ブギウギ PR

ブギウギ「アイレ可愛や」とは?南方歌謡を服部良一が作曲

ブギウギ「アイレ可愛や」とは?南方歌謡を服部良一が作曲

2023年10月2日放送スタート、第109作となるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」

ヒロイン・福来スズ子(花田鈴子)は、「趣里(しゅり)」さんが演じます。「ブギウギ」のあらすじは、以下の通りです。

大正の終わり、大阪・下町の小さな銭湯の看板娘・花田鈴子は、歌って踊るのが大好きな天真爛漫な女の子。鈴子は「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団。生まれ故郷・香川への思い、大阪の華やかなステージ、そして夢を追いかけ東京へ・・・“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていくヒロインの物語。

 

戦時中、スズ子は自らの楽団「福来スズ子とその楽団」を結成して、「敵性歌手」として当局(警察など)に睨まれながらも歌い続けます。

ジャズが歌えないスズ子のために、羽鳥善一(草彅剛)が戦時中でも歌える南方歌謡「アイレ可愛や」を作曲します。

南方歌謡とは何なのか?スズ子のモデル「笠置シヅ子」さんが戦時中、実際に歌った「アイレ可愛や」の史実などを紹介します。

 

南方歌謡「アイレ可愛や」とは?戦時中に南方歌謡を服部良一が作曲

まずは「YouTube」などで、スズ子のモデル「笠置シヅ子」さんが歌う「アイレ可愛や」を聞いてください。

「アイレ可愛や」は「ラッパと娘」のようなリズミカルな曲ではなく、メロディアスな南方歌謡です。

 

服部良一「アイレ可愛や」作曲の経緯

1937年(昭和12年)に始まった日中戦争の影響、そして1941(昭和16年)年に始まったアメリカとの「太平洋戦争」により、ジャズは「敵性音楽」として歌うことを禁止されます。

「笠置シヅ子」さんが戦時中に制限されたパフォーマンスは、以下でまとめています。

「ブギウギ」敵性歌手・音楽とは?戦時中はジャズ、付けまつ毛、パフォーマンス禁止
「ブギウギ」敵性歌手・音楽とは?戦時中はジャズ、付けまつ毛、パフォーマンス禁止NHK朝ドラ「ブギウギ」スズ子のモデル「笠置シヅ子」さんは戦時中、当局から「敵性歌手」として睨まれる存在となります。「ブギウギ」でもスズ子は、戦時中にパフォーマンスが制限されていくエピソードが描かれます。...

 

「笠置シヅ子」さんが所属していた「松竹楽劇団(SGD)」解散後、自分が歌うために「笠置シヅ子とその楽団」を結成します。

すでに「敵性歌手」として当局から睨まれていた「笠置シヅ子とその楽団」は、「ラッパと娘」「センチメンタル・ダイナ」など、ジャズのレパートリーが歌えませんでした。

「笠置シヅ子とその楽団」の実質的なプロデューサーだった服部良一さんは、「笠置シヅ子」さんのために、戦時中でも歌える南方歌謡「アイレ可愛や」を作曲します。(作詞・藤浦洸詞)

 

南方歌謡とは?

1937年(昭和12年)に始まった日中戦争で、海軍は「南進政策」を打ち出し、軍事資源を南方進出により確保することを目指しました。

南方歌謡とは、「南進政策」の機運を高めるために使われたプロパガンダツールでもありました。「南方歌謡」はエキゾチックなメロディと、植民地支配の視線が入った歌詞が特徴的です。

1940年(昭和15年)頃から南方歌謡は急増、「アイレ可愛や」もその中の一つです。

 

「アイレ」とは南洋の村娘の名前

「アイレ可愛や」の作曲・編曲は服部良一さん、作詞は藤浦洸さんが担当しています。「アイレ可愛や」の歌詞に出てくる「アイレ」とは、南洋の「村娘」の名前です。

また、以下の書籍によると、この曲の味わいは服部良一の編曲によるオリエンタル・ダンスのリズムにあるそうです。

参考文献:「笠置シヅ子ブギウギ伝説」

 

ジャズを封印された「笠置シヅ子」さんは、戦時中のステージで「アイレ可愛や」のほか、軍歌「真珠湾攻撃」と、戦死した弟のため服部良一さんが作詞・作曲した「大空の弟」を歌ったそうです。

「笠置シヅ子」さんが、戦地で亡くなった愛弟・八郎ために歌った幻の軍歌「大空の弟」については以下でまとめています。

「ブギウギ」弟・六郎の赤紙(出征)と「大空の弟」、幻の軍歌を劇中で披露
「ブギウギ」弟・六郎の赤紙(出征)と「大空の弟」、幻の軍歌を劇中で披露NHK朝ドラ「ブギウギ」スズ子の弟・六郎に赤紙(召集令状)が届きます。笠置シヅ子さんの弟・亀井八郎さんの出征を史実から解説、弟のために服部良一さんが作詞・作曲した軍歌「大空の弟」を紹介します。...

 

※朝ドラ「ブギウギ」はモデルの実話をエピソードにしている場合もありますが、フィクションとして制作されたオリジナル作品です。

 

羽鳥善一は戦時中でも歌える「アイレ可愛や」を作曲

「ブギウギ」羽鳥善一は戦時中でも歌える「アイレ可愛や」を作曲

「ブギウギ」ではスズ子(趣里)のために、羽鳥善一(草彅剛)が戦時中でも歌える「アイレ可愛や」を作曲します。

NHK番組表に、以下の「ブギウギ」のあらすじがあります。

第11週「ワテより十も下や」【第51話】あらすじ

昭和18年、アメリカとの戦争に終わりが見えない中、「福来スズ子とその楽団」は地方巡業を重ねていた。スズ子(趣里)は、羽鳥善一(草彅剛)から作曲してもらった「アイレ可愛や」を歌い、相変わらず人気を博していた。そんなある日、巡業で訪れていた愛知の劇場で、歌い終わったスズ子たちの楽屋に、スズ子の大ファンだという一人の学生(水上恒司)が興行主に連れられてやってくる。

出典:NHK番組表

 

【第51話】(2023/12/11)、愛知の地方巡業のステージで、スズ子は「アイレ可愛や」を披露します。

また、福来スズ子(趣里)がドラマで歌った、劇中歌を収録したアルバム「福来スズ子 傑作集」が発売中です。「アイレ可愛や」も収録されています。

 

まとめ

NHK朝ドラ「ブギウギ」ジャズが歌えないスズ子のために、羽鳥善一(草彅剛)が戦時中でも歌える南方歌謡「アイレ可愛や」を作曲します。

また、「アイレ可愛や」以外に、スズ子(趣里)がドラマ内で歌う曲、歌唱シーンについては以下でまとめています。

「ブギウギ」スズ子が歌う曲・劇中歌、レビュー演目・歌唱シーンまとめ
「ブギウギ」スズ子が歌う曲・劇中歌、レビュー演目・歌唱シーンまとめNHK朝ドラ「ブギウギ」は、ヒロイン・福来スズ子の歌唱シーンも多いです。ドラマ内で登場した曲・歌謡曲・童謡などをまとめました。...

 

そして、福来スズ子(趣里)がドラマで歌った、劇中歌を収録したアルバム「福来スズ子 傑作集」が発売中です。

 

スズ子のモデル「笠置シヅ子」さんが歌う「アイレ可愛や」は、以下のアルバムに収録されいています。

朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「ブギウギ」から過去作「らんまん」「舞いあがれ!」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/01/15時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。