ブギウギ PR

「ブギウギ」菊地凛子は「茨田りつ子」を演じる、モデルは「淡谷のり子」

「ブギウギ」菊地凛子は「茨田りつ子」を演じる、モデルは「淡谷のり子」

2023年10月2日放送スタートの、第109作となるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」

ヒロイン・福来スズ子(花田鈴子)は、「趣里(しゅり)」さんが演じます。「ブギウギ」のあらすじは、以下の通りです。

大正の終わり、大阪・下町の小さな銭湯の看板娘・花田鈴子は、歌って踊るのが大好きな天真爛漫な女の子。鈴子は「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団。生まれ故郷・香川への思い、大阪の華やかなステージ、そして夢を追いかけ東京へ・・・“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていくヒロインの物語。

 

福来スズ子にとって良きライバルとなる人気歌手・茨田りつ子を演じるのは、「菊地凛子(きくち・りんこ)」さんです。

また、茨田りつ子(菊地凛子)がドラマで歌った劇中歌「別れのブルース」「雨のブルース」が収録されたCDは、2024年1月24日発売です。

 

茨田りつ子(いばらだ・りつこ)の役どころは?生涯のライバル

「ブギウギ」茨田りつ子(いばらだ・りつこ)の役どころは?生涯のライバル

スズ子(趣里)の良きライバルとなる、人気歌手が「茨田りつ子(いばらだ・りつこ)」です。

茨田りつ子の役どころは、以下の通りです。

スズ子は、茨田りつ子が歌う魂のこもった「別れのブルース」をラジオで聞いて、感銘を受ける。やがて出会った二人は、生涯の良きライバルとなり、時に競い合い、時に支え合いながら芸能の世界を生きていく。

「茨田りつ子」の実在モデルは、”ブルースの女王”と呼ばれた「淡谷のり子」さんです。

 

茨田りつ子のモデルはブルースの女王「淡谷のり子」

菊地凛子さんが演じる「茨田りつ子」の実在モデルは、「淡谷のり子(あわや・のりこ)」さんです。

「淡谷のり子」さんの史実、略歴は以下の通りです。

1907年(明治40年)青森県に生まれる。東洋音楽学校ピアノ科に入学、後にオペラ歌手を目指して声楽科に編入、1929年(昭和4年)に首席で卒業。

1930年(昭和5年)ポリドールから「久慈浜音頭」で、レコードデビュー。1935年(昭和10年)にシャンソン曲「ドンニャ・マリキータ」がヒット、シャンソン歌手としての地位を確立。

1937年(昭和12年)、服部良一作曲の「別れのブルース」が大ヒット。翌13年には同じく服部良一作曲の「雨のブルース」もヒットし、“ブルースの女王”と呼ばれる。

戦争賛美の軍歌などは決して歌わず、戦時中は「化粧やドレスは贅沢品」とされても「私のドレスは戦闘服だ」と一歩も引かなかった。

戦後は、ブギの女王・笠置シヅ子、美空ひばりの相談相手になったとされる。平成11年9月22日、92歳で永眠。

声楽出身のブルースの女王・淡谷のり子さんと、歌劇出身のブギの女王・笠置シヅ子さんは、良きライバルになります。

また、私の中の「淡谷のり子」さんは、「ものまね王座決定戦」の審査員として、清水アキラさんのモノマネに毒舌で低評価をしていた記憶です。(アラフィフの方にはわかるかと思います。)

「ブギウギ」では作曲家・服部良一さんは、「羽鳥善一」として登場します。「羽鳥善一」を演じるのは「草彅剛」さんです。

「ブギウギ」草彅剛は「羽鳥善一」を演じる、モデルは作曲家「服部良一」
「ブギウギ」草彅剛は「羽鳥善一」を演じる、モデルは作曲家「服部良一」NHK朝ドラ「ブギウギ」作曲家・羽鳥善一(はとりぜんいち)を演じるのは、「草彅剛(くさなぎつよし)」さんです。実在モデルは作曲家「服部良一」さんです。羽鳥善一の役どころ、演じる「草彅剛」さんのプロフィールを紹介します。...

※朝ドラ「ブギウギ」はモデルの実話をエピソードにしている場合もありますが、フィクションとして制作されたオリジナル作品です。

 

菊地凛子プロフィール、「鎌倉殿の13人」北条義時の妻役

 

この投稿をInstagramで見る

 

rinkokikuchi(@rinkokikuchi)がシェアした投稿

ブルースの女王・茨田りつ子を演じるのは、「菊地凛子(きくち・りんこ)」さんです。菊地凛子さんの旦那さんは、同じ俳優の「染谷将太」さんです。

菊地凛子さんのプロフィールは、以下の通りです。

生年月日 1981年1月6日
出身 神奈川県

1999年、新藤兼人監督映画「生きたい」で女優デビュー。2006年、カンヌ映画祭に出品されたアメリカ映画「バベル」の出演で注目を集める。主な出演映画は「ノルウェイの森」「パシフィック・リム」「トレジャーハンター・クミコ」など。

朝ドラは「ちゅらさん」に続く、「ブギウギ」が2回目の出演になります。

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、北条義時(小栗旬)の3番目の妻・のえを好演しています。のえは夫・義時を毒殺しようとする凄みのある役でした。

「鎌倉殿の13人」義時(小栗旬)3人目の妻/のえは「菊地凛子」が演じる
「鎌倉殿の13人」義時(小栗旬)3人目の妻/のえは「菊地凛子」が演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」北条義時(小栗旬)の3番目の後妻・のえ(伊賀の方)を演じるのは、「菊地凛子(きくちりんこ)」さんです。「のえ」の役どころ、菊地凛子さんのプロフィールを紹介します。...

 

まとめ

NHK朝ドラ「ブギウギ」ブルースの女王「茨田りつ子」を演じるのは、「菊地凛子」さんです。茨田りつ子の実在モデルは「淡谷のり子」さんです。

茨田りつ子(菊地凛子)がドラマで歌った劇中歌「別れのブルース」「雨のブルース」が収録されたCDは、2024年1月24日発売です。

 

他にも「ブギウギ」の登場人物・キャスト一覧は、以下をチェックしてください。

「ブギウギ」キャスト一覧、登場人物の【相関図】、スタッフまとめ
「ブギウギ」キャスト一覧、登場人物の【相関図】、スタッフまとめNHK朝ドラ「ブギウギ」に出演するキャスト、登場人物、スタッフを一覧にして紹介します。...
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法
朝ドラ【再放送/見逃し】動画を見る方法

無料の「NHKプラス」なら、放送後1週間分の朝ドラが視聴可能です。ただし、過去1週間以上前の朝ドラを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。「虎に翼」から過去作「ブギウギ」「らんまん」「カムカムエヴリバディ」「おしん」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2024/05/16時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「U-NEXT」をオススメしている理由、注意点などは以下で解説しています。