どうする家康

「どうする家康」本多忠勝は「山田裕貴」が演じる、徳川四天王で槍の使い手

「どうする家康」本多忠勝は「山田裕貴」が演じる、徳川四天王で槍の使い手

2023年スタートの第62作となるNHK大河ドラマ「どうする家康」

「どうする家康」の主人公・徳川家康を演じるのは「松本潤」さんです。そして、古沢良太さんが脚本を担当、あらすじは以下の通りです。

三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(徳川家康)は、駿河の大国・今川家の人質として暮らしていた。

1560年(永禄3年)今川義元は、織田領である尾張へ進撃するが、桶狭間で義元が討たれた知らせが届けられる。元康(家康)は織田軍に包囲される中、駿河に戻るか?故郷の三河へ進むか?それとも籠城か?家康の決断を描いていく大河ドラマ。

 

徳川家康に仕える武将・本多忠勝を演じるのは「山田裕貴(やまだゆうき)」さんです。

 

本多忠勝はどんな武将?天下の名槍「蜻蛉切」の使い手


徳川家康(松本潤)の家臣で徳川四天王の一人が、本多忠勝(ほんだただかつ)です。呼び名は「平八郎」です。

徳川家康氏の家臣で、徳川四天王の一人。幼い頃から徳川家康に仕え、1560年(永禄3年)13歳で「桶狭間の戦い」の前哨戦、大高城兵糧入れで初陣を果たす。以後、家康の家臣として多くの武功を立て、猛将と呼ばれる。

 

「どうする家康」では山田裕貴さんが、男気があり義を重んじる槍の使い手・本多忠勝を演じます。

本多忠勝は天下の名槍「蜻蛉切(とんぼきり)」の使い手です。山田裕貴さんは槍の練習をしていることをインタビューで語っているので、槍を使った合戦シーンも見どころです。

 

山田裕貴(やまだゆうき)プロフィール

 

本多忠勝を演じるのは「山田裕貴(やまだゆうき)」さんです。プロフィールは以下の通りです。

生年月日 1990年9月18日
出身 愛知県

2011年「海賊戦隊ゴーカイジャー」ゴーカイブルー、ジョー・ギブケン役にて俳優デビュー。主な出演作は、映画「東京リベンジャーズ」「余命10年」、TVドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」「志村けんとドリフの大爆笑物語」など。

 

NHKでは朝ドラ「ちむどんどん」で、ヒロイン比嘉暢子の姉・良子(川口春奈)の夫・石川博夫を演じてたのが記憶に新しいところです。

「ちむどんどん」良子の教員友達/石川博夫を演じる「山田裕貴」
「ちむどんどん」良子の教員友達/石川博夫を演じる「山田裕貴」NHK朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン暢子の姉・良子(川口春奈)の友達で教員・石川博夫(いしかわひろお)を演じるのは「山田裕貴(やまだゆうき)」さんです。優柔不断で生真面目な教員・石川博夫の役どころ、山田裕貴さんのプロフィールを紹介します。...

 

NHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」に続く、「どうする家康」が2作目になります。

 

まとめ

NHK大河ドラマ「どうする家康」徳川家康(松本潤)に仕える武将・本多忠勝を演じるのは「山田裕貴」さんです。

「どうする家康」では山田裕貴さんが、男気があり義を重んじる槍の使い手・本多忠勝を演じます。

他にも「どうする家康」のキャスト・登場武将・スタッフ一覧は、以下をチェックしてください。

大河ドラマ「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧
大河ドラマ「どうする家康」キャスト/子役/武将・家臣団、スタッフ一覧NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演しているキャスト・役者/子役/登場武将・家臣団、制作しているスタッフをまとめました。...
大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法
NHK大河ドラマ【再放送/見逃し】動画を見る方法

「NHKプラス」は放送後1週間分の、「どうする家康」の見逃し視聴が可能です。ただし、過去1週間以上前の大河ドラマを見るためには、有料の「NHKオンデマンド」の契約が必要です。

動画配信サービス「U-NEXT」経由なら初月無料で1,000ポイントもらえるので、ポイント利用で「NHKオンデマンド」のお試し視聴が可能です。過去作「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」なども見放題です。

\ お試し視聴可能 /

 

※「NHKオンデマンド」の契約を「U-NEXT」経由でオススメする理由、注意点は以下で解説しています。