鎌倉殿の13人

「鎌倉殿の13人」義時(小栗旬)3人目の妻/のえは「菊地凛子」が演じる

「鎌倉殿の13人」義時(小栗旬)3人目の妻/のえは「菊地凛子」が演じる

2022年1月9日(日)スタートの第61作となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時を演じるのは「小栗旬」さんです。そして、三谷幸喜さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

平安末期から鎌倉初期が舞台。源平合戦の勝利で源頼朝が鎌倉幕府を樹立。源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した、有力御家人の一人となる北条義時の物語。

 

北条義時(小栗旬)は、初恋だった最初の妻・八重(新垣結衣)を亡くします。その後、義時は正妻となる比奈(堀田真由)を迎えることになります。

義時(小栗旬)の3人目の妻となるのが、「のえ(伊賀の方)」です。「のえ」を演じるのは「菊地凛子(きくちりんこ)」さんです。

 

義時3人の妻、「比企能員の変」により比奈とは離縁

北条義時(小栗旬)の妻になるのは、以下の3人です。

  1. 八重(新垣結衣)⇒川に流され死亡
  2. 比奈(堀田真由)⇒「比企能員の変」により離縁
  3. のえ(菊地凛子)

 

最初の妻・八重は、孤児として預かっていた「鶴丸」を助けようとした時、川に流され亡くなってしまいます。

その後、比企能員(佐藤二朗)の姪でもある比奈(堀田真由)を妻とします。

「鎌倉殿の13人」義時の正妻・比奈(姫の前)は「堀田真由」が演じる、比企能員の姪
「鎌倉殿の13人」義時の正妻・比奈(姫の前)は「堀田真由」が演じる、比企能員の姪NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」北条義時(小栗旬)の正妻・比奈(姫の前)を演じるのは、「堀田真由(ほったまゆ)」さんです。比企能員(佐藤二朗)の姪でもある比奈の役どころ、堀田真由さんのプロフィールを紹介します。...

 

源頼朝の死後は北条家と比企家が対立、「比企能員の変」により比企一族は滅亡します。その後、比企一族の出身だった比奈は、義時と離縁することになります。

義時が3人目の妻として迎えるのが「のえ(菊地凛子)」です。

 

北条義時3番目の後妻・のえ(伊賀の方)の役どころ


菊地凛子さんが演じるのは、北条義時(小栗旬)の3番目の継室・のえです。歴史的には「伊賀の方」と呼ばれます。

関東の豪族・伊賀朝光の娘。2代執権北条義時の後妻となる。義時との間に、7代執権・北条政村などの子供をもうける。

 

北条義時が鎌倉幕府2代執権として、執権政治を確立する時代を、妻として見届けるのが「のえ」になります。

 

菊地凛子(きくちりんこ)プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

rinkokikuchi(@rinkokikuchi)がシェアした投稿


北条義時の3番目の妻・のえを演じるのは「菊地凛子(きくちりんこ)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日1981年1月6日
出身神奈川県

2006年、カンヌ映画祭に出品された映画「BABEL」への出演で注目を集める。主な出演映画は「ノルウェイの森」「パシフィック・リム」「トレジャーハンター・クミコ」など。

 

菊地凛子さんの旦那さんは、同じ俳優の「染谷将太」さんです。

TVドラマに出演することも少ないですが、菊地凛子さんがNHK大河ドラマに出演するのは「鎌倉殿の13人」が初になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」北条義時(小栗旬)の3番目の後妻・のえ(伊賀の方)を演じるのは、「菊地凛子」さんです。

大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「鎌倉殿の13人」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。