光る君へ PR

「光る君へ」ロバート秋山は「藤原実資」を演じる、天皇の側近

「光る君へ」ロバート秋山は「藤原実資」を演じる、天皇の側近

2024年1月7日スタートの第63作となるNHK大河ドラマ「光る君へ」

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じるのは「吉高由里子」さんです。そして、大石静さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安時代(10世紀後半)に、千年の時を超える恋愛長編小説「源氏物語」を書き上げた女性・紫式部/まひろ(吉高由里子)の物語。

紫式部/まひろは藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏(光る君)のストーリーを紡いでゆく。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く大河ドラマ。

 

平安時代中期に最高権力者となる道長(柄本佑)の先輩格で天皇の側近・藤原実資は、「秋山竜次(あきやま・りゅうじ)」さんが演じます。

芸人・秋山竜次さんは、お笑いトリオ「ロバート」のメンバーで、コントに定評があります。脚本家・大石静さんから、大河ドラマ出演のオファーがあったそうです。

 

天皇の側近・藤原実資(ふじわらの・さねすけ)とは?

歴代の天皇の側近が、「藤原実資(ふじわらの・さねすけ)」です。

「光る君へ」の、もう一人の主人公・藤原道長(柄本佑)より先輩格となる人物です。藤原実資の史実は、以下の通りです。

平安時代中期の公卿。957年、藤原斉敏の四男として生まれる。後に祖父であり関白・藤原実頼の養子となり、莫大な家領を受け継ぐ。

朝廷の儀式や習慣に詳しく、当代一の学識人として、歴代の天皇側近として信頼を集める。学問だけでなく、蹴鞠の達人としても知られる。

最高権力者となった藤原道長の時代にも、筋を通した態度を貫き、権力に屈することはなかった。

実資の日記「小右記」は、「藤原道長」政権の詳細な記録となり、歴史研究において非常に貴重な史料となっている。

 

「光る君へ」では、ロバート秋山さんが演じる「藤原実資」は、正義と筋道を重んじるプライドが高い頑固者で、道長にとっては尊敬しつつも煙たい存在となります。

 

芸人「秋山竜次(あきやま・りゅうじ)」プロフィール

 

藤原実資を演じるのは、芸人「秋山竜次(あきやま・りゅうじ)」さんです。

お笑いコンビ「ロバート」として活躍しています。コント番組や「クリエイターズ・ファイル」などで、様々な人物を演じています。

プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1980年8月15日
出身 東京都
趣味 日焼け、アジアンマッサージ、市民プール巡り、温泉
特技 扮装、作曲

吉本興業のNSC東京校・4期生。1998年、山本博、馬場裕之とお笑いトリオ「ロバート」を結成。2001年、テレビ番組「はねるのトびら」でブレイク。

2011年「キングオブコント」で優勝するなど、コントに定評がある。役者としてもドラマ「歌姫」「俺の家の話」などに出演。

 

NHK大河ドラマは、「光る君へ」が初出演になります。

「NHK大河ドラマ・ガイド 光る君へ 前編」の記事によると、脚本家・大石静さんから出演のオファーがあったそうです。

脚本では藤原実資は「真面目な中にユーモアのある人物」として、秋山竜次さんが演じる前提のように書かれていたそうです。

秋山竜次さんを想定して、大石静さんが「当て書き(俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書く)」したのかと思います。

出典:「NHK大河ドラマ・ガイド 光る君へ 前編 P80」

 

まとめ

NHK大河ドラマ「光る君へ」道長の先輩格で天皇の側近・藤原実資は、芸人「秋山竜次」さんが演じます。

他にも「光る君へ」のキャスト・登場人物・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧
「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャスト・登場人物・子役、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「光る君へ」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイント」もらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「どうする家康」「鎌倉殿の13人」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/05/16時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。会員登録に「光る君へ」と検索してください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。