光る君へ PR

「光る君へ」紫式部/まひろは「吉高由里子」が演じる

「光る君へ」紫式部/まひろは「吉高由里子」が演じる

2024年1月7日スタートの第63作となるNHK大河ドラマ「光る君へ」

「光る君へ」の主人公・紫式部を演じるのは「吉高由里子」さんです。そして、大石静さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安時代(10世紀後半)に、千年の時を超える恋愛長編小説「源氏物語」を書き上げた女性・紫式部/まひろ(吉高由里子)の物語。

紫式部/まひろは藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏(光る君)のストーリーを紡いでゆく。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を描く大河ドラマ。

 

平安時代中期に源氏物語を書いた主人公・紫式部の史実、演じる「吉高由里子(よしたか・ゆりこ)」さんのプロフィールを紹介していきます。

 

紫式部とは?「源氏物語」の作者

「光る君へ」紫式部とは?「源氏物語」の作者

下級貴族・藤原為時(岸谷五朗)と、嫡妻・ちやは(国仲涼子)の娘が「紫式部(むらさき・しきぶ)」です。「光る君へ」では、「まひろ」と呼ばれます。

紫式部の史実は、以下の通りです。

「紫式部」の正確な生没年は不明。平安時代中期の歌人で、日本最古の長編小説「源氏物語」の作者。

父は花山天皇の時代に式部丞・六位蔵人に任じられた藤原為時。父・為時のもとで、文学の才を発揮した。

998年、親子ほどの年の差がある山城守・藤原宣孝と結婚。翌年、娘・藤原賢子が生まれる。1006年頃から一条天皇の皇后で道長の娘・彰子のもとに出仕、「紫式部」と呼ばれるようになる。

1010年(寛弘7年)頃、「源氏物語」を完成させた。後に宮中の生活を書いた「紫式部日記」を残す。「百人一首」の和歌が選ばれる歌人としても有名。

 

「光る君へ」で学問をつかさどる父・藤原為時(岸谷五朗)のもとで、並外れた文学の才を発揮します。

幼少期に出会った藤原道長(柄本佑)とは、一生涯のソウルメイトに。そして道長の兄・藤原道兼(玉置玲央)との間には、幼少期にある因縁が・・・

また、「紫式部」の本名は不明です。「紫式部」と呼ばれる由来、ドラマで「まひろ」という名前が付いている理由は、以下で紹介しています。

「光る君へ」紫式部の名前の由来は?「まひろ」は大河オリジナル
「光る君へ」紫式部の名前の由来は?「まひろ」は大河オリジナルNHK大河ドラマ「光る君へ」紫式部の名前の由来、大河ドラマで「まひろ」と呼ばれる理由などを紹介していきます。...

 

吉高由里子(よしたか・ゆりこ)プロフィール

紫式部(まひろ)を演じるのは、「吉高由里子(よしたか・ゆりこ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1988年7月22日
出身 東京都

2006年「紀子の食卓」で映画初出演。2008年、映画「蛇にピアス」で日本アカデミー賞、新人俳優賞を受賞。2014年朝ドラ「花子とアン」でヒロインを演じ、同年「NHK紅白歌合戦」では司会を務める。主な出演ドラマは「美丘-君がいた日々-」「東京タラレバ娘」「星降る夜に」など。

NHK大河ドラマは「篤姫」に続く、「光る君へ」が2回目の出演になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「光る君へ」主人公・紫式部(まひろ)は、「吉高由里子(よしたか・ゆりこ)」さんが演じます。

他にも「光る君へ」のキャスト・登場人物・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧
「光る君へ」キャスト・登場人物、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャスト・登場人物・子役、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「光る君へ」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由で契約すれば、「31日間無料トライアル」「初月1,000ポイント」もらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「どうする家康」「鎌倉殿の13人」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/01/15時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。会員登録に「光る君へ」と検索してください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。