式部/まひろ(吉高由里子)の物語。

紫式部/まひろは藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏(光る君)のストーリーを紡いでゆく。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く大河ドラマ。

 

藤原道長(柄本佑)の正妻・源倫子を演じるのは、「黒木華(くろき・はる)」さんです。

 

藤原道長の嫡妻・源倫子(みなもとの・ともこ)とは?

「光る君へ」藤原道長の嫡妻・源倫子(みなもとの・ともこ)とは?

大河ドラマ「光る君へ」のもう一人の主人公・藤原道長(柄本佑)の正妻が、「源倫子(みなもとの・ともこ)」です。

源倫子の史実は、以下の通りです。

964年、左大臣・源雅信の娘として生まれる。「倫子」の読みは「りんし」「みちこ」とも。

987年、母・藤原穆子の強い勧めにより、倫子は藤原道長と結婚、2男4女に恵まれる。

1000年、長女・彰子が一条天皇の中宮になる。後に天皇3代の皇后を倫子の娘が独占、「一家三后」となり、夫・道長とともに全盛期を築く。

1039年で出家、90歳で亡くなる。

 

「光る君へ」では、藤原道長の才能を見込んだ倫子の母・藤原穆子(石野真子)が、夫・源雅信(益岡徹)に、倫子と道長との結婚を認めさせます。

倫子(黒木華)は思い人だった藤原道長(柄本佑)と結婚、最高権力者となる夫の出世を支えていきます。

 

黒木華(くろき・はる)プロフィール


「源倫子」を演じるのは、「黒木華(くろき・はる)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1990年3月14日
出身地 大阪府

野田秀樹が主宰するワークショップに参加、2010年NODA・MAP番外公演で初舞台。主な出演ドラマは「イチケイのカラス」「下剋上球児」、映画は「小さいおうち」「せかいのおきく」など。

NHK朝ドラは「純と愛」「花子とアン」に出演、大河ドラマは「真田丸」「西郷どん」に続く、「光る君へ」が3回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「光る君へ」藤原道長(柄本佑)の正妻・源倫子を演じるのは、「黒木華」さんです。

他にも「光る君へ」のキャスト・登場人物・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧
「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャスト・登場人物・子役、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「光る君へ」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイント」もらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「どうする家康」「鎌倉殿の13人」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/05/16時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。会員登録に「光る君へ」と検索してください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。