どうする家康 PR

「どうする家康」稲姫(小松姫)は「鳴海唯」が演じる、本多忠勝の娘

「どうする家康」稲姫(小松姫)は「鳴海唯」が演じる、本多忠勝の娘

2023年スタートの第62作となるNHK大河ドラマ「どうする家康」

「どうする家康」の主人公・徳川家康を演じるのは「松本潤」さんです。そして、古沢良太さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(徳川家康)は、駿河の大国・今川家の人質として暮らしていた。

1560年(永禄3年)今川義元は、織田領である尾張へ進撃するが、桶狭間で義元が討たれた知らせが届けられる。岡崎城主となり、三河を平定する未熟な家康に次々と訪れる試練!?そして天下統一まで、家康どうするのか?家康の決断を描いていく大河ドラマ。

 

本多忠勝(山田裕貴)の娘・稲(いな)を演じるのは、「鳴海唯(なるみゆい)」さんです。

 

稲(小松姫)は秀吉の命令で真田信之(信幸)と結婚、史実は?

「どうする家康」稲(小松姫)は秀吉の命令で真田信之(信幸)と結婚、史実とは?

徳川家康の側近、本多忠勝(山田裕貴)の娘が「稲姫(いなひめ)」です。歴史的には「小松姫(こまつひめ)」と記述されます。

稲姫の史実は、以下の通りです。

徳川四天王の本多忠勝の娘、幼名は於子亥(おねい)。

天正15年(1587年)、秀吉の命令で真田昌幸が徳川家康の配下となるため、小松姫と昌幸の長男・真田信之(信幸)との婚姻が成立。小松姫は信之の正室として、信政、信重、まん(高力忠房室)、まさ(佐久間勝宗室)などを生んだ。

徳川家康や2代将軍・秀忠に対して直に意見した程で、勇気があり才色兼備の女性だったとと伝えられる

 

「どうする家康」では、町民に配るはずのまんじゅうを勝手に食べたり、生け花に苦戦するなど、本多忠勝譲りの豪快で、おてんばな娘・稲姫を「鳴海唯」さんが演じます。

また、父・本多忠勝を演じるのは、「山田裕貴」さんです。

「どうする家康」本多忠勝は「山田裕貴」が演じる、徳川四天王で槍の使い手
「どうする家康」本多忠勝は「山田裕貴」が演じる、徳川四天王で槍の使い手NHK大河ドラマ「どうする家康」徳川家康(松本潤)に仕える武将・本多忠勝(ほんだただかつ)を演じるのは「山田裕貴(やまだゆうき)」さんです。本多忠勝の史実、演じる山田裕貴さんのプロフィールを紹介します。...

 

鳴海唯(なるみゆい)プロフィール

本多忠勝の娘・稲姫を演じるのは、「鳴海唯(なるみゆい)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1998年5月16日
出身 兵庫県西宮市
趣味・特技 運動全般
好きなもの 洋服、水族館、駄菓子、お笑い

2018年、映画「P子の空」女優として活動スタート。朝ドラ「なつぞら」で柴田明美役を演じる。主な出演ドラマは「マイラブ・マイベイカー」、映画「偽りのないhappy end」など。

 

鳴海唯さんは、朝ドラは「なつぞら」に出演しており、同じく「なつぞら」に出演していた「山田裕貴(稲姫の父・本多忠勝)」さんと共演していました。

鳴海唯さんの大河ドラマ出演は、「どうする家康」が初出演になります。また、2023年8月17日には、記念すべき1st写真集を発売しています。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「どうする家康」本多忠勝の娘・稲姫を演じるのは、「鳴海唯」さんです。

他にも「どうする家康」のキャスト・登場武将・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧
「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演しているキャスト・役者/子役/登場武将・家臣団、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「どうする家康」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら「31日間無料トライアル」、初月1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

※「U-NEXT」は2023/10/14時点の情報です。最新情報は「U-NEXT」公式サイトで、ご確認ください。

「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。